傷んだスレート(コロニアル・カラーベスト)、セメント瓦を蘇らせるべスコロフィラー

特徴1

シーラレスフィラー

シーラーレスフィラー

下地調整と下塗が一度にできます

特徴2

厚膜を形成

厚膜を形成

目止め効果が高く、肉痩せしたスレートを甦らせます

特徴3

優れた光沢

優れた光沢

上塗り時後、良質な艶を形成します

べスコロフィラーの飾り画像

傷んだ屋根材を塗装出来る状態にまで甦らせる

下塗りに普通のシーラーを使った場合

下塗りに普通のシーラーを使った場合の屋根の状態(塗りたてはぴかぴか)

2016年

本来であればカバー工法か葺き替えを行った方が 良い屋根だが、予算の関係で屋根塗装を実施

3年後

下塗りに普通のシーラーを使った場合の屋根の状態(3年後はボロボロ)

2019年

塗装が剥がれてしまい、屋根リフォームが必要な状態に・・・屋根塗装の意味はあったのだろうか?

たった3年で屋根リフォームが必要な状態に・・・

お客様は屋根塗装を希望しているが、塗装したところで果たしていつまで持つのだろうか…、そのようなスレート(コロニアル・カラーベスト)屋根に出会うことがあります。おそらくここ十数年はお手入れをされてこなかった屋根です。屋根塗装したとしても耐用年数が数年しか期待できないのであれば、お客様のためになりません。長期のコストを考えた上で最善のご提案をするなら屋根カバー工法か屋根葺き替えになるのですが、それだとお客様が考えていた屋根塗装のご予算と大きくかけはなれたものになってしまいます。

下塗りにベスコロフィラーを使った場合

下塗りにべスコロフィラーを使ったの屋根の状態(塗りたてはぴかぴか)

2016年

本来であればカバー工法か葺き替えを行った方が 良い屋根だが、予算の関係で屋根塗装を実施

10年後

2026年

塗装後10年は屋根リフォームの必要はなし! 今まで塗れなかったスレート材にも塗装できる!

10年間、屋根リフォームの必要はありません!

そんなスレート屋根を甦らせる下塗り材が登場しました。それがスズカファインのベスコロフィラーです。目止め効果が高く、形成される厚膜によって肉痩せしたスレート材を再生させます。

べスコロフィラーの飾り画像

屋根の健康状態について

健康な状態の屋根材

健康な状態の屋根材

新品の時はスレート表面の化粧(塗膜)がしっかりしており、充分に厚みがあるので、水切れも良く、苔や藻も生えにくい。経年と紫外線、風雨によって徐々に塗膜は傷み、薄くなっていくので定期的に屋根塗装が必要となる。

肉やせした状態の屋根材

肉やせした状態の屋根材

風化によって建材の表面が分解されてしまい、元より痩せて見えるようになること。屋根材であるスレートは表面に化粧(塗装)が施されており、それが経年によって徐々に薄くなり、最終的にはその塗膜が剥がれた状態になってしまう。新品の時の表面はスベスベだが、肉痩せした状態ではザラザラである。

目止めとは?

フィラーを塗布

フィラー塗布の図

塗装前の下地処理の一つ。表面の細かい穴や凸凹に薬剤などを塗りこみ、滑らかにすること。この処理を行わないと塗料が密着しないこともある。

べスコロフィラーの飾り画像

フィラーとシーラー、2つの機能を持った最適な下塗り材ベスコロフィラー

通常塗装の施行工程

01

劣化した状態

劣化した状態の屋根

表面がザラザラしている状態

矢印

02

フィラーを塗布

フィラーを塗布

表面の隙間や凸凹をフィラーで埋める

矢印

03

シーラーを塗布

シーラーを塗布

シーラーを塗布して塗料の密着性を高める

矢印

04

中塗り・上塗り

中塗り・上塗り

塗膜を形成して屋根材を雨水から守る

矢印

05

完成

完成

輝きを取り戻して健康な状態に

ポイント

フィラーとは英語の「filler」、『満たすもの、詰めるもの』から来ており、表面の細かい穴や凸凹を埋め、平滑にします。シを密着させる役割がありーラーは「sealer」、『封、密封』から来ており、仕上げ用塗料ます。

通常塗装の施行工程

01

劣化した状態

劣化した状態

表面がザラザラしている状態

矢印

02

下塗り

下塗り

べスコロフィラーなら下塗りの工程をまとめて行えるので工期が短縮できる

矢印

03

中塗り・上塗り

中塗り・上塗り

塗膜を形成して雨水などから守る

矢印

04

完成

完成

輝きを取り戻し健康な状態に

ポイント

ベスコロフィラーはシーラーレスフィラー、シーラーがいらないフィラーです。両方の役割を持っていますので表面の細かい穴や凸凹を埋め、平滑にする下地調整、仕上げ用塗料を密着させる下塗が一度にできます。傷んだ表面をしっかりと保護本来、別々に行っていた工程を一つにまとめることができるので、工期を短縮できるのです。材料費、人件費、そして資源も節約できるので財布にも環境にも優しいのです。

ベスコロフィラーの飾り画像

フィラーとシーラー、2つの機能を持った最適な下塗り材ベスコロフィラー

べスコロフィラーのサンプル

べスコロフィラーのサンプル

通常塗料のサンプル

通常塗料のサンプル

艶ありが好きな人、艶なしが好きな人、人によって好みは分かれますが機能面に関して言えば艶ありの方が優れています。艶ありは表面がスベスベですので、やはり汚れも落ちやすいのです(艶なしでも汚れにくい塗料は存在します)。また、艶有りの方が光をよく反射します。屋根材を劣化させる原因となる紫外線の反射率も高いので、耐用年数も長くなる傾向にあります。ベスコロフィラーの上に仕上げの塗料を重ね塗りすると驚くほどの艶になります。

べスコロフィラーの飾り画像

高性能でもお値段は一般的な下塗り材とほぼ一緒

屋根塗装プラン

60㎡まで

弱溶剤塗料で塗装

ベスコロフィラー下塗り

わたしたちにおまかせください!

厚膜で傷んだ表面をしっかりと保護するベスコロフィラー、高性能な下塗り材です。一般的に性能と価格は比例しますが、ベスコロフィラーのお値段は一般的な下塗り材とほとんど変わりません。これもお勧めする理由です。

168,000円(税込)

※足場代は含みません

多くのお客様に選ばれています
ベスコロフィラーで塗り替えた施工事例一の飾りイメージ
ベスコロフィラーで塗り替えた施工事例一覧
ベスコロフィラーで塗り替えた施工事例一の飾りイメージ

その他の施工事例一覧

ベスコロフィラーで塗り替えたブログ一覧の飾りイメージ
ベスコロフィラーで塗り替えたブログ一覧
ベスコロフィラーで塗り替えたブログ一覧の飾りイメージ

野田市,屋根塗装,ベスコロフィラーHG

野田市でベスコロフィラーHGを下塗りに屋根塗装を行いました

今回のブログは屋根塗装の際に使われる下地材、スズカファインのベスコロフィラーHGについて紹介したいと思います。 ベスコロフィラーHGは新生瓦・セメント瓦用のカチオン系合成樹脂エマルション下地調整塗材です。 取り扱いが簡単な1液水性タイプです。 主に水性ベスコロ、1液ワイドシリコン、...続きを読む

横浜市神奈川区で屋根塗装の下塗りをベスコロフィラーHGで

先日高圧洗浄をおこなって縁切りのタスペーサーを入れた、横浜市神奈川区の現場で。高圧洗浄のあとは塗装を開始していくのですが、塗装は下塗り・中塗り・上塗りの3回塗装して仕上げていきます。3回塗らないと塗装が本領を発揮してくれません。 スレートの下塗りに最適な塗料をご紹介します。スズカファ...続きを読む

20150719大黒様邸現調_6600

横浜市神奈川区のスレート屋根にベスコロフィラーがお薦め

やっと関東地方も梅雨明け宣言しましたね。今年の梅雨は、最近では珍しい位に雨が多かったので、晴れの天気が嬉しいです。さて、横浜市神奈川区のお客様です。屋根の塗装をご検討中という事で、塗装工事が良いのか他に何か工事をしなければならないのか見て欲しいとの事でした。早速屋根の状態を見てみましょう。 ...続きを読む

0620 (19)

傷んだスレートにはベスコロフィラー|横浜市保土ヶ谷区

横浜市保土ケ谷区で着工中の現場です。 屋根と外壁の塗装を行うのですが、今日は屋根のスレートの塗装の様子をお伝えします。 年数が経つとスレートの表面が劣化してきて、塗膜が剥がれてザラザラになってしまいます。そうなると、通常の塗装を行っても、新築時の艶が戻らずに塗料も本来の耐久性を...続きを読む

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の動画一覧
目指せ!新設No.1
求人情報

塗料の種類と特徴

傷付き、肉痩せしたスレートをよみがえらせます