外壁塗装の彩りコラム

梅雨時期の無料点検QUOカードプレゼントキャンペーン

シーリングの補修は外壁塗装より優先順位度が高いかも

貴方のお住まいの外壁は何でしょうか? 窯業系サイディングやALCだったら、シーリング(コーキング)の補修が必要な時が必ずやってきます。足場の仮設費用を節約するためにも外壁塗装と同時に行うことが理想ですが、そうは言ってられない可能性もあります。モノによってはシーリング材の方が圧倒的に早く劣化することもあり、しかも外壁の劣化よりも建物に対する悪影響が多いのです。

 

シーリングの補修 プライマー塗布 シーリングの補修 シーリングの充填

外壁が普通に劣化していくなら、まず色褪せがおきます。色褪せは塗り替えの目安となりますが、急いで外壁塗装しなくてもお住まいにそれほどの悪影響を与えることはありません。次の段階に劣化が進むと、チョーキング(白亜化)が発生します。塗膜が紫外線によって分解されて表面から粉体化していく現象です。さすがにここまでいくと本気で外壁塗装を考えた方がよいのですが、検討する時間はかなり残されています。通常、塗装は下塗り・中塗り・上塗りと何層にも渡って塗られていますし、一気に粉体化が進むわけではありません。雨に降られても他の部分が健全なら雨水が内部へと浸入してくることはないのです。

 

細かい亀裂の入ったシーリング シーリング材が崩れ落ちている

ところがシーリング材は違います。可塑剤が表面に浮き出てくるブリード現象が起こり始めたら、劣化が一気に加速します。可塑剤はベタベタしているので、表面に浮き出てくると汚れが付着します。これだけならいいのですが可塑剤が浮き出てきた分、シーリング本体は痩せたり、縮んだりします。痩せたり、縮んだりするとひびや亀裂が入ったり、裂けたり、サイディングから剥がれて隙間ができてしまったりして、雨水の浸入する可能性を大きくしていくのです。雨水がサイディングに浸透すれば、劣化の原因になります。サイディングの下に染みてくればやがて雨漏りに繋がります。

 

厄介なのはシーリング材の劣化は日当たりに大きく依存しているということです。一日中、日陰の部分のシーリング材が「表面の汚れてきた」程度であっても、日当たりの良い部分ではボロボロで崩れ落ちてきているというケースも珍しくありません。点検する際は一部ではなく、お住まい全体のシーリング材を見てあげてください。2階などが見にくいという方は私たちにお任せください。無料で点検いたします。

コメントは停止中です。

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の動画一覧
目指せ!新設No.1
求人情報

塗料の種類と特徴

傷付き、肉痩せしたスレートをよみがえらせます

ページの先頭へ戻る