外壁塗装コラム

シーリングの補修は外壁塗装より優先順位度が高いかも

貴方のお住まいの外壁は何でしょうか? 窯業系サイディングやALCだったら、シーリング(コーキング)の補修が必要な時が必ずやってきます。足場の仮設費用を節約するためにも外壁塗装と同時に行うことが理想ですが、そうは言ってられない可能性もあります。モノによってはシーリング材の方が圧倒的に早く劣化することもあり、しかも外壁の劣化よりも建物に対する悪影響が多いのです。

 

シーリングの補修 プライマー塗布 シーリングの補修 シーリングの充填

外壁が普通に劣化していくなら、まず色褪せがおきます。色褪せは塗り替えの目安となりますが、急いで外壁塗装しなくてもお住まいにそれほどの悪影響を与えることはありません。次の段階に劣化が進むと、チョーキング(白亜化)が発生します。塗膜が紫外線によって分解されて表面から粉体化していく現象です。さすがにここまでいくと本気で外壁塗装を考えた方がよいのですが、検討する時間はかなり残されています。通常、塗装は下塗り・中塗り・上塗りと何層にも渡って塗られていますし、一気に粉体化が進むわけではありません。雨に降られても他の部分が健全なら雨水が内部へと浸入してくることはないのです。

 

細かい亀裂の入ったシーリング シーリング材が崩れ落ちている

ところがシーリング材は違います。可塑剤が表面に浮き出てくるブリード現象が起こり始めたら、劣化が一気に加速します。可塑剤はベタベタしているので、表面に浮き出てくると汚れが付着します。これだけならいいのですが可塑剤が浮き出てきた分、シーリング本体は痩せたり、縮んだりします。痩せたり、縮んだりするとひびや亀裂が入ったり、裂けたり、サイディングから剥がれて隙間ができてしまったりして、雨水の浸入する可能性を大きくしていくのです。雨水がサイディングに浸透すれば、劣化の原因になります。サイディングの下に染みてくればやがて雨漏りに繋がります。

 

厄介なのはシーリング材の劣化は日当たりに大きく依存しているということです。一日中、日陰の部分のシーリング材が「表面の汚れてきた」程度であっても、日当たりの良い部分ではボロボロで崩れ落ちてきているというケースも珍しくありません。点検する際は一部ではなく、お住まい全体のシーリング材を見てあげてください。2階などが見にくいという方は私たちにお任せください。無料で点検いたします。

人気のブログ一覧

2018年2月23日  屋根塗装はブラウン!軒天塗装の色は外壁色に合わせて水性ケンエースで塗装

    本日は富里市にお住いのお客様宅の屋根塗装と軒天塗装が完工いたしましたのでbefore・after形式でご覧いただきたいと思います。当初お問い合わせを頂いた際、軒天と破風板補修をご希望とのことでした。お家の調査をさせていただいた結果、屋根塗装も行うことになりました。 屋根塗装前 ...続きを読む

屋根塗装はブラウン!軒天塗装の色は外壁色に合わせて水性ケンエースで塗装

2018年2月21日  横浜市神奈川区|屋根塗装前にサーモアイSiでカラーシミュレーション

    今日は横浜市神奈川区のお客様より、屋根塗装の見積依頼をいただきました。屋根塗装の前にご希望のカラーをお教えいただき、カラーシミュレーションを作成いたしましたのでまずはご覧くださいませ。 サーモアイで屋根のカラーシミュレーション ...続きを読む

2018年2月21日  葛飾区|錆が発生しているアパートの外階段の塗装

    塗膜が剥がれると水分の影響で錆が発生する 本日ご紹介いたしますのは葛飾区で行ったアパートの塗装の様子です。 長年メンテナンスをしていないことで錆の発生が目立っている状態です。今のところ強度的には大丈夫ですが、この状態が長く続けば腐食が進んでしまうでしょう。 そもそも錆が発生するのは鉄部が空気にさらされていることと、水分の影響によるものです。塗装をすることでそれらの問題 ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る