外壁塗装コラム

外壁塗装が原因?日本にお洒落な街並みの住宅地が少ない理由

「和を以て貴しとなす」は聖徳太子が制定した十七条憲法の第一条に出てくる言葉だそうです。この精神が息づいているため、日本人は和を重んじる人が多いようですが、街並みに関してはどうでしょうか。景観条例が厳しいところはともかく、皆様、かなり自由にお住まいや建物を建てていたり、外壁塗装をしているような気がします。北欧からの輸入住宅は明るめの色で塗られていますし、その隣に数奇屋造りのお住まいは落ち着いた色なんてこともあります。驚くような色で外壁塗装されているお住まいもたまに見かけます。これってお洒落や美しい街並みとはかけ離れてしまっていますよね。どうしてこんなことになってしまったのでしょうか。

 

京都の街並み 新興住宅地の街並み

日本の産業構造の変化から考えていくと、少しはその理由が分かるような気がします。その昔、その地域のお住まいというか建物はほぼ地産地消で作られていました。その土地で取れた木材を使ってお住まいをつくり、その土地で採取された粘土を使って瓦などの屋根材を作る。同じ山から取れた木、同じ土地から取れた粘土ですから、色彩はほぼ同じなので自然と街並みに統一感があったのです。このような地域で外装リフォームをする場合、やはりこれまでと同じような色で塗装されることがほとんどですから、景観が保たれたつつ、時代を過ごしててきたのです。

 

ところが現在では地産地消は解消されてしまい、建材のほとんどが輸入されてきます。その建材を調達してくる国はハウスメーカーによってバラバラです。これでは色彩に統一感がなくなっても無理はないのです。このようなお住まいに外壁塗装する場合、イメージチェンジをするとしても同じような色使いになるでしょう。また、各ハウスメーカーは他の差をつけるべくさまざまなデザインのお住まいを作っています。ブランディングの一種なのですが、そのブランディングが個々のお住まいという小さなピースに集約されてしまっているのも問題です。あるハウスメーカーはある国から輸入した建材でお住まいを作ります。違うハウスメーカーは違う国から輸入した建材でお住まいを作ります。雰囲気も、デザインも、色彩も統一感がなくなって当然なのです。

 

幕張新都心の街並み

この問題の解消方法は実に簡単です。ブランディングをハウスメーカー単位ではなく、もっと大きく地域単位や都市単位で行えばいいのです。高級住宅地と呼ばれるようなところはこのことに成功していますし、幕張新都心などは計画段階から色彩計画などに重きをおいてきました。建物を塗り替える場合、その色彩ガイドラインも厳しいものになっています。全国単位でこのようなことに成功すれば、本当に美しい国になれますよね。

人気のブログ一覧

2018年2月23日  屋根塗装はブラウン!軒天塗装の色は外壁色に合わせて水性ケンエースで塗装

    本日は富里市にお住いのお客様宅の屋根塗装と軒天塗装が完工いたしましたのでbefore・after形式でご覧いただきたいと思います。当初お問い合わせを頂いた際、軒天と破風板補修をご希望とのことでした。お家の調査をさせていただいた結果、屋根塗装も行うことになりました。 屋根塗装前 ...続きを読む

屋根塗装はブラウン!軒天塗装の色は外壁色に合わせて水性ケンエースで塗装

2018年2月21日  横浜市神奈川区|屋根塗装前にサーモアイSiでカラーシミュレーション

    今日は横浜市神奈川区のお客様より、屋根塗装の見積依頼をいただきました。屋根塗装の前にご希望のカラーをお教えいただき、カラーシミュレーションを作成いたしましたのでまずはご覧くださいませ。 サーモアイで屋根のカラーシミュレーション ...続きを読む

2018年2月21日  葛飾区|錆が発生しているアパートの外階段の塗装

    塗膜が剥がれると水分の影響で錆が発生する 本日ご紹介いたしますのは葛飾区で行ったアパートの塗装の様子です。 長年メンテナンスをしていないことで錆の発生が目立っている状態です。今のところ強度的には大丈夫ですが、この状態が長く続けば腐食が進んでしまうでしょう。 そもそも錆が発生するのは鉄部が空気にさらされていることと、水分の影響によるものです。塗装をすることでそれらの問題 ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る