施工事例詳細

館山市でログハウスの別荘を防蟻塗料で塗装しました

【工事のきっかけ】
東京都にお住まいのM様が別荘にログハウスをお選びになり、メンテナンスをご希望されて調査のご依頼をいただきました。建物の状況をしっかりと判断して工事のご提案です。木部塗装はよく使われるキシラデコールが有名ですがちょっといい塗料があるのです。 防蟻効果もある、ニューボンデンDX。この塗料を使用して
【Before】
【After】
2回目以降の外壁塗装、外壁リフォーム

【施工内容】 外壁塗装 その他塗装 その他の工事 防蟻効果のある塗料を使ったログハウスの外壁塗装
【使用した塗料】ニューボンデンDX
【築年数】15年
【平米数】110㎡
【施工期間】12日間
【費用】95万円

工事の流れ

 

館山市に別荘を購入されたM様。

東京にお住まいで近隣の業者を知るすべはインターネットでした。

他にも見積の依頼をされたそうです。

今回の決め手はログハウスの塗装経験と価格・施工の安心感といったところのようでした。

今までもログハウスの塗装工事は数多く施工させていただいています。

今回も先ずは調査からスタートです。

【建物調査】

ログハウスはその名のとおり、ログ(log=樹木の幹や枝を切り出したもの)で出来た建物です。木材でできた建物ですので

湿気や水害、虫害などには気を使わなくてはなりません。そのため、少なくても5年に一度くらいはメンテナンスが必要です。

今回は中古でご購入とのことでしたので入念に調査を行いました。

一見すると問題なさそうな外見です。

ログハウス 館山 調査 ログハウス 館山 調査

 

細かく調査していくと破風などにコケが付いています。こういうところは水分がすぐに乾かない箇所、つまりは水害の可能性がある箇所です。

 

ログハウス 館山 調査 ログハウス 館山 調査

細かく見ていくと腐食している箇所がいくつかありました。

ログハウス 館山 調査 ログハウス 館山 調査

木材の傷んでいる箇所をそのままにして塗装しても腐食は広がるばかりです。

臭いものに蓋をするようなペンキ屋がいますが言語道断。私たちは建物を守るプロですので

しっかりとご提案をしていきます。

床下を見たところ、シロアリの通り道、蟻道も見つかりましたが現在はいないようでした。

シロアリにも強い塗料をご提案し工事をお請けいたしました。

【木工事】

木工事、通常の木材よりも幅が広く、厚いものを使っています。腐食のひどい箇所は部分交換、

接木などをして補修しました。

破風は先が腐っていたので加工して交換しました。

館山市 ログハウス 木工事002_R 館山市 ログハウス 木工事003_R

木でできた軒天部分、水抜け用の穴も同じように加工をして設置しました。

館山市 ログハウス 木工事003_R 館山市 ログハウス 木工事005_R

ベランダの手すりした、全体の交換は予算もかかるのでジャッキアップして接木で補修をしました。

館山市 ログハウス 木工事005_R 館山市 ログハウス 木工事006_R

床下のめくれも木材を当てて補修で完了です。

館山市 ログハウス 木工事007_R 館山市 ログハウス 木工事001_R

【洗浄】

建物の洗浄工事の様子です。

ログハウス、雨漏りの経緯があるとのことでしたので丁寧に、慎重に行いました。

ベランダや基礎部分もしっかりと汚れを落としました。

館山市 松野様 洗浄004_R 館山市 松野様 洗浄001_R

館山市 松野様 洗浄003_R 館山市 松野様 洗浄002_R

基礎部分は鉄骨でできていましたが、腐食が出ていましたのでサンダーでさびを落としました。

館山市 松野様 下処理 ケレン002_R 館山市 松野様 下処理 ケレン001_R

木部も古い塗料が落ちない個所がありました、前のオーナーさんがご自身で施工をされたのだと思いますが

こういう建物には不向きの材料を使っていましたのでそこもサンダーでこすって落としました。

これで下処理の完成です。

館山市 松野様 下処理 ケレン004_R 館山市 松野様 下処理 ケレン003_R

【塗装工事】

塗装工事に使用した塗料はニューボンデンDX。

木材用の塗料はキシラデコールやオスモなどが有名です。しかしその塗料には防蟻効果はありません。

今回は一部に過去にシロアリがいた経緯が発見されましたので防蟻効果のあるこの塗料を使用しました。

通常は2回塗りで仕上げていきます。が、今回は全体を3回、そして仕上がりの悪い個所は4回塗装しました。

仕上がりの悪い個所とは以前に使用をお勧めできない塗料で塗った個所です。

ご自身で塗装をお考えの場合は責任とリスクを理解したうえで工事をお願いします。

◎1回目

今回使用した色は「オリーブ」です。既存の色より薄い色には出来ません。(塗ってもわからないことが多いのです)

館山市 松野様 塗装1004_R 館山市 松野様 塗装1003_R

塗っている箇所によって色が濃く見えたりしていますが同じ塗料を使用しているのです。

館山市 松野様 塗装1002_R 館山市 松野様 塗装1001_R

◎2回目

ムラのある部分は丁寧に重ね塗りをして塗りムラが目立たないようにします。

塗りムラは私たちの施工ではなく、以前に塗った方のものです。念のため。

館山市 松野様 塗装2001_R 館山市 松野様 塗装2002_R

明らかに濃さが変わってきているのが写真でもわかると思います。

館山市 松野様 塗装2004_R 館山市 松野様 塗装2003_R

◎3回目

ここからはサービスの3回目です。工事としては2回塗りでお見積りをしていましたが、仕上がりが今ひとつな部分もあり、

材料を予定の倍使って仕上げました。(中には4回塗った箇所もあります)

館山市 松野様 塗装3002_R 館山市 松野様 塗装3004_R

光の当たらない部分は日焼けが少ないので濃くなったりしますが、そこも味でしょう。

玄関は元々、濃い色でしたので更に濃く仕上がりました。

館山市 松野様 塗装3003_R 館山市 松野様 塗装3001_R

 

【その他塗装】

今回の付帯部は雨樋と基礎の鉄部でした。

雨樋は一度ケレンをして傷を付け塗料が馴染むようにします。この一手間で仕上がりがぜんぜん違うのです。

館山市 松野様 塗装4003_R 館山市 松野様 塗装4002_R

基礎部分はケレンをしてサビを落とし、錆止めを塗布したあとに塗装をしています。

館山市 松野様 塗装4001_R 館山市 松野様 塗装4004_R

【お引渡し前点検】

工事が完了したら、細部のチェックをしてお引渡しにになります。

気にされていたコーキングもきれいに仕上がっています。

館山市 松野様 完成確認002_R 館山市 松野様 完成確認001_R

光によって塗っていないように見えた箇所もあり、お客様と再度施工をと話していましたが、実はしっかりと

塗ってありました。

館山市 松野様 完成確認004_R 館山市 松野様 完成確認003_R

 

これで工事の完成です。

次回は5年後くらいに塗装をすることで長期的なメンテナンスになると思います。屋根も一緒にやらなくてはならなそうです。

 

【工事完了後】

完工写真1

玄関正面から見た完成写真です。 玄関は少し濃いトーンで綺麗に仕上がっています。

太陽光の具合で色が濃く見える場合とそうでない場合があります。

館山市 ログハウス

太陽光の具合で色が濃く見える場合とそうでない場合があります。

館山市

ベランダの塗装はご主人様がチャレンジしていただきましたがきれいに仕上がっています。

目地のコーキングも丁寧に行いました。

目地のコーキングも丁寧に行いました。

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の動画一覧
目指せ!新設No.1
求人情報

塗料の種類と特徴

傷付き、肉痩せしたスレートをよみがえらせます

ページの先頭へ戻る