江戸川区で外壁塗装をお考えの方へ!

江戸川区松江で3階建てのお家を屋根塗装・外壁塗装・防水工事でフルメンテナンス

現在、築14年ということで「この先、家を持たせるのなら、そろそろ外壁塗装などでメンテナンスしておかなければならない」と感じ、ご相談いただいた江戸川区松江のお客様です。ご存知通り、都内では充分な土地の確保が難しく、一般的なお家も高層化する傾向があります。こちらのお客様は3階建てにお住まいでした。点検を行ったところ、外壁はチョーキングが発生しており、ちょうど塗り替え時期に来ていました。また、屋根も色褪せがはじまっており、日光が直接当たる3階建てのバルコニーは床がザラザラになっており、お手入れが必要な状態でした。外壁と屋根は塗装、バルコニーの床面はトップコートの塗り替え、お家の外側を全てメンテナンス致します。

ビフォーアフター

before
メンテナンス前の3階建てのお住まい
arow
arow
after
外周り全部を塗り替えられた3階建てのお家

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 屋根塗装 防水工事 
使用材料
パーフェクトトップ(外壁塗装),サーモアイ4F(屋根塗装)
築年数
築14年
ハウスメーカー
お知り合いの工務店 
施工期間
14日間
保証年数
外壁塗装10年,屋根塗装12年
建坪
40坪

点検の様子~築14年の3階建てのお家

3階建てです
チョーキング

点検の様子~3階建ての建物の外壁と屋根の現状

3階建てです。お隣も3階建てです。限られた土地を有効に使うため、軒の出が短くなっています。軒の出を短くすれば、より外壁を境界に近づけることができますから、室内空間を広くできます。最初に考えた人はとても頭がいいと思います。しかし、このような軒ゼロでは気を付けなくてはならないことがあります。それは外壁が雨に当たりやすいので、メンテナンスサイクルが軒の出が長い建物よりも短くなることです。
シーリングの破断
ざらざらしたベランダ
当然ながら、目地のシーリングも傷みやすくなります。一部では千切れて無くなっており、その奥にあるバックアップ材が見えている状態です。直射日光を受けるバルコニーの床はざらざらになっており、早めにお手入れが必要な状態です。
3階バルコニーから屋根へ
ひび割れたスレート
その3階のバルコニーをお借りし、脚立を立てて屋根にのぼります。下から見えなかった屋根ははスレート屋根でした。一部、ひびが入っている割れている部分もありました。この程度ならシーリング材で接着し、塗装すれば問題なく使用できるでしょう。スレート屋根は太陽に照らされ続けた結果、日焼けして色褪せています。
色褪せたスレート屋根
棟板金の釘の浮き
雪止めがありました。滅多に雪が降らない都内ですが、屋根に雪止めは付けておいた方がいいでしょう。お隣との距離が近い都内では屋根からの落雪が隣地に落下する可能性もあります。それがお隣様の物を壊してしまう可能性は非常に高いのです。ましてや3階ともなれば落下スピードと破壊力は1階の屋根の雪とは比べ物にならないでしょう。

施工の様子~3階建てのお住まいの外壁塗装・屋根塗装・バルコニー防水工事

工事前のご挨拶
足場仮設
工事の最初の工程といっていいのか分かりませんが、工事が始まる前に必ず行うのがご近隣へのご挨拶です。夜、帰ってきたら、近隣にいきなり足場が建っていたら驚きますし、夜、働いており、昼間は寝ているという方もいらっしゃいます。事前に工事情報を知っていれば、ご近隣の方も工事中のご予定を立てやすくなると思います。その数日から1週間前後で足場の仮設に入ります。
プライマー塗布
シーリング材充填
傷んでいたシーリングを打ち換えます。全て撤去したら、プライマーを塗布します。数年間でシーリング材と外壁の間に隙間ができてしまうのは、このプライマーの塗布不足が原因であることが多いのです。たっぷり塗る必要はありませんが、しっかりと必要量を塗ります。その後、シーリング材を充填していきます。シーリング材は20年を超える耐用年数があるオートンイクシードを使用しました。
シーリング打替え、完了
充填したら、ヘラで均します。道具に拘る方はこのヘラを自分流にアレンジしたり、手作りする方も多いですね。窯業系サイディングは表面に意匠で凹凸があるものが多く、そういった場合は適量を充填するのに手間がかかることもあります。そういった場合に活躍するのが市販ではなく、手作りしたヘラなのです。こちらのお家の窯業系サイディングは凹凸が激しくないタイプなので、綺麗に充填できました。
棟板金にケレン
錆止め塗布
屋根塗装ならば、棟板金も塗装することが当たり前です。サンドペーパーをかけてケレンしていきます。目荒らしと呼ばれる作業で、わざと表面を凸凹にすることによって、塗った塗料を流れ出さないようにするのです。下塗りには錆止め塗料を使います。この後はスレート屋根と同じ塗料で塗装していきます。
シーラーで補修
スレート屋根を塗装する前に点検時に見つけたひび割れを直してしまいましょう。シーリング材を擦り込んでから均します。完全な補修ではありませんが、これでひび割れが拡がることもありません。さらに塗装もしますので、補修跡も目立たなくなります。
今回のスレート屋根塗装には遮熱塗料のサーモアイを使用しますので、専用シーラーで下塗りを行います。サーモアイの専用シーラーの色は白で、この下塗り層でも太陽光を反射します。建物に遮熱塗料が塗られる時代から、現在では自動車にも遮熱塗料が塗られる時代になりました。サーモアイの開発・製造元である日本ペイントでは積極的に自動車用の遮熱塗料を開発しているそうです。
タスペーサーの挿入
仕上げの2回塗り
下塗りが終わりましたら、縁切りのため、タスペーサーをスレートの重なり部分に挟み込んでいきます。縁切りとはスレートの重なり部分に隙間を作る作業で、この隙間がとても重要なのです。隙間がないと屋根材の下に入ってしまった雨水が排出できず、雨漏りしてしまうのです。にわかには信じられないかもしれませんが、屋根材の下には雨水が結構な頻度で入り込みますが、その下に防水紙があるので室内に達することがないのです。その後は中塗りと上塗りの仕上げ塗りです。色はクールミラノグリーンをお選びになられました。

屋根塗装、完成

屋根塗装が完成しました。3階建ての屋根ということで点検する機会も少なくなりますし、1階と2階の屋根もない形状のお家なので、塗料は高耐候で、寿命も長いフッ素塗料を使用しました。保証は12年をお付けしております。普段は見えないところですが良い塗料で塗っておけば、安心して過ごすことができますよね。

付帯部の塗装

幕板下塗り
破風へ下塗り

付帯部の塗装

塗装はどうしても乾燥時間が必要です。下塗りしたところは半日近く、塗ることができないので違う場所を塗ることになります。乾燥時間と塗る場所、塗る順番を考えておかないとなかなか工事が進まないということもありえます。街の外壁塗装やさんの事例では分かりやすいように屋根塗装なら屋根塗装、外壁塗装なら外壁塗装とまとめていますが、実際には屋根の下塗りが終わったら、次は付帯部の下塗り、それが終わったらと屋根塗装に戻るというように進めています。この工程では付帯部の下塗りを行いました。
ケレン
マイルドサビガード
庇の塗装を行います。こちらは棟板金と同じ材質、ガルバリウムでできていますから、同じようにケレンをします。塗料が流れ出さないよう表面をざらざらにしてしまいましょう。下塗りに使うのはもちろん、錆止めです。マイルドサビガードを使用しました。
錆止め塗布
庇の塗装完了
錆止めとりょうと言えば、色は赤茶色です。これは昔の錆止めの原料が赤茶色だったことに由来します。技術が進んだ現代ではさまざまな色がありますが、金属部分を塗る場合は昔ながらの馴染みがある赤茶の方が一般の方々にも分かり易くて好評のようです。

外壁塗装の様子

下塗り
パーフェクトトップ
パーフェクトトップ外壁塗装を行います。パーフェクトトップシリーズには専用の下塗り材が用意されています。パーフェクトサーフで下塗りをしていきます。パーフェクトトップはラジカル制御形塗料です。紫外線が塗膜を破壊していくことは何となくイメージできると思います。塗料に含まれる酸化チタンに紫外線が当たると分解力を持つ2種類の活性酸素が発生します。これらの活性酸素が徐々に塗膜を破壊していくのです。パーフェクトトップは活性酸素を発生させないような仕組みを持っています。
外壁塗装、中塗り
バルコニーは違う色でツートンに
パーフェクトトップで中塗りを行っていきます。色はバニラホワイトにしました。バルコニーの部分は薄いミントブルーにしてツートンに塗り分けました。これまでは1色のお家でしたから、かなりのイメージチェンジです。外壁塗装はメンテナンスをしながらもイメージチェンジなどでリフォームを楽しめるのが良い点です。

バルコニーの床面にトップコート塗布

バルコニーにトップコート塗布
バルコニーにトップコート塗布
ザラザラだった3階のバルコニーの床面にトップコートを塗布しました。バルコニーはFRP防水で、FRP防水も紫外線に弱いのでトップコートでガードしてあげなければなりません。高圧洗浄をしてから、アセトン葺きをして、トップコートを塗布していきます。

竣工、3階建てのお家の屋根塗装・外壁塗装・防水工事

竣工、外壁塗装・屋根塗装・ベランダ防水
3階建てのお家の屋根塗装、外壁塗装、防水工事が完了しました。軒が短い住宅はどうしても、外壁に雨がかかりやすくなるので、塗り替えまでの期間も短くなりがちです。屋根がない3階のバルコニーも直射日光にさらされるため、過酷な環境です。季節毎で大丈夫ですので、定期点検を行ってあげてください。

外壁塗装 おすすめ塗料 クリーンマイルドシリコン


シリコン系の塗料はたくさんありますが、お客様から「どの塗料が良いのかわからない」といったご質問を頂きます。
そこで、今回は街の外壁塗装やさんでおすすめしているシリコン系の塗料の一つ「クリーンマイルドシリコン」を実際にご使用されたお客様の事例を基にご紹介致します!

シリコン系の塗料で外壁塗装をお考えの方はご参考にどうぞ!


クリーンマイルドシリコンの特性

クリーンマイルドシリコンの特性は大きく分けて3つあります。

1.低帯電性
塗装の表面の静電気を低減することができ、埃などが付着しにくい性質を持っています!

2.高架橋密度
塗膜の密度が高く、汚れが付着しにくい特性を持っています!

3.親水性
水とよくなじみ、表面についてしまった汚れを雨水などで洗い流す(洗浄性)特性を持っています!

せっかく外壁塗装をしても、また経年とともに家が汚れてしまう・・・
そんなことをなるべく防げるよう、クリーンマイルドシリコンは開発されました!

【洗浄】

まずは塗装の前にお住まい全体をきれいにする高圧洗浄を行います!

お住まいの細部まで、丁寧に洗浄を行い、隅々まできれいにします。

雨戸なども、こうして洗浄すると、日頃気づかなかった汚れが・・・!

 

【外壁塗装】

まずはこちらのマイルドシーラーで、下塗りをします。
下塗りは塗装面と塗料を密着させる役割を持つ塗料で、下塗りという工程は塗装ではとても重要な工程です!

下塗り材は真っ白ですが、この後、お選びいただいた色を中塗り・上塗りと塗装していきます!

続いて中塗り・上塗りです。
今回は先ほどからご紹介しているクリーンマイルドシリコンを使用します!

中塗り・上塗りでご依頼頂いている色を塗装していきます。
こちらは中塗りの様子です。

こちらは仕上げの上塗りの様子です!
そろそろ完成間近です!

こちらが完工のお写真です!
お住まいがピカピカになり、お客様にもお喜び頂きました!
今後は汚れにくい塗料で、いつまでも快適にお過ごしください!

クリーンマイルドシリコン 色選びもお任せください!

街の外壁塗装やさんでは、色選びの際のアドバイスもさせて頂いております!
長年経験を積んだスタッフだからこそできる、お客様にピッタリのご提案を致します!

こちらは実際に私たちがご提案に使用している資料の一部です!
外壁塗装において、色選びは非常に重要ですので、私たち専門スタッフが、しっかりアドバイスさせて頂きます!

擁壁の塗装もお任せください!

お住まいの外壁や屋根だけでなく、まわりの擁壁の塗装も街の外壁塗装やさんではご依頼を承っております!
せっかくの塗装ですので、屋根や外壁だけでなく、お住まい全体をきれいにしたい!といったお客様のご要望にも全力で応えます!

それでは、擁壁塗装の流れをご紹介して行きます!

【点検時】

点検にお伺いした時に撮影させて頂いた写真となります。

長年の汚れとコケで擁壁が傷んでおります

コケもこんなに生えてしまっています!

【擁壁塗装の流れ】

まずは高圧洗浄で擁壁の汚れを丁寧に落としていきます。
洗った後がくっきりとわかるくらい、高圧洗浄はきれいに汚れを落とします!

さて、洗浄後はクラックが入っていた部分の補修を行います!

モルタルを使って丁寧に補修していきます!

クラック補修完了です!
この後下塗りを行います!

今回は下塗りとして、シーラーを2回塗装しました。
その後、塗装面と塗料の密着性を上げるため、さらに中塗りでフィラーを重ねます。

こちらは中塗り後の様子です!
そろそろ完成が見えてきました!

最後に仕上げとして上塗りをすれば、擁壁塗装完了です!

いかがでしょうか?すっかり擁壁がきれいになって、見違えるようです!

びっしりと生えていたコケもすっかりなくなりました!

江戸川区と近隣区域の新着事例

その他の施工事例一覧

江戸川区と近隣地区の現場ブログをご紹介します!

料とハイブリット塗料を使用して屋根塗装と外壁塗装工事を行いました

2018年6月22日  軒天塗装にケンエースG-Ⅱ

   本日のブログは軒天井塗装について書いてみたいと思います。使用する塗料は日本ペイントさんの「ケンエースG-Ⅱ」になります。 東京都内(江戸川区と葛飾区になります。)で施工されましたお客様宅を例に見てみたいと思います。   このケンエースG-Ⅱには「カチオン形弱溶剤アクリル樹脂系非水分散形塗料」という長い肩書があります。 下地への影 ...続きを読む

軒天塗装にケンエースG-Ⅱ

2017年6月19日  江戸川区でコスモマイルドシリコン2を使った外壁塗装

   江戸川区で行なった外壁塗装の様子をご紹介致します。塗装で使用する塗料は大まかに分けて、 ・アクリル系 ・ウレタン系 ・シリコン系 ・フッ素系 ・光触媒 などがあります。 これらの種類からご自分の住まいにはどの塗料がマッチするのか迷ってしまう方がほとんどです。では、どのように選べば良いかというと、塗料の性質を把握することからはじめ ...続きを読む

江戸川区でコスモマイルドシリコン2を使った外壁塗装

2017年6月15日  江戸川区の外壁塗装は低汚染塗料のナノコンポジットwを使いました

   江戸川区で行った外壁塗装の様子をご紹介します。普段から目にするお住まいですので、できる限り見ていて気持ちの良い綺麗な状態を維持したいとお考えの方は多いと思います。しかし、お住まいは降雨やほこりなどにさらされ、また経年と共に外壁表面の撥水効果がなくなって汚れが付着しやすくなってしまうものです。だからといって、自前の高圧洗浄機を購入 ...続きを読む

江戸川区の外壁塗装は低汚染塗料のナノコンポジットwを使いました

2017年6月14日  江戸川区で床用塗料、フロアトップ5000でバルコニーを塗装

   江戸川区でバルコニーの床の塗装を承りました。こちらのお住まいでは屋根、外壁の塗装を行うのですが、その工事に合わせて汚れが目立っているバルコニーの床も綺麗にしたいということでした。     これから塗装をするバルコニーの床です。この時点ですでに高圧洗浄を行っておりますが、表面が黒ずんで見た目があまりよくありません。ここ ...続きを読む

江戸川区で床用塗料、フロアトップ5000でバルコニーを塗装

2017年5月26日  江戸川区でハイポンファインデクロとファインウレタンで金属部(霧除け庇)の塗装

   本日ご紹介いたしますのは霧除け庇の塗装です。使用する塗料は錆止めにハイポンファインデクロと、ファインウレタンを重ね塗りで使用いたします。外壁塗装を行う場合、ほとんどが付随する箇所も一緒に塗装を行います。例えば破風板だったり雨戸だったりと、塗る箇所によって使用する塗料も変わってきますが、今回は霧除け庇を塗装する塗料についてご紹介し ...続きを読む

江戸川区でハイポンファインデクロとファインウレタンで金属部(霧除け庇)の塗装

2017年5月19日  江戸川区|外壁塗装前にはサイディングの浮きや破風板補修を行います

   江戸川区のお客様邸で行った外壁塗装です。外壁塗装といっても外壁を塗れば良い訳ではなく、その本当の目的は見た目の回復であったり、外壁の保護機能を維持するといったことがあります。せっかく塗装をしても、下地が傷んでしまえば下地から交換が必要になるので、塗る前に悪くなっている箇所は補修しておくことが大事です。   ...続きを読む

江戸川区|外壁塗装前にはサイディングの浮きや破風板補修を行います

2017年5月12日  江戸川区|外壁塗装をアレスアクアシリコンAC-2で行いました

   江戸川区で行った外壁塗装をご紹介します。外壁の塗り替えを行う場合に、塗料選びはお悩みになるところだと思います。機能性を重視すれば、それにつられて費用が掛かってしまうので、ある程度の基準をもって選ぶ必要があります。今回ご紹介するアレスアクアシリコンAC-2は外壁用の塗料として必要な機能である低汚染性や耐候性、防藻性を有した塗料であ ...続きを読む

江戸川区|外壁塗装をアレスアクアシリコンAC-2で行いました

2017年5月9日  江戸川区|スーパーシリコン(関西ペイント)を使った屋根塗装

   江戸川区のお客様から屋根塗装のご依頼をいただきましたので、本日は塗料に関西ペイントのスーパーシリコンを使った塗装をご紹介したいと思います。 普段、ご自宅の家の屋根をじっくり見ることはあまりないと思いますが、長年メンテナンスをしていない方は一度見てみるとよいでしょう。二階建てのお住まいであっても、ちょっと離れて見れば大体屋根がど ...続きを読む

江戸川区|スーパーシリコン(関西ペイント)を使った屋根塗装

2017年4月26日  江戸川区|外壁塗装は低汚染塗料のナノコンポジットWで実施

   江戸川区で行った外壁塗装をご紹介いたします。外壁塗装をするきっかけの一つに経年によって汚れが目立ってくることがあります。外壁の表面は新築時にはあった撥水効果は防藻効果が、時間が経つにつれ効果が薄れ汚れてしまいますので、綺麗な状態を保つにはお手入れをする必要があります。そのお手入れとして、高圧洗浄によって汚れを落とす方法もあります ...続きを読む

江戸川区|外壁塗装は低汚染塗料のナノコンポジットWで実施

2017年4月19日  江戸川区|外壁塗装を1液ファインシリコンセラUVで実施

   本日ご紹介いたしますのは江戸川区で行った外壁塗装の様子です。外壁塗装をする上で塗料選びは非常に重要です。もちろんどの色にするかでも、お住まいの印象が大きく変わりますが、塗装をする目的としてお住まいを雨水や紫外線などによる劣化から守ることを忘れてはなりません。塗料にはウレタンやシリコン、光触媒など様々で、金額も機能も異なりますが、 ...続きを読む

その他のブログ一覧

街の外壁塗装やさん料金プランのご案内

街の外壁塗装やさんでは、お得な料金プランをご用意しております!
専門スタッフがお客様のご希望、お住まいの状態に合わせて最適なプランをご提案致します!

プレミアムプラン

フッ素、光触媒塗料を使用して、ワンランク上の外壁塗装はいかがですか?
超寿命の塗料でいつまでもお住まいを美しく保ちたい方向け!

詳細はこちら

スタンダードプラン

お住まいのメンテナンスのために、街の外壁塗装やさんが標準でお勧めしているシリコン塗料を使用したプランです。
シリコン塗料の種類も複数ご用意しております!

詳細はこちら

エコノミープラン

外壁塗装を短いサイクルでお考えの方向けのプランです!
低価格でお住まいのイメージチェンジが可能です!

詳細はこちら

屋根塗装プラン

屋根塗装使用する通常の塗料に合わせ、ご希望によっては断熱、遮熱塗料へグレードアップも可能です!
外壁塗装と合わせてご依頼いただくと、さらにお得になります!

詳細はこちら

※外壁塗装の各プランは30坪総2階の場合になります
※屋根塗装プランは80㎡切妻屋根の場合になります

施工事例

外壁塗装をご検討されている方はこちら!

  • はじめての外壁塗装
  • 2回目以降の外壁塗装

お客様の安心第一!当社のルールとお約束

  • 当社の5つのルール
  • 施工中の7つのお約束

お住まいの地域情報

東京都江戸川区は、東京都の特別区(東京23区)の東部に位置する区であり、東京23区内で最東端の自治体にあたります。 地名は、区の東側を南北に流れる江戸川にちなんでいます。はじめ区名としては「松江区」が検討されていたが、松江の名前があまり知られていなかったことと、反対する町村が出たことから、区の東端を流れる江戸川に因み「江戸川区」と命名された。 コマツナ(小松菜)は江戸川区が発祥の地として知られ、現在の江戸川区小松川で将軍の吉宗が鷹狩りの際、見たことのない菜入りの汁を食し、「小松菜」と命名したことに由来。現在では「小松菜アイス」、「小松菜そば」等、小松菜を使った郷土料理が区内の至る所で売られている。

会社所在地

街の外壁塗装やさん

  • 電話 0120-948-349
  • E-Mail info@sharetech.co.jp
  • 株式会社シェアテック
■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1階
電話 03-5879-0881
FAX 03-5879-0882

東京都

多摩地域

東京都23区

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
目指せ!新設No.1
求人情報
ページの先頭へ戻る