現場ブログ

ベランダ防水工事は塗装専門業者に依頼しましょう!

昨日は北風が吹く肌寒い一日でしたね。
北海道に住む友人の話によると、まだ雪が降っていると言っておりました。
関東はもう桜の時期も終わろうとしているのに、北海道ではこれからが桜の時期なのですね。
桜前線が北上しているという言葉を聞きますが、本当にその通りなのだな、と改めて実感したのでした。
 

さて、本日のブログは、ベランダ防水について書いてみたいと思います。
ベランダの防水工事ってどこに頼めばよいのだろう?と思われた方はいらっしゃいませんか?
外壁や屋根の塗装と同じで塗装業者が施工いたします。
 

そしてよくいただくお問合せの一つが、ベランダの下から雨漏りをしているという問い合わせです。
メンテナンスの目安として、ベランダ床に亀裂が入っていたり、剥がれ、ヒビ割れていたりしているときは、そろそろお手入れのサインとなります。
 

スタッフがお伺いした際の点検写真を見てみますと、ベランダに人工芝やすのこが敷いてあるケースを多々目にしますが、そのような状態ですと直に床面を目にしないですし、ヒビや剥がれにも気づきませんので劣化を放置したままになってしまいます。
放置が、結果的に雨漏りを引き起こす原因になりますし、人工芝やすのこの下に溜まっていた砂やゴミが排水溝に流れますと詰まりの原因にもなりますのでご注意ください。
 


ベランダ防水 雨漏り ベランダ防水 雨漏り

 

ベランダは、屋根や外壁と同様に紫外線や雨・風にさらされております。
床面には防水加工をしておりますが、この防水加工が経年劣化をしていくと、雨水がベランダの下地に浸入して雨漏りを引き起こします。
ベランダは建物とつながっております。ベランダの劣化による雨漏りが、最終的には家屋全体の問題にもなりえるのです。
頻繁に雨水が浸水してしまいますと建物木部の腐食が進み、修繕費用も更にかさみます。
 


ベランダ防水ベランダ防水

 

一般的にベランダ防水と言うと「FRP防水」や「ウレタン防水」などが挙げられます。
 

「FRP防水とは?」
FRP防水は、液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合し、この混合物をガラス繊維などの補強材と組み合わせて一体にした塗膜防水です。防水層は、継ぎ目のない繋ぎ目のない層となり、優れた防水性能を発揮します。

「ウレタン防水とは?」
液体状のウレタン樹脂を塗り、塗布した材料が化学反応して固まり、所定の厚さの防水層を形成させる工法です。
 

お住いになられている状況、劣化具合により提案する防水工事も変わってまいりますので、まずは外壁塗装センターまでお気軽にご連絡いただければと存じます。
専門スタッフが現地にお伺いし、必要な工事のご提案をいたします。

防水工事のブログ一覧

2019年8月6日  江戸川区東小岩でスーパーセランフレックスのNO.34濃で塗装、ブラウンの外壁へ

    江戸川区東小岩で外壁塗装が終わりました。3階建てのALCの外壁なので表面に凹凸があることから雨筋汚れなどが目立っており、今回は超低汚染性機能を有した塗料にて外壁塗装を行いました。 塗装前にはカラーシミュレーションを作成し、イメージを掴んでいただきました ...続きを読む

防水工事の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る