現場ブログ

世田谷区|チョーキングの発生から屋根塗装をご提案いたしました

本日ご紹介いたしますのは世田谷区で行った屋根塗装の事前調査です。 外壁に関しては数年前に塗装を行ったので、今回は屋根のリフォームをしたいということでご依頼をいただきました。
世田谷区 屋根塗装前の点検世田谷区 屋根塗装前の点検 破風板の塗膜が劣化している
ご依頼は屋根のリフォームということですが、たしかに外壁は塗装して、それほど年数が経っていないので現状でも光沢があります(左写真)。クラック等も塗装時に補修したそうですので、外壁に関しては特に問題なさそうですね。 しかし、破風板などは塗装していないようで、塗膜の剥がれが見られます(右写真)。塗膜が剥がれて下地が露出すると、木部が水分を吸って傷んでしまいます。今のところ下地はまだしっかりしていますので、早めに塗装を行って保護しておく必要があります。
世田谷区 屋根塗装前の点検 屋根が変色している世田谷区 屋根塗装前の点検 チョーキング
続いてご依頼である屋根の調査に入ります。屋根に上ってまず目に付いたのは屋根の色の変色です。ところどころに白っぽい線が見られるのがお分かりいただけるでしょうか?(左写真) 屋根を直接触ってみると、手袋に粉状の塗料が付着しました。これはチョーキング(白亜化)といって塗料が経年によって粉状に変化した現象です。この状態が見られるということは塗料が劣化している証拠です。撥水効果も落ちていますし、太陽からの紫外線に対する保護機能も低下していることになりますので、チョーキングが見られた場合は塗装を検討する必要があります。
世田谷区 屋根塗装前の点検 縁切りしていないことで屋根材の縁が変色している世田谷区 屋根塗装前の点検 棟板金の固定用の釘が浮いている
スレートとスレートの重なり部が変色しています(左写真)。これは、以前行った塗装で、縁切りを行っていないことから、スレート内に水分が溜まって、このように変色したと考えられます。屋根塗装時の縁切りとは、スレートの重なり部に適度な隙間を作る作業をいいます。これをしないと、スレート内に水分が溜まるだけでなく、毛細管現象によって内部に水分を引き込み雨漏りに繋がることもありますので、外壁塗装センターでは縁切りを行った上での塗装を実施しています。 棟板金を固定する釘が浮いています(右写真)。お住まいは風の影響や近くを通る車などによって振動します。年数が経つと、その振動によって少しづつ釘が浮いたりしますので、長年メンテナンスをしていない屋根ではよく見られます。棟板金の下に設置された貫板に傷みなどがなければ、浮いた釘を打ち込んでおけば大丈夫です。しかし、貫板自体が傷んでいると、釘を打ち込んでも効ききません。そうなると貫板を交換しなければならなくなります。幸い、今回は貫板は問題ないので、塗装工事に合わせて棟板金もメンテナンスしておきましょう。 今回の点検から当初のご依頼であった屋根塗装だけでなく、破風板などの塗装や棟板金のメンテナンスもご提案させていただきました。また、スレートのひび割れも見られましたので、そちらも合わせて補修を行いたいと思います。        

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る