現場ブログ

北区|水系塗料のファインコートSiで外壁の塗り替え

連日でご紹介させていただいております、北区の外装リフォームですが、本日は外壁塗装の様子をお伝えいたします。
北区 外壁塗装 クラック補修北区 外壁塗装 クラック補修後
外壁塗装の手順として、まず外壁の高圧洗浄を行い、外壁について汚れや苔、古くなって浮いた塗膜を除去します。そして、点検時に見つかった多数のクラックを一ずつ丁寧に補修いたします。左写真がこれから補修するクラックです。割れ目に補修材(樹脂モルタル)を注入というより押しこむようにします。補修後はっ右写真のようになります。今回は外壁の色と補修材が同じ色ですので、あまり違和感がありませんね。仮に色が違って補修箇所が目立ってしまっても、この後に塗装をすれば目立たなくなります。 写真のクラックは比較的小さめのクラックですが、構造クラックと呼ばれる大きなクラックは割れ目をサンダーなどでVカットしてから補修します。
北区 外壁塗装 シーラーを使って下塗り北区 外壁塗装 ファインコートSi
クラック補修が終わると、いよいよ塗装の工程になります。まずは下塗りです。ここでは着色が目的ではなく、シーラーを使って下地を整える作業になります。シーラーを塗布することで、この後行う中塗りと上塗りを強く密着させることができます。分かり易くいうなら、シーラーは接着剤のようなものといえるでしょう。下塗り後、水系塗料のファインコートSiで中塗り、そして上塗りと重ね塗りを行います。
北区 外壁塗装 塗装前北区 外壁塗装 塗装後
それでは外壁塗装のビフォーアフターをご覧ください。左写真が塗装前です。汚れの付着が目立っており、どことなく暗い印象があります。それに対して右写真が塗装後です。今までも白っぽい外壁でしたが、今回はややクリームかかった色に変更したことで、イメージも大分変わりましたね。 外壁塗装はお住まいを長持ちさせるためには定期的に行う必要があります。どうしても塗料は経年により劣化し、撥水効果や防藻効果がなくなってきますので、それを放置するとお住まいがどんどん傷んでしまいます。塗装時期を知らせるサインは様々で、色褪せや苔の発生などがあります。ご自分でできる「塗り替え診断」を参考に、お住まいのチェックをしてみてはいかがでしょうか? そしてもし、気になることがありましたら弊社の無料点検を受けてみることをお奨めします。    

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る