現場ブログ

外壁塗装と屋根塗装前の下処理|渋谷区

渋谷区で行いました外装リフォームですが、本日は外壁塗装と屋根塗装前の下処理の様子をお伝えします。


渋谷区 外壁塗装と屋根塗装 足場架設渋谷区 外壁塗装と屋根塗装 メッシュシート設置

屋根や外壁のリフォームを行う上で、足場の架設は必須です(左写真)。施工スタッフが安全に作業を行えるということも大きな理由ですが、足場があることで細かい作業にも支障をきたすことがなくなります。足場を使うことで、安全かつ質の高い工事が可能というわけです。
続いて足場を囲むようにメッシュシートを設置します(右写真)。この後行う高圧洗浄や塗装によって汚れや塗料が飛散してしまいますので、メッシュシートで周辺が汚れるのを防ぎます。


渋谷区 外壁塗装と屋根塗装 屋根の高圧洗浄渋谷区 外壁塗装と屋根塗装 玄関ドアの養生

メッシュシートの設置が終わると、屋根から外壁という順番で高圧洗浄を行います。屋根から行う理由は高圧洗浄によって汚れた水が外壁を伝って汚してしまうからです。高圧洗浄は約15Mpaもの高圧水流で汚れだけでなく、古くなって浮いた塗膜も洗い流します。左写真をご覧ください。高圧洗浄を行った部分は苔が綺麗に除去されているのがお分かりいただけるでしょう。
塗装をしない部分や汚れては困る部分には養生を行います(右写真)。養生とはビニールなどで、塗料などが飛散しないように保護する作業です。


渋谷区 外壁塗装と屋根塗装 目地補修 プライマー塗布渋谷区 外壁塗装と屋根塗装 コーキングの成形

こちらは目地の補修です。
手順としては
  
1.古いコーキングを取り除きます
2.清掃を実施
3.塗らない箇所の養生
4.プライマーの塗布(左写真)
5.コーキング充填とヘラでの成形(右写真)
6.養生の取り外し
  
コーキングが固まれば目地補修は完了です。
  
このように塗装工事は塗る工程の前に、足場の架設や高圧洗浄、目地の補修といった様々な作業が必要です。これらの作業を怠ると施工期間は短くできますが、せっかく塗装しても長持ちはしなかったり、見た目が悪かったりします。工期が極端に短い、または費用が安すぎる業者はなにかしら工程を省いている可能性がありますので注意しましょう。

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る