現場ブログ

外壁塗装前の高圧洗浄と目地補修を豊島区で実施

連日でご紹介させていただいております豊島区の外装リフォームですが、本日は実際の工事の様子をお伝えしたいと思います。
今回のご依頼は屋根塗装と外壁塗装ですが、本日は塗装前の高圧洗浄と目地の補修をご紹介します。


豊島区 屋根塗装前の高圧洗浄豊島区 外壁塗装前の高圧洗浄

塗装といっても大切なのは塗りの工程よりもその前に行う下地調整が重要です。高圧洗浄は約15Mpaもの高圧水流で屋根や壁に付着した汚れや古くなって浮いた塗膜を洗い流す作業です。もし、高圧洗浄をせずに塗装をした場合、汚れなどの異物の上に塗料を塗っていることになります。塗り上がりはほとんどわかりませんが、実際は塗料は下地に密着しておりませんので簡単に剥がれたりひび割れを起こしてしまいます。
洗浄する順番は屋根、外壁の順番に行いました。そうすれば屋根からの汚れら水で外壁を汚しても、その後外壁の洗浄を行えば二度手間になりません。作業を効率的に進めるのは、このようなちょっとした工夫の積み重ねが大事なのです。


豊島区 目地補修前のコーキング ひび割れしている豊島区 目地補修 コーキングにカッターで切れ目を入れる

続いて目地の補修をご紹介します。左写真はこれから補修を行う箇所です。経年によりコーキングがひび割れしていますので、塗装の前にコーキングの打ち替えを行います。
まずはカッターでサイディングとの境目に切れ目を入れます(右写真)


豊島区 目地補修 バックアップ材の交換豊島区 目地補修 コーキングを注入し余計なコーキングを除去

切れ目を入れた箇所からコーキングと古いバックアップ材を除去した後、清掃を行います。コーキングが余計な箇所に付かないように養生をした後、新しいバックアップ材を設置します(左写真)。
コーキングガンというコーキング注入する専用の道具を使い、目地にコーキングを流し込み、ヘラなどを使って余分なコーキングを取り除きます(右写真)。


豊島区 目地補修 コーキングの表面をならす豊島区 目地補修後

コーキングの表面をならし、養生を取り外します。コーキングは時間が経つと固まるので、固まる前に養生を外すのがポイントです。
コーキングの打ち直しが終わり、外壁塗装までした後の目地は右写真のようになります。

外壁塗装は環境や外壁材、使用した塗料などによって次回の塗装時期は変わりますが、大体10数年に一度は塗り替えを行います。それに対して目地のコーキングは5年程度での交換が理想的ですので、塗装に合わせると若干コーキングの劣化が進むことになります。弊社では十数年の製品保証が付いたコーキングを取り扱っておりますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る