現場ブログ

外装リフォームの事前調査で世田谷区に行ってきました

本日ご紹介いたしますのは世田谷区で行った外装リフォームの事前調査です。
以前、外壁のクラック補修を行ったそうです。それから年数も経って、クラックがまた目立つようになったことから、外装リフォームに踏み切ったそうです。


P1020327P1010382

外観をざっと見てみます。白い外壁で、この角度から見てもクラックは目立ちません(左写真)。しかし、ところどころに汚れが付着しています。
日当たりの悪い北側には苔が生えています(右写真)。苔の発生は外壁塗装のサインです。そろそろ塗装が必要な時期にきていることが考察されます。


世田谷区 外装リフォーム 事前点検 クラック補修の跡世田谷区 外装リフォーム 事前点検 門壁の塗膜が剥がれている

クラックの補修跡です(左写真)。補修してから年数が経ち、亀裂が大きくなっているようです。クラックは軽度のものはヘアクラックと呼ばれます。ヘアクラックであれば補修は塗装だけで賄えますが、構造クラックと呼ばれる大きなクラックはV字カットをして補修をした後、塗装をするという手順になります。特にモルタル外壁はクラックが発生しやすいので、築年数が経ったお住まいの場合は注意が必要です。
クラックだけでなく、門壁の塗膜も剥がれていますので、こちらも外壁塗装に併せて塗装したほうが良いでしょう。


世田谷区 外装リフォーム 事前点検 軒天の雨染み世田谷区 外装リフォーム 事前点検 破風板の傷み

軒天に雨染みがありました。風雨の吹き込みや構造的なことで、雨水が軒天に流れやすいのかもしれません。
破風板の塗膜も大分傷んでおり、剥がれた箇所から下地が見えています。このまま放置すれば下地が水分の影響で腐食し、交換しなければならなくなります。今なら塗装を行えば、次の塗装時期までは持つでしょう。
  
今回の事前調査の結果、クラック補修と外壁塗装をご提案いたしました。
外壁塗装は使用する塗料などでも耐用年数が変わってきますが、日照条件や風雨の影響でも変わってきます。ですので、お住まいの健康状態を定期的にチェックし、必要であればメンテナンスを行っていく必要があります。外壁塗装センターでは工事後、定期的に点検に伺いますので、今後のメンテナンスもお任せください!

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る