現場ブログ

大田区|外装リフォーム前に事前調査を行い必要な工事をご提案します

本日ご紹介いたしますのは大田区で行った外装リフォームの事前点検です。外壁塗装や屋根塗装を検討していても、実際にどのような下地処理が必要なのかは点検をした上での判断が必要になります。また、場合によっては塗装工事以外にもメンテナンスが必要な箇所もあるかもしれませんので、事前点検でお住まいの状態をしっかりチェックすることが大事です。
大田区 外装リフォームの事前点検大田区 外装リフォームの事前点検 軒天の塗膜が剥がれている
お住まいの外観です(左写真)。年数が経っていることで外壁の色褪せが目立っています。チョーキングも見られることから塗膜が劣化していることが伺えます。ちなみにチョーキングとは塗料が劣化により、粉状になることです。こうなってしまうと紫外線や水分からの保護機能が失われている証拠ですので、早めに塗装を行う必要があります。傷んでいるのは外壁だけでなく、軒天の方も塗膜が剥がれていました(右写真)。また、コーキングもひび割れしているのでこちらもメンテナンスしなければなりません。
大田区 外装リフォームの事前点検 屋根で北側と南側で色が違う大田区 外装リフォームの事前点検 屋根の北側には苔が生えている
続いて屋根の状態を確認します。左写真をご覧ください。棟板金を挟んで北側と南側で屋根の色に違いがあるのがお分かりいただけるでしょうか? 北側は茶色っぽくなっているのに対し、南側は白っぽい灰色になっています。北側の屋根をさらに近くで撮影したものが右写真です。この茶色いものの正体は苔です。北側は水捌けが悪いことから、苔が発生しやすい環境です。そして、屋根に塗られた塗料の防藻効果がなくなったことで、このように北側だけに苔が生えているのです。
大田区 外装リフォームの事前点検 屋根の南側は塗膜が劣化して下地が見えている大田区 外装リフォームの事前点検 屋根のスレートが割れている
続いて南側の灰色の屋根を近くで撮影しました(左写真)。苔はほとんど生えていませんが、表面がざらっとしていますね。スレートに施された化粧面が失われ、下地が露出している状態です。このまま放置すればスレートがもろくなってひび割れなどを引き起こしてしまいます。実際に数箇所、すでにスレートが割れている箇所も見つかりました(右写真)。スレートは幾重にも重なって設置するので、一枚割れたからといってすぐに雨漏りするわけではありません。実際、今のところは雨漏りしていませんが、スレートの劣化がこれ以上進まないように塗装で保護しておく必要があります。 今回の点検から、外壁塗装と屋根塗装をご提案いたしまし。外壁は目地のコーキングや軒天や雨樋などの付帯部も一緒に塗装します。また、屋根に関してもスレートのひび割れを補修した上での塗装をご提案いたしました。

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る