現場ブログ

川崎市多摩区の外壁塗装|目地のコーキングはこまめに打替補修!

川崎市多摩区の現場です。UVプロテクトクリアーでの外壁塗装に引き続き目地のコーキング補修に移っていきます。コーキングはシーリングとも言われ、何が違うの?とご質問を頂きますが、施工・使用材料は変わりませんので同じ工事と考えて頂いて特に問題ありません。


目地,コーキングコーキング,打替

左写真が打替前です。築10年程度で亀裂や肉痩せが無い状態ですが、通常新築時のコーキングは5年程度で劣化、10年目が節目になりますので、外壁塗装と合わせて一度打替えることをお勧め致します。塗装前後の工程ですので後施工の場合はコーキングの色にも注意したい所ですね!

打替はまず既存のコーキングを撤去していきます。浅築や劣化の状態から増し打ち(上からコーキング施工)をする場合もありますが、耐久性をしては打替の方が当然良いです。


バックアップ材,目地,コーキングコーキング,シーリング

コーキング撤去後はバックアップ材が入っている事がありますが、コーキングの使用量を減らす為という事ではありません。奥・両端にコーキングを接着させる3面接着はたくさん密着してて頑丈そうとは思いますが、実は建物にとっては良くありません。建物の揺れに合わせて衝撃を吸収するコーキングは多面積にくっつくことで劣化も早く動きが取れなくなってしまいます。そこであえて奥にバックアップ材を設けて壁と密着しないようにしています。隠れた気遣いは住宅にたくさん潜んでいるんですね。


充填,コーキング目地,仕上がり,打替

プライマーを塗り密着性を上げてからコーキングの充填です。へら押さえで空気を抜きながら圧着することで後々のコーキングの膨れを抑えます。住宅全体の目地打替工事には、硬化も含め数日かかるほど大変な作業ですが、サイディングにとってコーキングの劣化は漏水や外壁の割れにもつながる重要な部分です。塗装工事をご検討中の方、目地のヒビが気になる方はぜひお気軽にご相談ください。

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る