現場ブログ

杉並区|強風による棟板金飛散と屋根の塗膜劣化

本日ご紹介いたしますのは杉並区で行った屋根塗装の事前点検です。
点検のご依頼をいただいたきっかけは棟板金が飛散したことです。それに加え、屋根の手入れを長年していないとのことですので、他にも不具合が見つかる可能性があります。


杉並区 棟板金飛散 屋根塗装事前調査杉並区 棟板金飛散 屋根塗装事前調査 残された貫板

まずは飛散してしまった棟板金から見ていきます。
ご覧のように板金部分のみが無くなった状態で、貫板が残されています。この下には防水紙が設置してあるので、幸いにも雨漏りまではしていませんでしたが、このまま放置すれば防水紙も劣化します。いずれは雨漏りしてしまいますので、早急に工事が必要です。


杉並区 棟板金飛散 屋根塗装事前調査 傷んだ屋根材の塗膜杉並区 棟板金飛散 屋根塗装事前調査 屋根材の塗膜が剥がれている

問題は棟板金だけではありません。写真からも分かるように屋根材表面が白くなっていたり、塗膜が傷んで剥がれています。屋根は真夏の太陽光や、風雨といった過酷な環境です。それらに対する保護機能が、今の状態では十分ではないので屋根塗装を行い機能を回復させなければなりません。もし、この状態に気が付かず月日が経過した場合、屋根材自体が傷んでしまい塗装ではなく屋根葺き替え工事や屋根カバー工法が必要になるでしょう。


杉並区 棟板金飛散 屋根塗装事前調査 コーキングが劣化している杉並区 棟板金飛散 屋根塗装事前調査 谷板金の変色

飛散していない棟板金も、色褪せやコーキングの劣化がありました(左写真)。コーキングは年数と共に硬化し、その機能はどんどん失われますので定期的に打ち替えなければなりません。
また、谷板金に変色が見られますので、こちらも塗装が必要です。
  
今回の点検から、棟板金の補修および屋根塗装をご提案させていただきました。
棟板金が破損したからといって、そこだけを補修するのではなく、他の部分もしっかり点検を行い、必要であれば一度の工事にまとめて行う方が効率的です。もし、工事後に別の不具合が後から発覚した場合、また足場を組んで工事を行うとなったら二度手間になってしまいます。そうならないためにも、外壁塗装センターでは、事前の調査を十分行い、最適なご提案を心がけております。
外装リフォームをお考えの方はお気軽に弊社の無料点検を受けてみてはいかがでしょうか?

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る