現場ブログ

板橋区|スレートのひび割れや塗膜劣化から屋根塗装をご提案

本日ご紹介いたしますのは板橋区で行った屋根塗装の事前調査の様子です。 屋根は大切なお住まいの一部でありながら、なかなかご自分で確認することができません。弊社では屋根まで届く梯子を使い、実際に屋根に上って細かく調査いたします。
板橋区 屋根点検板橋区 屋根点検 塗膜が劣化した屋根
まずは屋根を全体的に見てみます。10数年以上お手入れをしていないそうですので、だいぶ色褪せしています(左写真)。色褪せした部分を近くで見たものが右写真です。表面がざらっとしているのがお分かりいただけるでしょうか? これは塗膜が劣化した状態です。塗膜は本来紫外線や水分から屋根材を守っていますが、このように劣化した状態ではその機能は期待できません。紫外線や水分の影響でスレート自体が傷んでしまう前に屋根塗装を行う必要があります。
板橋区 屋根点検 スレートがひび割れしている板橋区 屋根点検 スレートの縁に苔やカビが生えている
塗膜が傷んだことで、スレートがもろくなってきているようです。左写真のように細かいひび割れが多数見つかりました。また、雨樋付近では苔やカビが発生しています(右写真)。どうしても雨樋付近は水分が滞留しやすく、その影響で苔が生えているのですが、塗膜がまだ新しい状態であれば防藻効果があるので簡単に苔などは生えません。やはり屋根塗装の時期に来ていると判断できます。
板橋区 屋根点検 水分が溜まって白く変色している板橋区 屋根点検 スレートが縁切りされていない
スレートの縁が白っぽくなっています(左写真)。その部分を近くで見ると、以前行った塗装でスレート同士がくっついていました(右写真)。白っぽくなっている原因は、スレート同士が密着していることで、その内部に水分が溜まっていたことが原因です。そこだけ劣化が進み、部分的に白っぽくなっていると考えられます。屋根塗装をする場合、縁切りという作業を行います。縁切りとは、スレート同士が塗料によって密着しないように適度に隙間を作る作業です。これを行わないと、今回のように内部に水分が溜まったり、最悪毛細管現象によって内部に水分を引き込み雨漏りさせてしまうこともあります。外壁塗装センターではタスペーサーを屋根材の重なり部に入れて、隙間をしっかり確保します。 今回の点検から、屋根塗装をご提案いたしました。スレートは部分的にひび割れしていますが、しっかり補修を行った上で塗装を行えば問題ありません。しかし、スレート自体も年々傷みが進みますので、将来的には屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討する必要があるでしょう。外壁塗装センターではお住まいの状態やお客様のご要望に応じて最適なご提案をいたします。これから外装リフォームをお考えの方はお気軽にご連絡ください。

屋根塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月7日  柏市豊町で折半屋根を遮熱塗料のサーモアイSi・ベネチアブルーで塗装しました

    柏市豊町で施工している折半屋根の塗装を見ていただきたいと思います。鮮やかで美しいブルーに塗装をされた屋根をごらん頂きたいと思います。 折半屋根の塗装はサーモアイSiのクールベネチアブルーで ...続きを読む

柏市豊町で折半屋根を遮熱塗料のサーモアイSi・ベネチアブルーで塗装しました

2019年8月5日  君津市人見へ屋根外壁塗り替え前の調査、劣化が進行しています

    君津市人見へ屋根外壁塗り替え前の調査へ伺ってまいりました。目に見えて劣化が進行していることをお客様ご自身が自覚されており、梅雨の明けたタイミングで屋根外壁のメンテナンスをしようと決断されたようです。まずはしっかりと屋根外壁の状態を確認していきます。 塗膜の劣化が進行し苔や藻の発生が目立ちます ...続きを読む

屋根塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る