現場ブログ

横浜市港南区|雨漏りの原因は、バルコニー防水の亀裂

横浜市港南区に雨漏りの調査に伺いました。

1階のリビングの天井から雨漏りすると言うお問い合わせで、天井の染みがだんだん広がってきたのでご連絡されたそうです。雨漏りの原因究明の為に早速調査を開始します。

港南区、バルコニーの防水

リリングの上はバルコニーになっています。防水層が劣化していてあちこちにヒビ割れが出来ています。

港南区、亀裂が全体に

クラックはバルコニー全体に広がっています。

港南区、ひび割れ

モルタルにクラックが入り、防水層を破ってしまった様です。モルタルの下は下地の合板ですので雨水が回って腐ってしまいます。歩くと沈む感触が有りますので、下地からやり直しが必要です。

防水の種類はウレタンをオススメします。液体の防水剤で弾力性があるので木造住宅の動きにも追従しますので、ヒビ割れが表面に出にくくなります。今後のメンテナンスは紫外線保護のトップコートを塗り被せるだけで大丈夫です。構造材に影響が出る前に早目に工事をしなければなりません。

ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-349までお気軽にお問い合わせ下さい。

その他のブログ一覧

その他の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る