現場ブログ

横浜市青葉区|塗装する際はコーキングが重要です

横浜市青葉区に外壁の調査に伺いました。 外壁はサイディング張りで、築18年の建物です。そろそろ塗装をしないといけないと思い始め、初めてのメンテナンスを行う事にしたそうです。 塗膜の劣化が進行していてチョーキング(白亜化)が出ています。撥水性が落ちていますので、サイディングの劣化が進む前に塗装工事を行って保護しなければなりません。 サイディングの塗装の際に重要になるのが、目地のコーキングです。
青葉区、コーキングの劣化青葉区、コーキング劣化
コーキングのヒビ割れが塗装の表面まで現れてきています。コーキングは、建物の動きと共に伸縮しますので、弾力性が無いと効果が無いのですが、経年により劣化してくると硬化が始まって、ヒビ割れが出たり裂けたりしてきて、雨水の浸入経路になってしまいます。 この弾力性を高めるためにコーキングの中に含まれている『可塑剤』が厄介者で、徐々にコーキングの表面に移行して塗膜を変質させてベトベトした状態にしてしまうのです。これは、『ブリード現象』と呼ばれるもので、塗膜がベトベトしたところに汚れが付着して線の様に跡がついてきます。このブリード現象を出なくするにはどうするか?『ノンブリード』のコーキングを使用すればこの症状は出ません。また、コーキングの弾力性が強すぎると、建物の動きによって接着面が剥がれてしまう事がありますので、木造住宅のサイディングの場合は、伸縮に対する追従性に優れた『低モジュラス』のコーキングを使用すことをオススメします。 塗装工事の場合、大体『コーキング』と言う表記しかされませんので、適材適所のコーキングを提案しているか一度聞いてみると良いかもしれません。 今回は、『低モジュラス、ノンブリード』のコーキングを使用して打ち換えをするご提案をさせて頂きました。 ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-349までお気軽にお問い合わせ下さい。  

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る