現場ブログ

江戸川区|外壁塗装を1液ファインシリコンセラUVで実施

本日ご紹介いたしますのは江戸川区で行った外壁塗装の様子です。外壁塗装をする上で塗料選びは非常に重要です。もちろんどの色にするかでも、お住まいの印象が大きく変わりますが、塗装をする目的としてお住まいを雨水や紫外線などによる劣化から守ることを忘れてはなりません。塗料にはウレタンやシリコン、光触媒など様々で、金額も機能も異なりますが、今回使用する塗料はニッペの1液ファインシリコンセラUVになります。


江戸川区 外壁塗装前は保護れが目立っている江戸川区 外壁塗装に使うファインシリコンセラUV

こちらが塗装前の外壁です。全体的に汚れが目立っており、雨水が流れたような筋状の跡がバルコニーに見られます(左写真)。汚れが付着しているのは、単に洗い流せば良いという問題ではありません。外壁の撥水効果がなくなり、汚れが付着しやすくなっていることが問題です。この状態は外壁の保護機能も期待できず、時間が経てばどんどん劣化が進んでしまいます。
外壁塗装をする工程として、まずは高圧洗浄を行い、目地補修やクラック補修をした上で下塗りを行います。そして、中塗り、上塗りからはファインシリコンセラUVを使っていきます(右写真)


江戸川区 外壁塗装 中塗り江戸川区 外壁塗装 ローラーで中塗り

ファインシリコンセラUVは1液型なので、硬化するための塗料と混ぜて使う必要がありません。その手間がない分スムーズに塗装ができることや、2液タイプでは使い切りになってしまうことに対しても1液タイプは余った塗料を持ち越して使えるといったメリットがあります。

江戸川区 外壁塗装完了

上塗り行えば外壁塗装は完了です。良い塗料を使っても、使用法を守らなければ機能は発揮されません。この塗料の場合は、一回に塗る塗料の量は0.12kgから0.16kg/m²/回。乾燥時間は気温23℃で3時間以上といったことを守って次の重ね塗りを行うといったルールが決められています。
それらを守って塗装をすることで、耐用年数は10年以上、撥水効果や防藻効果、高い耐候性などを保つことができるのです。
江戸川区で外壁塗装をお考えの方、外壁塗装センターではご紹介したファインシリコンセラUV以外にも高性能な塗料を取り扱っておりますので、お気軽にご連絡ください。

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る