現場ブログ

江東区でヤネMシリコンを使った屋根塗装でグリーンの屋根へ大変身

江東区で行った屋根塗装をご紹介します。通常、スレートを使った屋根の場合、10数年で塗装が必要になってきます。そもそもスレートの耐用年数は20年ほどで、何もメンテナンスをしなければ劣化が進んでしまって交換する必要があります。しかし、劣化が進む前に定期的に屋根塗装を行うことでスレートの寿命を延ばすことができるのです。
そこで今回はヤネMシリコンという屋根塗装専用の塗料での塗り替えを行いたいと思います。


江東区 塗装前の屋根江東区 屋根塗装 縁切りのタスペーサー

 

それでは塗装前の屋根を見てみましょう(左写真)。元はグレーの屋根でしたが、苔が付着して茶色っぽくなっております。また、カビや色褪せなどで、かなり汚れてしまっているのがわかります。スレートは表面に苔などが生えないように表面をコーティングしておりますが、年数が経つとその効果が薄れてしまいます。屋根塗装をすることで防藻効果や紫外線からの劣化を防ぐことができるのです。
塗装前に高圧洗浄を行い、続いてスレートの重なり部に縁切りをするためのタスペーサーを挿入します(右写真)。

 

 


江東区 屋根塗装 ヤネMシリコン江東区 屋根塗装 ヤネMシリコンにて塗装

下塗りにシーラーを塗布した後、ヤネMシリコンを使って塗装していきます。ヤネMシリコンは関西ペイントから出ている塗料で、新生瓦(コロニアル・カラーベスト)に適した塗料ですが、錆止めを使えばカラーベスト・にも使用することが可能です。
耐候性に優れている他、匂いもマイルドですので塗料の匂いが気になる方にもおすすめです。また、乾燥時間が早いので作業効率も良いという利点があります。塗料は数回に分けて重ね塗りを行いますが、重ね塗りまでの間隔を塗装間隔といいます。ヤネMシリコンは夏場など30℃では2時間、23℃で4時間、5℃では8時間が塗装間隔です。夏場であればその日の内に重ね塗りも可能ということです。
今回はグリーンにて塗装を行いましたので、元の屋根とは大きくイメージも変わりました。屋根の色が変わるとお住まい全体の印象も変わります。これからは新しい気持ちでお過ごしいただけるでしょう!

江東区 屋根塗装 完了

屋根塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月7日  柏市豊町で折半屋根を遮熱塗料のサーモアイSi・ベネチアブルーで塗装しました

    柏市豊町で施工している折半屋根の塗装を見ていただきたいと思います。鮮やかで美しいブルーに塗装をされた屋根をごらん頂きたいと思います。 折半屋根の塗装はサーモアイSiのクールベネチアブルーで ...続きを読む

柏市豊町で折半屋根を遮熱塗料のサーモアイSi・ベネチアブルーで塗装しました

2019年8月5日  君津市人見へ屋根外壁塗り替え前の調査、劣化が進行しています

    君津市人見へ屋根外壁塗り替え前の調査へ伺ってまいりました。目に見えて劣化が進行していることをお客様ご自身が自覚されており、梅雨の明けたタイミングで屋根外壁のメンテナンスをしようと決断されたようです。まずはしっかりと屋根外壁の状態を確認していきます。 塗膜の劣化が進行し苔や藻の発生が目立ちます ...続きを読む

屋根塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る