現場ブログ

江東区|外壁塗装に合わせて破風板や雨樋の塗装も実施

本日は江東区で行った外装リフォームをご紹介いたします。前回は外壁塗装の様子でしたが、今回は雨樋や破風板、庇などの付帯部の塗装をご紹介いたします。


江東区 破風板のケレン江東区 雨樋のケレン

塗装を行う前に、まずはケレンを行います。ケレンとは古い塗膜や汚れなどを、研磨用たわしなどを使って落として下地を整える作業を言います。下地の状態によっては行わない場合もありますが、基本的には行っております。この作業をせずに塗装をすると、古い塗膜の上に塗料が塗られる形になります。すなわち下地から浮いたような状態ですので、早いと数ヶ月で塗膜が剥がれてしまったりします。


江東区 破風板の塗装 下塗り江東区 雨樋と破風板の塗装後

ケレンが終わると、ようやく塗装に入ります。塗装は外壁塗装と同じように数回の重ね塗りを行います。左写真は下塗りの様子です。この後、中塗り、上塗りと行い、塗装が終わったものが右写真です。いかがでしょうか? 最初の写真と比較してずいぶん変わったと思いませんか?雨樋も色褪せしていましたが、塗装をしたことで艶が出ているのがお分かりいただけるでしょう。見た目の変化だけでなく、塗装をしたことで防水性なども回復しましたので次の塗装時期まで安心ですね!


江東区 庇の塗装 ケレン江東区 庇の塗装後

こちらは庇部分の塗装です。塗装前にケレンを行い、下塗りに錆止めを塗布。さらに数回重ね塗りをしてできあがったものが右写真になります。経年によってくすんでしまった庇も新品のように戻りましたね!

外壁塗装などを行った場合、その工事に合わせて付帯部の塗装も行っておくことをお奨めします。もし、それ以外の箇所は塗らずにおくと、外壁の塗装時期よりも先に付帯部などの塗装時期が来ることになります。破風板部分だけを塗装するにしても、足場の架設は当然必要ですので、その工事のためだけに余計な出費が増えることになります。また、一度にメンテナンスを纏めて行っておけば、弊社の場合は定期的に点検にお伺いいたしますので、もし異常があっても早い段階で対応が可能です。お住まいを長持ちさせる為にも、定期的な点検とメンテナンスを心がけましょう。

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る