現場ブログ

相模原市中央区|鉄部の錆止め塗装の大切さと目地の補修調査

相模原市中央区の倉庫の塗装依頼を頂きました。屋根外壁共にトタンですので、築年数の経過によって塗膜が剥がれ錆が出てしまいます。目安として新築時から8年くらいで、表面が白く粉状になり手に付着するような状態が塗装が必要な時期かと思います。塗り替えをした住宅だから耐久性が長いだろうというわけではなく、塗料が密着しているか、錆止めを塗装しているか、と施工方法によって耐久性が全く違います。
屋根,瓦棒塗膜,剥がれ
屋根の塗膜は既に剥がれていて素地が見えているような状態ですが、初めての塗装でしょうか。錆止めの痕跡はありませんでした。また屋根材に引っかき傷があり、素地を傷つけたために錆が出ています。この錆、ここだけでは収まらずどんどん拡大していきます。一般的なトタンの厚さは0.35mm、かなり薄い屋根材ですので腐食し始めると意識しないうちに大きな穴を開け雨漏りを引き起こします。
外壁,塗膜,剥がれ塗膜,剥がれ,排水
外壁の鉄部もパリパリと剥がれています。塗装施工をする場合には確実に;ケレン作業で塗膜を剥がし、錆止め、仕上げ材で2回塗りを行います。鉄部の錆が出ていないからと、錆止め塗料が必要ないかとはなりません。錆による劣化を防ぐためにも錆止めは必ず施工致します。屋根も外壁もパリパリ剥がれ排水部に塗膜が溜まってしまっています。これでは雨水の流れを妨げさらに鉄部の劣化を進行させてしまいます。塗装も必ず必要ですが、清掃も大切ですね。
サイディング,目地サイディング,目地
外壁部分のみサイディングでしたが、外壁の色褪せもそうですが、目地のバックアップ材が露出しています(青く見えるところです)。コーキングは雨水を侵入させないための防水材です。下地が見えている状態はつまり雨水も簡単に侵入する状態です。これは早急に補修する必要があります。 鉄部とサイディングやモルタルのような外壁とも塗装の施工方法は全く違います。適切な施工をすることで初めて塗料の性能が発揮され、耐久性も長期間維持できます。塗装施工に不安を感じられる方、弊社までお気軽にご連絡くださいませ。

その他のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月2日  長生郡長南町にて倉庫兼作業場の修繕依頼、カラーシミュレーションで仕上がりイメージを見る

    長生郡長南町にお住いのお客様より倉庫兼作業場の修繕依頼をいただきました。築年数が経ち、トタンの屋根は腐食しボロボロの状態とのこと。また土台も腐食しているので直してもらいたいというご依頼です。まずは建物の状態を点検していきます。 トタンは錆、支柱の軽量鉄骨も腐食が進行し危険な状態 ...続きを読む

長生郡長南町にて倉庫兼作業場の修繕依頼、カラーシミュレーションで仕上がりイメージを見る

2019年7月19日  船橋市駿河台の外壁塗装終了間近、外壁の色はパーフェクトトップのND-281で仕上げました

    船橋市駿河台にて外壁塗装を行っております。そろそろ足場を解体して終了とのことですので、現場を覗いてみたいと思います。 外壁塗装の色はパーフェクトトップのND-281で ...続きを読む

その他の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る