現場ブログ

緑区|屋上防水の劣化で雨漏り

横浜市緑区で雨漏りの調査に伺いました。

最近、雨が降る度に天井から雨漏りするという事で、

床にバケツと洗面器が欠かせない状態です。

まずは雨漏りの場所を特定しなければなりませんので、

調査を開始してみましょう。


コーキング劣化塗膜の剥がれ

コーキングが劣化していてヒビ割れています。

打継ぎ部分なので、雨水の侵入がありそうです。

塗膜が浮いてしまって雨がどんどん入ってしまいます。

ですが、両方とも雨漏り箇所より下の部分なので、

今回の原因ではありませんが、そのままに出来る状態ではありません。

防水の切れ目

屋上の防水部分です。

切れて口が開いているのがわかるでしょうか?

膨らんでいる部分には雨水が溜まっていました。

簡易補修

溜まった雨水を抜いて水分を拭き取ってから、

防水テープで簡易的に補修しました。

この状態で水を撒きましたが、雨漏りの兆項はありませんでしたので、

防水が原因の可能性が非常に高くなりました。

雨天時に再度確認し雨漏りしないようでしたら、他にも防水が膨れている部分もありますので、

下地処理を行った上で防水工事を行います。

外壁の状態も劣化が進行していますので、コーキングを打ち直して塗装工事をご提案します。

ご質問やご不明な点など御座いましたら

フリーダイヤル0120-948-349までお気軽にお問い合わせ下さい。

防水工事のブログ一覧

2019年8月6日  江戸川区東小岩でスーパーセランフレックスのNO.34濃で塗装、ブラウンの外壁へ

    江戸川区東小岩で外壁塗装が終わりました。3階建てのALCの外壁なので表面に凹凸があることから雨筋汚れなどが目立っており、今回は超低汚染性機能を有した塗料にて外壁塗装を行いました。 塗装前にはカラーシミュレーションを作成し、イメージを掴んでいただきました ...続きを読む

防水工事の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る