現場ブログ

荒川区|外壁塗装工事、濃色のニュアンスの違いについて

荒川区のお客様の外壁塗装工事を承っておりますが、本日は塗装の色の件に関してお打合せを行わせていただきました。カラーシミュレーションを複数作成してイメージに近いものをお選びいただき、そこから詳細に煮詰めていきます。今回、お役様のイメージに則ったカラーが「黒系」の色です。黒って真っ黒のイメージをもたれるかと思いますが、なかなかに奥が深い色なのです。各塗料メーカー共に標準色と言われる色には極端に濃い色は有りません。そのような場合で濃い色を作るにはどうしたらいいかと言いますとニットコウの標準塗装色の短冊から選んでゆくこととなります。これも塗料によっては濃くすることに限界が有ったりもしますのですべてが対応しているわけではありません。今回の黒に関して3パターンの黒を日本ペイントさんにお願いいたしましてA4サイズの色見本板を作成してもらいました。


荒川区塗装色サンプル5001荒川区塗装色サンプル001

シミュレーション前とシミュレーション後の写真です。「黒」をベースとした外観をイメージしています。庇の部分は金属製の軒天井を新たに作成する予定でシミュレーションしております。この「黒」のニュアンスがとても微妙です。


OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

参考までに、左写真はH75-30B番です。色相区分はPB、Pはパープル、Bはブルーの色相を表します。よって青紫が入った「黒」と言えるでしょう。右の写真はHN-20番です。「黒」の中でも最も黒い色から3番目の濃さです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後はHN-30番です。「黒」の中では丁度中間くらいにあたる色合いです。光の当たり方、壁の素材などでも見え方はかなり変わります。標準色にないカラーにて塗装を行う際には色見本版で実際の外壁に重ねながらイメージをしてみるとより良い結果になると考えます。今回の塗料はパーフェクトトップのツヤなしにて作成してもらいました。外壁の色は温度とも関係性がありますので、遮熱塗料での施工も視野に入れて打ち合わせを進めて参ります。

 

 

外壁塗装のブログ一覧

2019年8月9日  習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

    習志野市新栄へ屋根塗装、ベランダ鉄部の塗装前点検へお伺いして参りました。屋根塗装を考えたきっかけとして、たまたま通りがかった業者の人に屋根の状態を指摘されたからとのことです。またベランダは塗膜が剥がれていることも気になっており、点検を依頼したとのことです。どのようなメンテナンスが必要なのか、しっかりと建物を調査し見極めていきます。 ...続きを読む

習志野市新栄へ屋根とベランダ鉄部の塗装前点検へ伺いました

2019年8月8日  スーパーセランフレックスのNO.34はブラウン系の外壁、標準色・淡色・濃色の比較

    ここ最近、超耐候・超低汚染型変性無機塗料のダイヤスーパ ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る