現場ブログ

袖ケ浦市|強風で剥がれた工場のサイディングの張替え補修

袖ケ浦市の工場の持ち主様からご連絡があり、「強風によりサイディングが剥がれ落ちた」とご相談を受けました。

 


工事001_R工事005_R

お客様のお話どうりサイディングが剥がれ落ちていました。お客様自らでしっかりとした養生がされており、早急な工事が必要な状態です。工事に入り、養生を剥がしてみるとCチャンネル下地(鉄骨)に釘で資材を止めてありました。モエンサイデングを釘で固定するのは珍しく、現在では専用の金物やビスを使用しています。

 


工事011_R工事007_R

今回はサイディングボードとサイディングボードの間の剥がれ落ちたサイディングを補修していきます。サイディングには雄さね・雌さねがあり、本来であれば順番に張り付けて行き、張り終わりは副資材で納めます。今回はサイディングボードとサイディングボードの間に張るので、ちょっとした技術とコツが必要になってきます。少々古いサイディングでしたので厚みも12ミリでした、現在は12ミリの厚みものは各メーカーとも作っていません。現在は消防法により14ミリ以上の厚みになっています。大きさや幅は現在も同じですので、貼り合わせることはできますが、若干の段差は出てしまいます。ニチハのサイディングは歴史が古く、メーカーの信頼性にも評判があります。他のメーカーが合併や吸収を繰り返している中で、独自の技術と独創性を持っている会社です。我々も自信を持ってお客様にお薦めできます。

 

工事001_R

お客様は外壁だけでなく、雨漏れの心配もしていました。屋根に上れるうちに、見てほしいとのことです。屋根はしたガルバリウム鋼板の折半屋根で、傷んでいる個所はありませんでした。換気の煙突から、風向きにより雨が少々、室内に入ってしまわれたようですが、屋根に不具合はございません。近頃の強風や豪雨は建物の対応範囲を超えています。現在は災害の規模も大型化していますので、現在のより強い建材に変えていかなければいけなくなってきています。ご心配の方はフリーダイアル0120-948-349までご相談ください。

コメントは受け付けていません。

その他塗装のブログ一覧

2017年6月16日  君津市|室内の壁、天然木の板張りでナチュラルに

   君津市のお客様の室内をリフォームしています。お客様から「内壁をクロスだけではなく、自然の物を合わせてコーディネイトしたい」とリクエストがありました。     一般的なお家の内壁というと、ほとんどがクロスです。下地に石膏ボード、仕上げにクロスの防火仕様であることがほとんどです。クロスは薄いビニル樹脂からできています。ビニール樹脂だ ...続きを読む

君津市|室内の壁、天然木の板張りでナチュラルに

2017年6月14日  江戸川区で床用塗料、フロアトップ5000でバルコニーを塗装

   江戸川区でバルコニーの床の塗装を承りました。こちらのお住まいでは屋根、外壁の塗装を行うのですが、その工事に合わせて汚れが目立っているバルコニーの床も綺麗にしたいということでした。     これから塗装をするバルコニーの床です。この時点ですでに高圧洗浄を行っておりますが、表面が黒ずんで見た目があまりよくありません。ここ ...続きを読む

江戸川区で床用塗料、フロアトップ5000でバルコニーを塗装

2017年5月26日  江戸川区でハイポンファインデクロとファインウレタンで金属部(霧除け庇)の塗装

   本日ご紹介いたしますのは霧除け庇の塗装です。使用する塗料は錆止めにハイポンファインデクロと、ファインウレタンを重ね塗りで使用いたします。外壁塗装を行う場合、ほとんどが付随する箇所も一緒に塗装を行います。例えば破風板だったり雨戸だったりと、塗る箇所によって使用する塗料も変わってきますが、今回は霧除け庇を塗装する塗料についてご紹介し ...続きを読む

その他塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
目指せ!新設No.1
求人情報

塗料の種類と特徴

傷付き、肉痩せしたスレートをよみがえらせます

ページの先頭へ戻る