現場ブログ

袖ケ浦市|強風により剝がれ落ちたサイディング補修

袖ケ浦市の工場から「サイディングが剥がれ落ちた」とご相談をいただきました。建物のオーナー様も、「お貸ししている以上、早目の対策を希望」とのことでした。

 


工事001_R工事006_R

調査にお伺いすると、数か所がブルーシートで養生されていました。一番高い場所たど9メーター以上あるのに、しっかりと養生されていることに驚きです。ブルーシートも3000番のシートで、ホームセンターなどで手に入る中で一番雨に強いものでした。養生にはお金をかけたくないのが本心のはずですが、椹木などを活用してあり、これはもうプロの仕事と変わりません。やはり、ものづくりをしている工場は違います。

 

一般住宅とは違い、仮設足場も高さが必要です。工事するのは数か所だけですが、仮設足場がないと工事ができないので、いたしかたありません。

 


工事009_R工事007_R

今回はサイディングにニチハモエンサイディング-M14スタッコウォール調を使用します。既存のサイデングは12ミリ厚のスタッコ調モエンサイディングですが、現在この厚さのサイディングは製造されていません。現在では厚さ14ミリのものからになります。防火条例により厚みが変わってしまったのです。モエンサイデングの一番の特徴は非常に耐火性に優れている所です。耐用年数も高く、種類も豊富です。現在では石綿(アスベスト)も入っておらず、防塵マスク無しでも安心して施工することもできます。

 

工事001_R

窒素系サイディングですので、セメントと木質系樹脂から造られており、一枚の重量がかなりあります。新しいお住まいでしたら問題はないのですが、リフォームなどで気を付けなくてはいけないのが、下地の確認と耐震強度です。今回は鉄骨の建物でしたので心配ありません。一般住宅の建築基準改正前の建物でしたら、一度確認する必要があります。何も考えず、引き受ける業者にはお気を付けて下さい。

サイディングは丈夫で比較的安価な価格にデザインも豊富ですから、きっと気に入る外壁が見つかるはずです。ご相談はフリーダイアル0120-948-349にてお待ちしています。

その他のブログ一覧

2018年4月13日  屋根外壁塗装前点検!立ち会いが困難な場合でもご点検は可能です!

    今日は長生郡長生村へ屋根外壁塗装前のご点検へお伺いしてまいりましたので、その様子をお伝えいたします。現在、建物に居住者はおらず、空き家のご点検でした。所有している物件が遠方にある場合、立ち会いをすることも困難だろうと思います。所有者様のご了解をいただければ立ち会いがなくても外装の点検はできますので、お問い合わせの際にその旨お伝え頂ければと思います。さてお家の状態はどうなっているでしょうか? ...続きを読む

屋根外壁塗装前点検!立ち会いが困難な場合でもご点検は可能です!

2018年4月12日  外壁の塗替えの際はアルミサッシの色も頭に入れておきましょう

    今日は佐倉市にお住いのお客様宅の外壁塗装の様子をお伝えしてみたいと思います。外壁塗装の際には付帯部と呼ばれる箇所の塗装もいたします。(雨樋、軒天井、破風・鼻隠し、笠木、雨戸・戸袋、などを付帯部と呼んでおります。)今回、外壁の色はパーフェクトトップのND-152で塗装をすることになりました。ここで下記画像をご覧くださいませ。付帯部塗装の雨戸部分になります。下左画像が塗装後の状態で、下右画像の赤く囲ってある部分 ...続きを読む

外壁の塗替えの際はアルミサッシの色も頭に入れておきましょう

2018年3月26日  屋根足場が必要?急勾配な屋根での作業

    お問い合わせでいただくお客様のご質問の中に、「足場は必要?」との声がございます。足場は足場でも、今日は屋根足場について書いてみたいと思います。 ...続きを読む

その他の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る