川崎市川崎区で外壁塗装をお考えの方へ!

川崎市川崎区桜本にてウレタン防水通気緩衝工法でバルコニーからの雨漏りをストップ

川崎市川崎区桜本のお客様から「バルコニーのある下の部屋で雨漏りするようになってしまった」とご相談をいただきました。お客様のバルコニーはルーフバルコニーで、その下にお部屋があるタイプです。幸いにも雨漏りはこの前の雨から始まったそうで、今のところの被害は下の天井の一部が変色しただけだそうです。雨漏りは発生に気付いた時点でしっかりと対処すれば、それだけ建物やお部屋のダメージが少なくなります。緊急性が非常に高い工事と言えるでしょう。雨漏りを止めるため、ウレタン防水通気緩衝工法で行います。

ビフォーアフター

before
防水工事前のバルコニー
arow
arow
after
ウレタン防水通気緩衝工法を施工したバルコニー

工事基本情報

施工内容
防水工事 
使用材料
DSカラー・ゼロ
築年数
築20年
ハウスメーカー
不明 
施工期間
5日間
保証年数
10年
建坪
3.6平方メートル(バルコニー部分)

点検の様子~さまざまなところにクラックが入ったバルコニー

床面がひび割れているバルコニー
立ち上がり部のひび

バルコニーに出て、まず驚いたのは床面のひび割れです。築20年ということですから、こういったクラックができてもおかしくないのですが、さまざまなところに存在します。垂直の立ち上がり部にもできていました。お客様にお聞きしますと、「いつの間にかできていて、最初は小さかったが徐々に大きくなっていったようだ」とお話しくださいました。

排水口の詰まりと上のひびわれ
痩せた目地

排水口の上にもひびらしき痕跡がありました。こちらは剥がれて剥落してしまったようです。床の目地の痩せてきており、さまざまところからの雨水の浸入が予想されますが、幸いなことにこちらはインナーバルコニーで、上階の床(この建物の場合は屋上)が屋根の代わりをしてくれるので、これまで雨漏りしなかったのでしょう。ウレタン防水通気緩衝工法で防水工事を行い、雨漏りを止めます。

施工の様子~バルコニーへのウレタン防水通気緩衝工法

清掃
ひび割れ部分の下地調整

まずは徹底的に清掃です。まずは掃き掃除をしてから、高圧洗浄で徹底的に汚れを洗い流します。照り返しを嫌ってか、バルコニーの床はかなり濃いグレーであることが判明しました。床面のクラックの部分は押されてできた傷のようで、盛り上がっています。スクイーパーで削り取り、下地調整を行います。

クラックをシーリング処理
ヘラで均しました

立ち上がり部のクラックにシーリング処理を行います。シーリング材を充填することによってクラックの隙間を埋めてしまいましょう。シーリング材を充填したらヘラで成形します。もちろん、こちらにもウレタン防水材を塗布しますので、色違いで目立つことはなくなります。

プライマー塗布
通気緩衝シート貼り

プライマーを塗布していきます。その後、通気緩衝シートを敷いています。こちらの通気緩衝シートはその名の通り、気体が通り抜けることができる通気性を持ったシートです。雨漏りで染みた水分が乾燥し、水蒸気になった時、逃がすところがないと床面などが膨らんでしまうことになります。雨漏りしたことがある場合は必ずこの防水工法をお薦めしています。

脱気筒の設置
ウレタン防水1層目

雨水が蒸気になった時の出口、脱気筒を取り付けます。取り付ける位置はもちろん、床面で一番高い部分です。その後、立ち上がり部にウレタン防水材を塗布してから、床面にウレタン防水材を塗布していきます。これが防水膜の第1層目になります。ウレタン防水材は定評のあるダイフレックス社のDS カラー・ゼロを使用しました。

ウレタン防水二層目立ち上がり部
ウレタン防水二層目床部

続いてウレタン防水の第2層目を形成していきます。1層目の時と同じように立ち上がり部、垂直な面にDS カラー・ゼロを塗布してから平らな部分、床面に塗布していきます。メンブレン防水(塗膜防水)の場合、複層にすることによって防水層に厚みをつけ、雨水の浸入を防止しますが、ほぼ2層までです。理由はこれ以上、厚くすると防水材が乾きにくくなるからです。防水材ではありませんが、外壁用や屋根用の塗料でも完全乾燥するまでには1年かかると言われています。2層めを塗布するまでの時間が一般的な塗料と変わらないことから、防水材も同じような期間が必要だと考えられます。

立ち上がり部分にトップコート塗布
完成まであと少し

立ち上がり部にトップコートを塗布します。太陽光から防水層を守るためです。トップコートは定期的に塗り替えることによって、防水層の寿命も延びます。5年を過ぎたら点検し、色褪せてきたと思ったら、塗り替えてあげましょう。歩行のため、残しておいた部分を塗れば通気緩衝工法によるウレタン防水工事は完成です。

竣工、通気緩衝工法によるウレタン防水工事

ウレタン防水通気緩衝工法、完成

工事のために移動をしておいた植木鉢や物置を元に戻しました。こういった工事前、工事後の物の移動も私達、街の外壁塗装やさんにお任せください。慣れていない方が行いますと、防水工事が終わったばかりの床面の上で物を引きずってしまい、傷をつけてしまうこともあります。今回の防水工事は雨漏りがはじまって、すぐに工事したということで10年の保証をお付けしました。何かありましたら、いつでもご連絡ください。

塗装後のイメージを塗装前にしっかり描ける! カラーシミュレーション

外壁塗装・屋根塗装では、お住まいの美観を保持するのはもちろん、イメージを思い切って変える際にはぴったりの工事です!
しかし、イメージを変えるとなると、その際の色選びはとても悩んでしまいます。

「ガラッとイメージを変えたい!でも色選びが難しい・・・」
そんなお客様の声にこたえて、街の外壁塗装やさんでは事前にカラーシミュレーションを導入しております!
カラーシミュレーションとは、お住まいの写真を撮影させて頂き、実際に塗装した場合、どのようなイメージになるのかをシミュレーションすることができるシステムです。

「契約前に事前にシミュレーションできたので安心できた!」
「いろいろな色の組み合わせを実際に見て決められたので、納得いく仕上がりになりました!」

お客様からは上記のように大変ご好評いただいているシステムです!
それでは、カラーシミュレーションの例をご紹介いたします!

【シミュレーション前】

コチラが今回シミュレーションに使用した写真です。
点検時に撮影させて頂いた写真となります。
シミュレーションをするためには、なるべくお住まいの全体の写真が必要となります。
もちろん、部分的なものでもシミュレーション可能ですが、全体の写真でシミュレーションした方がイメージがよりわきやすくなります。
【ご提出したシミュレーション】

こちらのカラーにお決め頂きました!

【施工後】

こちらは完工後のお写真です。
いかがでしょうか?ほぼシミュレーション通りの仕上がりとなっております!
H様にも、「新築のようにピカピカになった!」とお喜び頂きました!

塗装工事では必ず縁切りをしましょう! タスペーサー

塗装工事で重要なタスペーサーについてご紹介いたします!
このタスペーサーがないと、せっかく塗装して屋根がきれいになっても、雨漏りしてしまう危険性があるのです!

実際にタスペーサーを使用して工事を行ったT様の例を参考に、タスペーサーについてご説明致します。

T様邸

【施工内容】屋根塗装【施工期間】7日

事例01施工前

【Before】

事例01施工後

【After】

タスペーサーとは

スレート屋根材などの場合、通常雨水を逃がすための通路があります。
塗装をする際、この通路をふさいでしまうと、逆に雨漏りをしてしまう危険性があります。
※毛細管現象で屋根内部に水が入りますが、通常はこの通り道から雨水を逃がすため、雨漏りしません。

それを防ぐための道具がこのタスペーサーです。
この通路を作るための工事を「縁切り工事」と言います。
タスペーサーもこの縁切り工事の一部です。
タスペーサーがなかった時代では、縁切り工事は専用のカッターや皮スキという道具を使って、手作業で行われていました。
カッターや皮スキで縁切りをする場合は、塗装が終わってからになりますので、塗料でくっついてしまった部分を剥がしていきます。

従来の縁切り工事のデメリットとして、塗装が終わり、塗膜ができた状態のものを剥がしていくということ、
また、縁切りをした上下の屋根材部分の塗料が乾きにくいというところです。

タスペーサーを使えば、塗料で屋根材同士がくっつかず、最初から適切な雨水の通路を確保できます。

【屋根塗装工事】

屋根高圧洗浄

まずは高圧洗浄で、屋根の汚れをきれいに落としていきます!

屋根下塗り

続いて下塗りを行います。
下塗りは次に塗る塗料と屋根材を密着させるための重要な工程です。

タスペーサー挿入

中塗り前に、タスペーサーを差し込みます。
これで屋根の雨水の通り道を確保しました!

屋根中塗り

次に中塗りを行います。
中塗り、上塗りを行い、塗料でタスペーサーを屋根に固定します。

屋根上塗り

こちらは上塗りの様子です。
タスペーサーは必ず中塗りの前に差し込みます。
そうしないと、せっかくタスペーサーを差し込んでも落ちてしまうからです。

【完工】

屋根塗装完工1

屋根塗装完工2

屋根塗装完工3

きちんと縁切り工事を行わないとせっかく屋根をきれいに塗装しても雨漏りしてしまいます。
屋根の寿命を長くし、いつまでも快適にお過ごしいただくために、塗装の際は必ず縁切り工事を行ってください!
街の外壁塗装やさんでは経験豊富な専門スタッフがきちんとご説明致しますので、なんなりとご質問ください!

川崎市川崎区と近隣区域の新着事例

その他の施工事例一覧

川崎市川崎区と近隣地区の現場ブログをご紹介します!

ジョリパッド仕上げの外壁を塗装し、更に屋根塗装でリフォーム

2017年2月27日  川崎市川崎区|ホワイトとブルーのツートンの外壁へ!屋根外壁塗装完工です!

   今日は川崎市川崎区の屋根外壁塗装が完工いたしましたのでご紹介してみたいと思います。 まずはカラーシミュレーションからご覧いただきたいと思います。 外壁の色は日塗工の色サンプルの中からG75-20Lを、日本ペイントさんの色サンプルよりND-050をお選びになられました。 下記赤枠で囲っている色になります。そしてサンプルの色を ...続きを読む

川崎市川崎区|ホワイトとブルーのツートンの外壁へ!屋根外壁塗装完工です!

2016年12月26日  川崎市川崎区|アパートの屋根・外壁塗装の進捗状況

   クリスマスも終わり、年末年始へ向けて少し空気感が変わってまいりましたね。新年を迎えるまであと一週間です。 この時期、気忙しいのは毎度のことです。 しかし、家の片づけが一向にはかどらないというのが難点です。   さて本日は川崎市川崎区にあるアパートの屋根・外壁塗装の進捗状況を見てみたいと思います。 そろそろ ...続きを読む

川崎市川崎区|アパートの屋根・外壁塗装の進捗状況

2016年9月20日  川崎市川崎区|アパートの笠木板金のカラーシミュレーション

   台風16号と秋雨前線の影響で各地での降雨量が凄いことになっています。関東地方はこれから非常に激しい雨が降るとの予報です。 市のアナウンスを聞き逃さず、避難の指示が出ていなくても(特に夜の避難は危険です。)危険を感じたら早めに行動するようにしましょう。   さて本日のブログは川崎市川崎区にあるアパートの階段の笠木板金のカラ ...続きを読む

川崎市川崎区|アパートの笠木板金のカラーシミュレーション

2016年7月7日  川崎市川崎区|外壁は日塗工のお色でカラーシミュレーション

   今日は七夕ですね。小さなお子様のいらっしゃるお宅などは、家に笹を飾り、短冊にお願いごとを書いたりするのだろうと思います。 快晴率の低いこの日ですが、今年は見事に晴れましたね!今夜は夜空を見上げる人も多いのでしょうね。 誰にも邪魔されず彦星様と織姫様が出会えますように・・・・         さて、本日のブログは ...続きを読む

その他のブログ一覧

お住まいの地域情報

 川崎市川崎区は川崎区の東側に位置しています。
川崎駅前以外では、平坦な多摩川の河口平野上に戦前から形成された住宅地に建設された戸建住宅が多く、そこに小規模な工場が点在する商工混在地域が広がっています。
その点では、東海道本線や京急本線でつながる東京都大田区や横浜市鶴見区などと風情は似ています。

 戦後の高度経済成長期に丘陵部での集合住宅建設が進められ、人口が急増しながらも一部では農地や緑地が残る川崎市北部(宮前区、麻生区など)とは全く異なる雰囲気があります。
川崎区内には川崎駅や川崎市役所など市の中枢機能が集中していて、人口は決して少なくはないが沿岸部に広大な工業用埋立地を擁するために、区の人口密度は他区に比較すると低いです。

会社所在地

街の外壁塗装やさん

  • 電話 0120-948-349
  • E-Mail info@sharetech.co.jp
  • 株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033
神奈川県横浜市新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

神奈川県

東部

横浜地域
横浜市
川崎地域
川崎市
湘南地域
三浦半島地域

西部

相模原地域
相模原市
県央地域
足柄上地域
西湘地域

施工事例

外壁塗装をご検討されている方はこちら!

  • はじめての外壁塗装
  • 2回目以降の外壁塗装

お客様の安心第一!当社のルールとお約束

  • 当社の5つのルール
  • 施工中の7つのお約束

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る