川崎市麻生区で外壁塗装をお考えの方へ!

様々な塗装の方法 タイル調塗装

今回はサイディングの目地を生かしたタイル調塗装のご紹介を致します!

碁盤のように目地が入ったサイディングの塗装にピッタリなのがタイル調塗装です。
目地部分を別色にすることで、お住まいが全体的にシャープな印象となります!

それではタイル調塗装の工事の流れをご紹介します!

【タイル調塗装】

今回はこちらの2色を使って、外壁をタイル調に仕上げていきます。
グレーの方が目地の部分の色となります。

タイル調塗装は通常の塗装と工程は同じです。
違いとしては、いったんまずは目地色に外壁すべてを塗装し、その上から目地部分を残して再度塗装するという工程があるというところです。

目地を残しながら、短毛のローラーで色を重ねていきます!

仕上げをすると、このように、見事なタイル調塗装の完成です!

黒のサッシも外壁によく映えています!

ただ一色で塗装するよりも、このように目地を生かしてタイル調にすることで、お住まいが引き締まった印象となります!

コーキング補修

サイディングなどの目地や、窓枠の周りにはコーキング処理を施してありますが、経年と共に劣化し、痩せて隙間ができてしまったり、ひび割れてしまったり、酷い時にはコーキングが剥がれてきてしまうことがあります。

コーキングが劣化してしまうと、その隙間から雨水が侵入し、雨漏りしてしまう可能性があります。
雨漏りと聞くと屋根のイメージが強いかもしれませんが、コーキングが原因の雨漏りの例もたくさんあります。

今回は外壁・屋根の塗装のご依頼を頂いたI様の工事の様子を例にご紹介していきます。


【点検時】

こちらは点検時に撮影した外壁の写真です。
汚れが少々目立ってきているように見えますが、細かいところまで点検していくと・・・

コーキングがひび割れてしまっています。
これでは雨水が建物内に侵入してしまう恐れがあります!

そのほかの部分もこのようにコーキングのひび割れがあちこちにあります!

【既存コーキング撤去】

まずは既存のコーキングを撤去します。
専用のカッターを使います。

撤去後がこちらの写真です。

撤去後すぐにコーキング材を充填はしません。
まずは写真のようにマスキングをし、バックアップ材を中に入れます。

バックアップ材の必要性

目地が深い場合は、コーキングを充填する前にバックアップ材を先に入れる必要があります。
もしバックアップ材を入れない場合、目地のすべて(目地両端と底)が接着されてしまいます。
お住まいは各部材の膨張や伸縮といったことが起こっており、3面が密着されていると、コーキングの特徴である伸縮性が活かせないのです。
そのため、目地が深い場合などばハックアップ材をコーキング充填の前に入れる必要があるのです。

【コーキング充填】

バックアップ材を入れた後、その上からコーキング材を充填していきます。

コーキング材充填後はヘラでなめしていきます。
この時、余分なコーキング材を落とし、表面を平らにしていきます。

こちらはなめし後の写真です。
この後マスキングを剥がせばコーキング補修完了です!

きちんと縁切り工事を行わないとせっかく屋根をきれいに塗装しても雨漏りしてしまいます。
屋根の寿命を長くし、いつまでも快適にお過ごしいただくために、塗装の際は必ず縁切り工事を行ってください!
外壁塗装センターでは経験豊富な専門スタッフがきちんとご説明致しますので、なんなりとご質問ください!

川崎市麻生区と近隣区域の新着事例

その他の施工事例一覧

川崎市麻生区と近隣地区の現場ブログをご紹介します!

屋根塗装 外壁塗装後

2016/11/21  川崎市麻生区|温かみのあるツートンの外壁色に!屋根外壁塗装完工です

   今週中頃は全国的に気温が下がり冷え込むそうです。特に24日は関東平野部で雪になる可能性があるとか。 昨年や一昨年の大雪に悩まされた方は、雪止め設置等の出来うる対策を早めに打たれておくのがよいのかもしれません。   さて本日のブログは川崎市麻生区にお住いのお客様宅の屋根塗装・外壁塗...続きを読む

クラック,補修,構造,クラック

2016/11/8  川崎市麻生区|屋根点検とモルタル外壁塗装の現地調査です

   川崎市麻生区で無料点検を承りました。気になる箇所は雨漏りを起こしていないかの屋根調査と、塗装を行いたいが外壁のクラックが多々見られるとのことで補修がメインになるかご心配のようでした。   まずは屋根から雨漏りを起こしていないかの確認です。雨漏りを起こしていれば入って瞬間の湿度を感じますが...続きを読む

目地,仕上がり,打替

2016/12/16  川崎市多摩区の外壁塗装|目地のコーキングはこまめに打替補修!

   川崎市多摩区の現場です。UVプロテクトクリアーでの外壁塗装に引き続き目地のコーキング補修に移っていきます。コーキングはシーリングとも言われ、何が違うの?とご質問を頂きますが、施工・使用材料は変わりませんので同じ工事と考えて頂いて特に問題ありません。   左写真が打替前です。築10年程度で...続きを読む

その他のブログ一覧

お住まいの地域情報

 川崎市麻生区は川崎市の西北端に位置しています。
麻生の地名の由来は、古くから麻が自生しており、8世紀には朝廷に麻布を納めていたという記録が残っている点からです。

 区名は一般公募され、川崎市に編入されるまで同地域の多くを占めた都筑郡柿生村に由来する「柿生」が最も多い結果でしたが、歴史の古さから麻生に決定した経緯があります。

 全体的に標高は高めであり、川崎市で最も標高が高い地点も麻生区内にあります。
区の中央から西に流れる麻生川沿いは標高が低くなっています。
そのため、麻生区はその周囲を流れる一級河川鶴見川水系および多摩川水系の分水嶺になっており、鶴見川水系麻生川、片平川、真福寺川、早野川、黒須田川、および多摩川水系五反田川、三沢川など多くの川の水源地になっています。

会社所在地

外壁塗装センター

  • 電話 0120-948-349
  • E-Mail info@sharetech.co.jp
  • 株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033
神奈川県横浜市新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

神奈川県

東部

横浜地域
横浜市
川崎地域
川崎市
湘南地域
三浦半島地域

西部

相模原地域
相模原市
県央地域
足柄上地域
西湘地域

施工事例

外壁塗装をご検討されている方はこちら!

  • はじめての外壁塗装
  • 2回目以降の外壁塗装

お客様の安心第一!当社のルールとお約束

  • 当社の5つのルール
  • 施工中の7つのお約束

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の動画一覧
目指せ!新設No.1
求人情報
ページの先頭へ戻る