平塚市で外壁塗装をお考えの方へ!

神奈川県平塚市でバイオマスR-Siを使った屋根塗装

中古物件を購入されて外部のリフォームを行いたいと言うご希望でしたので、建物を隈無く調査した結果、屋根の塗装と外部の化粧柱の塗装工事を行う事になりました。

ビフォーアフター

before
arow
arow
after

工事基本情報

施工内容
屋根塗装  
使用材料
水谷ペイント バイオマスR-Si
築年数
20年

【建物調査】
平塚市、スレート屋根平塚市、塗膜の劣化
屋根はスレート葺きで、以前に塗装工事を行った形跡が有りますが、塗膜が劣化していて表面がズルズルに滑ります。コケやスレートの割れや反りなどはそれ程酷くはありませんので、問題なく塗装工事が可能かな、と言う状態です。一つ気になるのは、縁切りがあまり上手くなされていない様なので、塗装の際にタスペーサーを入れてしっかりと縁切り工事を行わなければなりません。
平塚市、塗膜の剥がれ平塚市、塗膜の剥がれ
特に問題ないかな、と思った矢先にこの様な剥がれを発見しました。前回の塗装工事の際に、屋根の洗浄や下塗りをしっかりと施工していなかった結果、塗膜が剥がれ落ちて来ています。剥がれているのは表面の古い塗膜だけでスレート自体には問題ありません。
平塚市、トップライト平塚市、棟板金
トップライト周りの水切での雨仕舞いも確認しましたが、今のところ全く問題無く納まっていますので雨漏りの心配はありません。ちょっと気になるのはこの棟板金です。大分下地の貫板が劣化してきていて、釘の浮きや、貫板の反りが出てきておりましたので、塗装工事と同じタイミングで交換工事をお薦めしました。 【工事開始】
平塚市、高圧洗浄平塚市、屋根を高圧洗浄であらいます
塗装工事の一番最初の工程は、高圧洗浄です。圧力を加えた水をスパイラルノズルから噴射して、コケなどの汚れや、古い塗膜などを洗い流して綺麗にしていきます。この洗浄をしっかり行わないと、塗膜が直ぐに剥がれたりして本来の耐久性が発揮できなくなります。
平塚市、下塗り塗装中平塚市、縁切りタスペーサー
高圧洗浄のあとは下塗りです。仕上げの塗料がしっかりとスレートに食いつくように、傷んだスレートの表面に膜をかけていきます。下塗りのあとはタスペーサーを入れていきます。タスペーサーとは、スレートとスレートの重なり合わせに隙間を作るために使用します。隙間は無い方が良いんじゃないの?と疑問に思うかもしれませんが、隙間を開けないと雨漏りします!ますます???かもしれませんね。スレート葺きの屋根はどこで雨水から防水するのか。屋根の表面だけで雨水を防いでいる訳ではないんです。屋根材の裏側、要するに防水紙の上を雨水が流れるんですよ。防水紙を流れてきた雨水が抜けるのがこのスレートとスレートの隙間なんです。もしこの隙間が塞がっていたら、防水紙の上を流れた雨水が出るところが無くなって溜まってしまいます。そうするとスレートを固定している釘の回りや、劣化してきた防水紙の切れ目などから天井裏に雨漏りしかねません。この様に、縁切り工事というのは非常に重要なんです。
平塚市、サビ止め平塚市、鉄部にサビ止め
棟板金や屋根のケラバの板金などの下地処理としサビ止めを塗装します。金属の部分は屋根の周りに限らず建物には結構あります。しっかりとサビ止めを塗布してから仕上げの塗装を行います。
平塚市、中塗り平塚市、スレートの中塗り
ここから仕上げの塗料の登場です。2回塗りの1回目、中塗りです。今回使用した塗料は、水谷ペイントの『バイオマスR-Si』です。バイオマスとは天然由来の成分の事で、植物は光合成により空気中の二酸化炭素を吸収しますが、この植物を化学製品の原料として精製したものをバイオマス原料と言い、 空気中の二酸化炭素を地球の中で循環させて、その量を一定に保つことができます。この様な天然素材の樹脂を使用して高い耐久性を持った塗料なんです。
平塚市、上塗り平塚市、上塗り
バイオマスR-Siの2回目です。上塗りを行っています。そろそろ仕上がりが見えてきました。
平塚市、仕上がり平塚市、屋根塗装完成
屋根の塗装が完成しました。太陽が出ていないのが残念ですが、美しい艶を持った仕上がりになっています。K様にも、綺麗になったと喜んで頂きました。  

雨戸の塗装もお任せください! 吹付塗装で新品同様に!

私たち外壁塗装センターに塗装をご依頼してくださるお客様の中には、外壁や屋根以外も合わせてご依頼してくださる方もたくさんいらっしゃいます!
雨戸もそのうちの一つで、「せっかく外壁をきれいにするから、雨戸も一緒に・・・」という方がいらっしゃいます。
今回はそんな雨戸の塗装の流れを簡単にご説明致します!

【雨戸塗装工事】

屋根高圧洗浄

まずは塗装をするために雨戸を取り外し、養生をしてケレンを行います。

屋根下塗り

続いて塗装を行っていきます!

タスペーサー挿入

雨戸の塗装は外壁や屋根と違い、吹付塗装で仕上げていきます!

雨戸の塗装の注意点

今回のように、雨戸が金属の場合、特に下地処理には十分に注意を払って行います。
今回はケレンをかけましたが、ケレンで旧塗料を落とすことと錆びがある場合はそちらも入念に落とします。
そうすることで、次に塗装する新しい塗料の定着が良くなります。
逆に、この下地処理をきちんと行わないと、せっかく塗装してもすぐ剥がれてしまうのです!

これは雨戸に限ったことではなく、塗装する際には下地処理はとても重要な工程となってきます。

塗装工事では必ず縁切りをしましょう! タスペーサー

塗装工事で重要なタスペーサーについてご紹介いたします!
このタスペーサーがないと、せっかく塗装して屋根がきれいになっても、雨漏りしてしまう危険性があるのです!

実際にタスペーサーを使用して工事を行ったT様の例を参考に、タスペーサーについてご説明致します。

T様邸

【施工内容】屋根塗装【施工期間】7日

事例01施工前

【Before】

事例01施工後

【After】

タスペーサーとは

スレート屋根材などの場合、通常雨水を逃がすための通路があります。
塗装をする際、この通路をふさいでしまうと、逆に雨漏りをしてしまう危険性があります。
※毛細管現象で屋根内部に水が入りますが、通常はこの通り道から雨水を逃がすため、雨漏りしません。

それを防ぐための道具がこのタスペーサーです。
この通路を作るための工事を「縁切り工事」と言います。
タスペーサーもこの縁切り工事の一部です。
タスペーサーがなかった時代では、縁切り工事は専用のカッターや皮スキという道具を使って、手作業で行われていました。
カッターや皮スキで縁切りをする場合は、塗装が終わってからになりますので、塗料でくっついてしまった部分を剥がしていきます。

従来の縁切り工事のデメリットとして、塗装が終わり、塗膜ができた状態のものを剥がしていくということ、
また、縁切りをした上下の屋根材部分の塗料が乾きにくいというところです。

タスペーサーを使えば、塗料で屋根材同士がくっつかず、最初から適切な雨水の通路を確保できます。

【屋根塗装工事】

屋根高圧洗浄

まずは高圧洗浄で、屋根の汚れをきれいに落としていきます!

屋根下塗り

続いて下塗りを行います。
下塗りは次に塗る塗料と屋根材を密着させるための重要な工程です。

タスペーサー挿入

中塗り前に、タスペーサーを差し込みます。
これで屋根の雨水の通り道を確保しました!

屋根中塗り

次に中塗りを行います。
中塗り、上塗りを行い、塗料でタスペーサーを屋根に固定します。

屋根上塗り

こちらは上塗りの様子です。
タスペーサーは必ず中塗りの前に差し込みます。
そうしないと、せっかくタスペーサーを差し込んでも落ちてしまうからです。

【完工】

屋根塗装完工1

屋根塗装完工2

屋根塗装完工3

きちんと縁切り工事を行わないとせっかく屋根をきれいに塗装しても雨漏りしてしまいます。
屋根の寿命を長くし、いつまでも快適にお過ごしいただくために、塗装の際は必ず縁切り工事を行ってください!
外壁塗装センターでは経験豊富な専門スタッフがきちんとご説明致しますので、なんなりとご質問ください!

平塚市と近隣地区の現場ブログをご紹介します!

2015年6月1日  新しく平塚市で作った玄関庇を塗装しました

   神奈川県平塚市で玄関の庇を作りました。 元々は、陸屋根になっていて防水がしてあったのですが、笠木が飛んでしまい雨によって下地の木が腐ってしまったので、壊して作り直すことになりました。陸屋根から雨仕舞いの良い屋根に作り替えました。その庇の塗装の様子をお伝えします。 破風板の下塗りです。ペーパーで下地処理をして ...続きを読む

新しく平塚市で作った玄関庇を塗装しました

2015年4月27日  平塚市|屋根と化粧柱の塗装工事

   神奈川県平塚市で着工中の現場です。 スレート屋根と外壁の化粧柱の塗装工事を行っています。工事途中の様子をお伝えします。 化粧柱や幕板に傷みが出ていました。剥がすと外壁を傷めてしまうので、部分的に補修を行います。 傷んでいるところを除去してパテで穴埋め補修を行います。 金属部分は錆止 ...続きを読む

平塚市|屋根と化粧柱の塗装工事

2015年4月26日  平塚市|天気に恵まれ、塗装工事中です

   神奈川県平塚市で元気に塗装工事中の現場です。 屋根と化粧柱の塗装工事を行っているのですが、着工前まではずっと雨続きだったのに、始まった途端に晴天続きです。きっと、自分ではなくてお施主様のお陰ですね。 工事も順調に進み途中経過を載せさせて頂きます。 スレート屋根で多分10年以上前に塗装工事を行った跡があり ...続きを読む

平塚市|天気に恵まれ、塗装工事中です

2015年3月26日  平塚市|塗装の剥がれ、屋根塗装工事のご提案

   神奈川県平塚市に屋根の調査に伺いました。 スレート葺きの屋根で、劣化の状態が気になると言うお話でした。 梯子を架けて早速調査を開始しましょう。 10年ほど前に一度塗装工事を行ったそうですが、 表面にチョーキングが出ていて、歩くと滑りそうになります。 スレートの重なり部分の色が濃くなっているの ...続きを読む

その他のブログ一覧

お住まいの地域情報

 平塚市は横浜・川崎・横須賀に次いで4番目、湘南地区および相模川より西の地域では初めて市となりました。
戦後早くから商工業都市として発展してきたために、リゾート地域よりも商工業都市としての存在が大きいです。

 道路の整備が進んでいたので早くから国鉄(現:JR)との立体交差を推進しているなど特筆すべき点がある街であり、自動車で通勤・通学する人も多いです。
都心にも近く、住みやすいこともあり定住率が高い市です。

 市街地にはビルやマンションなどが立ち並び、ベッドタウンとしての面もありますが、郊外には緑も多いのも特徴です。
平塚市は東海道線を挟んで北側は宿場町が発展した今日の街になっていますが、南側はどちらかと言うと古くからのお屋敷町といった感があります。

会社所在地

外壁塗装センター

  • 電話 0120-948-349
  • E-Mail info@sharetech.co.jp
  • 株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033
神奈川県横浜市新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

神奈川県

東部

横浜地域
横浜市
川崎地域
川崎市
湘南地域
三浦半島地域

西部

相模原地域
相模原市
県央地域
足柄上地域
西湘地域

施工事例

外壁塗装をご検討されている方はこちら!

  • はじめての外壁塗装
  • 2回目以降の外壁塗装

お客様の安心第一!当社のルールとお約束

  • 当社の5つのルール
  • 施工中の7つのお約束

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の動画一覧
目指せ!新設No.1
求人情報
ページの先頭へ戻る