横浜市緑区で外壁塗装をお考えの方へ!

梅雨時期の無料点検QUOカードプレゼントキャンペーン

横浜市緑区|ファインシリコンで外壁塗装 エコグラーニでカバー工法

【工事のきっかけ】
  神奈川県横浜市緑区にお住まいのM様より「屋根の葺き替えかカバー工法を検討している」とご相談をお受けいたしました。点検にお伺いしたところ、屋根には苔が生えており、屋根材の傷みもかなり進行していました。塗装では回復できる状態ではありませんでしたので、ご要望に沿って屋根カバー工法をご提案させていただきました。また、外壁の方も全体的に色褪せが見られましたので、この機会に外壁塗装と部分塗装をご提案いたしました。
【Before】
【After】
はじめての外壁塗装、外壁リフォーム

【施工内容】 外壁塗装 屋根塗装 部分塗装 棟板金交換 屋根カバー工事
【使用した塗料】屋根カバー工法:エコグラーニ 屋根塗装:ルーフマイルドSi 外壁塗装:水系ファインシリコン
【施工期間】15日

工事の流れ

 

【点検時の様子】
ご要望のあった屋根の調査を行います。

横浜市緑区 屋根塗装 外壁塗装 カバー工法 屋根点検 苔の繁殖 横浜市緑区 屋根塗装 外壁塗装 カバー工法 屋根点検 タイルの剥がれ
  まずは屋根から点検を行います。上ってみてまず気になったのは屋根全体の苔です。苔の生えた部分は水捌けが悪くなるので屋根材にあまり良くありません。右写真をご覧ください。コロニアルの一部が剥がれています。辛うじて雪止めの所に残っていますが、これが落下して事故に繋がる危険も十分考えられます。
横浜市緑区 屋根塗装 外壁塗装 カバー工法 屋根点検 谷板金の色褪せ 横浜市緑区 屋根塗装 外壁塗装 カバー工法 屋根点検 棟板金の色褪せ
  屋根の谷部分には色褪せが見られます(左写真)。右写真の方でも棟板金と谷部分に色褪せが確認されました。色褪せた所は塗膜が殆ど剥がれているので、紫外線などの影響でますます傷みやすくなります。
横浜市緑区 屋根塗装 外壁塗装 カバー工法 屋根点検 棟板金色褪せ 横浜市緑区 屋根塗装 外壁塗装 カバー工法 屋根点検 棟板金が壊れている
  左写真は換気棟の様子です。経年によってくすんだ色になっています。この棟の端を見ると剥ぎ取られた様に損傷していました。お施主様のお話では強風によって一部が飛散したとのことでした。

【足場の架設】
足場を架設しメッシュシートを設置します。

横浜市緑区 足場の架設 横浜市緑区 足場の架設 メッシュシート
  高所作業を安全に行うために足場を架設します。その後、建物を囲む様にメッシュシートを設置します。M様のお住まいには大きなアンテナ用の鉄塔がありますので、その辺も考えて足場やメッシュシートを設置します。

【屋根カバー工法】
ハイブリッド屋根材のエコグラーニで屋根カバー工法を行います。

横浜市緑区 屋根カバー工法 エコグラーニ 横浜市緑区 屋根カバー工法 防水紙
  左写真は今回使用する屋根材「エコグラーニ」です。地上で見ると以外と大きいことに驚きますね! 右写真は屋根材の下に設置する防水紙です。これらを専用の荷揚げ用リフトを使って屋根に運びます
横浜市緑区 屋根カバー工法 棟板金取り外し 横浜市緑区 屋根カバー工法 換気棟の取り付け箇所
  屋根カバー工法を行う上で不要な物を撤去します。左写真は棟板金を外している所です。右写真は元々換気棟が設置されていた箇所です。この穴によって屋内の熱を屋根から逃がすことができるのです。カバー工法は換気棟の設置も可能です。M様のご要望で以前と同様に換気棟を設置いたします。
横浜市緑区 屋根カバー工法 ルーフィング 雪止め取り外し 横浜市緑区 屋根カバー工法 ルーフィング完了
  続いて防水紙を設置します。その時、軒先から設置していくことがポイントになります。仮に屋根材の下に雨水が入り込んでも、防水紙によって屋内への浸入を防ぐことが出来ます。設置の邪魔になる雪止め金具はディスクグラインダーで撤去します(左写真)。右写真は防水紙の設置が完了したところです。写真の右端に写っている防水紙の固定に使う電動工具です。この工具で「カッター針」を打ちつけて防水紙を固定します。
横浜市緑区 屋根カバー工法 屋根材設置 横浜市緑区 屋根カバー工法 屋根材設置完了
  防水紙の敷設後、エコグラーニを設置していきます。この屋根材は軽くて強度のあるジンカリウム鋼板を使用しています。表面は自然石粒仕上げとなっておりますので、和風、洋風どちらにも調和する屋根材です。
横浜市緑区 屋根カバー工法 貫板と換気棟設置 横浜市緑区 屋根カバー工法 棟板金取り付け
  続いて貫板と棟板金を設置します。左写真の黒い板金部分は換気棟です。これを設置したお客様から、「夏場の暑さが軽減した」との喜びの声をいただくことが多いです。熱中症対策にも換気棟はとてもお奨めです。右写真は棟板金の取り付けた所です。棟板金もエコグラーニ専用の物を使用します。
横浜市緑区 屋根カバー工法 屋根カバー工法完了 横浜市緑区 屋根カバー工法 屋根カバー工法完了
  棟板金の設置が終わりましたら屋根カバー工法は完了です。右写真で丸いビスが並んでいるのがお分かりいただけるでしょうか? エコグラーニはSUSビスで固定しているので、強風による飛散の心配もありません。強くて美しい屋根に大変身です!

【高圧洗浄】
塗装の前に高圧洗浄を行います。

横浜市緑区 屋根塗装 コロニアル欠けを補修 横浜市緑区 屋根塗装 コロニアル欠けを補修 補修材
  こちらは屋根の高圧洗浄の様子です。左写真は洗浄前で、右写真が洗浄後です。茶色っぽい苔が右写真では綺麗に除去されているのがお分かりいただけるでしょう。
横浜市緑区 屋根塗装 コロニアル欠けを補修 接着 横浜市緑区 屋根塗装 コロニアル欠けを補修 完了
 左写真は軒天で、右写真は門壁の高圧洗浄です。150kgの高圧水流によって汚れはもちろんのこと、古くなって浮いた塗料なども洗い流します。

【屋根塗装】
一階の屋根に塗装を行います。

横浜市緑区 屋根塗装 コロニアル欠けを補修 横浜市緑区 屋根塗装 コロニアル欠けを補修 補修材
  塗装を行う前に、欠けてしまったコロニアルを補修します。まずは右写真の様に補修材をしっかり付けます。
横浜市緑区 屋根塗装 コロニアル欠けを補修 接着 横浜市緑区 屋根塗装 コロニアル欠けを補修 完了
 続いて割れの破片を接着させます(左写真)。余分な補修材をならして完了となります(右写真)。補修材の色と屋根材がマッチしていませんが、この後塗装をする事で目立たなくなります。
横浜市緑区 屋根塗装 下塗り 横浜市緑区 屋根塗装 中塗り
  いよいよ屋根塗装に入ります。下塗りにシーラーを塗布します。この様に劣化の見られる屋根材は塗料を良く吸い込みます。それによって起こる塗りムラや厚塗りを防ぐために、下塗りが必要になるのです。右写真は中塗りの様子です。今回はルーフマイルドSiを使用いたしました。
横浜市緑区 屋根塗装上塗り 横浜市緑区 屋根塗装完了
  中塗りと同じ塗料を使って上塗りを行います(左写真)。上塗りが終われば屋根塗装は完了となります(右写真)。くすんだ屋根に輝きが戻りましたね!

【目地の補修】
外壁塗装の前に目地の補修を行います。

横浜市緑区 外壁塗装 かくはん君 横浜市緑区 外壁塗装 かくはん君
  写真は目地補修に使うコーキングをかき混ぜる「かくはん君」です。これを使うことで、短時間でシーリングの混合が可能です。左写真の様に受け部分が回転します。
横浜市緑区 外壁塗装 かくはん君 横浜市緑区 外壁塗装 かくはん君
  外壁の目地補修に入ります。まずは補修箇所付近の養生を行い、カッターで切れ目を入れます(左写真)。その後、古いコーキングを剥がしていきます(右写真)。
横浜市緑区 外壁塗装 下塗り 横浜市緑区 外壁塗装 中塗り完了
  剥がした箇所にコーキングを充填していきます。「かくはん君」を使ったコーキングは気泡が少ないので、経年による痩せや割れを起こしにくくします。最後に余分なコーキングをヘラでならし、養生を外して完了となります。

【外壁塗装】
水系ファインシリコンを使って外壁塗装を行います。

横浜市緑区 外壁塗装 下塗り 横浜市緑区 外壁塗装 中塗り完了
  まずは屋根塗装と同様に下塗りから行います(左写真)。続いて中塗りを行った後(右写真)、上塗りで仕上げます。この様に複数回、塗りを重ねて強く美しい塗膜を作り上げるのです。
横浜市緑区 外壁塗装 塗装完了 横浜市緑区 外壁塗装 塗装完了
  外壁塗装が完了しました。塗り上がりの真っ白な外壁は、見ていると清清しい気持ちになりますね! 外壁の保護機能も戻りましたので、これからも安心してお過ごしいただけるでしょう。

【部分塗装】
軒天や破風板の塗装も行いました。

横浜市緑区 軒天塗装 横浜市緑区 軒天塗装完了
  こちらは軒天の塗装です。外壁の色に合わせて軒天も白い塗料で塗装します。右写真が塗装後です。汚れが目立っていた軒天ですが、塗装を行えばこの様に綺麗な状態に戻すことが可能です。
横浜市緑区 破風板塗装 横浜市緑区 破風板塗装完了
  破風板も塗装します。しっかりと重ね塗りを行って強固な塗膜を作ります。破風板は風雨や紫外線から建物を守る働きがあります。それだけ過酷な環境下におかれた部分ですので、塗装で保護しておく必要があります。

【完工後】

  最初にお問い合わせをいただいた時は、屋根工事のご依頼でした。しかし点検を行ってみると屋根だけではなく、外壁もメンテナンスが必要な時期であることが分かりました。お住まいは経年によって全体的に傷みが進行します。ですので悪い箇所が見つかると、他の所にも不具合が見つかるケースが非常に多いのです。外壁のくすみや色褪せは単なる見た目の変化だけではありません。これは塗装のサインでもありますが、もしかすると他の部分も傷みが出始めているのかもしれません。ですのでちょっとでも気になることがありましたら、お住まいの点検を受けることをお奨めします。外壁塗装センターでは無料での調査を承っておりますので、お気軽にご連絡ください。 横浜市緑区 外壁塗装 屋根塗装 屋根カバー工法 完工後
横浜市緑区 外壁塗装 屋根塗装 屋根カバー工法 完工後   点検時は苔が一面に生えた屋根でしたが、屋根カバー工法を行ったことで見違えるように綺麗になりました。屋根カバー工法は廃材が少ないという利点があります。また、アスベストを含んだスレートの場合は廃材処理費用もかさんできます。その様なお住まいの場合は特にお奨めの工法と言えるでしょう。外壁塗装センターではカバー工法の実績が多数ありますので、興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

横浜市緑区へお住まいの方へ 金属部分の錆補修もお任せください!

金属屋根材をお使いの方、屋根は錆びたりはしていませんか?
金属が錆びてしまうと、そこから穴が開き、建物内部に雨水が侵入してしまいます!
その前にしっかりとメンテナンスを行うことが重要です。

外壁塗装センターでは、そうしたメンテナンス等も承っております!
それでは、実際にはどんな工事を行うのか、ご説明してまいります。
今回は、以前ご依頼頂いた呉服屋さんの屋根塗装を例にご説明致します。

【工事の流れ:ケレン】

まずは旧塗料が浮いてしまっているところ、錆びてしまっているところをケレンしていきます。
ケレン後はきれいに清掃してから、塗装に入ります。

keren01

keren02

keren03

keren04

keren05

keren06

【工事の流れ:屋根下塗り】

ケレン後、まずは下塗りを行います。
今回は錆止め効果のある下塗り塗料で塗装を行いました。
ローラーと刷毛を使い分け、細部まで丁寧に塗装致します!

sitanuri01

sitanuri02

sitanuri03

sitanuri04

sitanuri05

sitanuri06

【工事の流れ:屋根中塗り・上塗り】

下塗り後、中塗り・上塗りを行い仕上げに入ります。
きれいなブルーで仕上げていきます。
錆びてしまっていた屋根が見違えるようです!

siage01

siage05

siage03

siage04

siage02

siage06

施工事例

屋根塗装の施工事例をご紹介します

 

当ホームページからお問い合わせいただいたお客様の実際の施工事例をご紹介致します。

施工事例:屋根塗装

屋根塗料:クリーンマイルド、施工期間:7日間

 

before

afer

 

屋根塗装の様子

高圧洗浄

屋根塗装の前の高圧洗浄で溜まった汚れをキレイに落とします。

中塗り

下塗り後、中塗りを行います。この後仕上げの上塗りです。

上塗り

上塗りを行い、塗装工事の施工完了も間近です。

塗装施工完了

施工完了の屋根の全景です。

塗装施工完了

3回塗りの工程で仕上がりもキレイに行きました。

ベランダ防水工事

最近は以前にも増してベランダの防水工事のご依頼を頂くことが増えたように感じます。
ここ数年、夏の猛暑が続き、FRP防水の劣化が進んでいるのでしょうか?

さて、ベランダは屋根と違い、部屋の「上」ではなく、建物からはねだしていますので、雨水が侵入していても、中々気づきづらい場所です。
私たちも、実際にご依頼を頂き、点検させて頂いたときには、すでに構造体の腐食が始まっている事があります。



K様邸

ベランダ防水工事の流れ

【ベランダ防水工事】

まずは既存の防水材を撤去していきます。

次にプライマーを塗装します。
プライマー塗布前に、亀裂などがある場合は先に補修を行います。

続いてガラスマットを引いていきます。
このガラスマットがより強固な防水層を作ります!

ガラスマットの上からFRP樹脂をしっかりと塗装していきます。
このガラスマットとFRP樹脂が組み合わさることでより強い防水層となり、ベランダを守ります!

最後にトップコートで塗装すれば、防水工事完了です!

FRP防水とは

FRPとは「Fiber Reinforced Plastics(繊維強化プラスチック)」の頭文字をとったものです。
FRPはボートなどの防水に主に使用されていますが、近年ではその防水性の高さから一般住宅の防水に使用されるようになりました。

横浜市緑区と近隣区域の新着事例

その他の施工事例一覧

横浜市緑区と近隣地区の現場ブログをご紹介します!

ND-010

2017/05/30  横浜市緑区|パーフェクトトップで外壁塗装前のカラーシミュレーション

   本日のブログは横浜市緑区のお客様宅の屋根外壁塗装前のカラーシミュレーションになります。 外壁塗装・屋根塗装をご検討中ということで弊社にお見積り依頼のご連絡をいただきました。 数あるサイトの中からお問い合わせをいただきまして誠に有難うございます。   今回は色の指定はなかったので...続きを読む

ブラウン×ホワイト系

2016/12/22  横浜市緑区|グリーンの屋根でカラーシミュレーション

   本日のブログは、横浜市緑区にある築18年で初めての屋根塗装、外壁塗装を検討中というお問合せをいただきましたお客様宅のカラーシミュレーションになります。 検討されている塗料はファインパーフェクトベストとのこと。事前の情報によりますと、屋根はグリーンをご希望のようです。 色はグリーンとモスグリーン。...続きを読む

2015/09/28  横浜市緑区で3回目の屋根塗装工事をおこなっています

   ここのところ雨が続いていましたが、やっと雨が止んで工事を再開できるようになりました。今日は横浜市緑区でおこなっている屋根塗装の現場に行きました。 屋根はスレート葺きで塗膜が劣化していてズルズルと滑る状態です。重なり部分が塗膜で覆われていて雨水が溜まってしまっています。放っておくと雨漏...続きを読む

2015/09/17  横浜市緑区でスレート屋根の2回目の塗装工事をおこないます

   横浜市緑区で屋根の調査をおこないました。スレート葺きの屋根で以前に1回塗装工事をした事があるそうです。傷みが出てきているので早速調査してみましょう。 屋根全体に塗装の傷みがでていて雨染みがあります。スレート屋根の最低勾配は3寸ですので、4寸勾配ならば問題ないのですが比較的緩やかな屋根...続きを読む

150620-082109

2015/08/2  横浜市緑区、劣化が進んだスレートに最適な下塗り剤は何?

   横浜市緑区で屋根の塗装をご検討中のお宅へ伺いました。築22年の木造住宅で、10年前に一度塗装工事をした事が有るそうです。お客様の話によると、塗装をして2年位で表面がめくれてきてしまったそうで、塗装した業者に電話しても繋がらなくなっていて諦めた、とおっしゃていました。訪問販売のように塗装工事を売りつけ...続きを読む

緑区141002-150642

2015/03/24  緑区|外壁のコケで塗装工事のご提案

   横浜市緑区に外壁の調査に伺いました。 築15年の建物で初めてのメンテナンスです。 汚れが目立ってきたと言うお問い合わせでしたので、 早速外壁の状態を見てみましょう。 外壁は、1階がサイディングで2階がリシンの吹付け仕上げです。 2階部分にはコケが大分発生していま...続きを読む

緑区141224-101431

2015/03/17  横浜市緑区|トタン屋根の塗装工事

   横浜市緑区に屋根の調査に伺いました。 数年前に一度だけ雨漏りしてたそうで、 その時は屋根には何の問題もなく、原因が特定できなかったそうです。 今回お問い合わせ頂いたのは、庭に屋根のトタンの欠片が落ちてきて、 大丈夫なのか心配になってお問い合わせ頂きました。 屋根...続きを読む

港南区150310-100808

2015/03/10  緑区|屋上防水の劣化で雨漏り

   横浜市緑区で雨漏りの調査に伺いました。 最近、雨が降る度に天井から雨漏りするという事で、 床にバケツと洗面器が欠かせない状態です。 まずは雨漏りの場所を特定しなければなりませんので、 調査を開始してみましょう。 コーキングが劣化していてヒビ割れています。 ...続きを読む

緑区045

2015/02/9  緑区|木目調サイディングをナノコンポジットで塗装

   横浜市緑区で外壁の塗装工事を行いました。 築14年の建物で、外壁の汚れが気になってきたので 綺麗にしたい、と言うお問い合わせでした。 確かに汚れが目立っていましたので、低汚染塗料で塗装工事を行いました。   外壁は、汚れやコケが目立っていたので、 高圧洗浄でしっか...続きを読む

その他のブログ一覧

お住まいの地域情報

 横浜市緑区は鶴見川流域に沿って東西に細長い区です。
中央を鶴見川やJR横浜線が東西に縦走しています。鶴見川流域は平地ですが、南側は丘陵地となり住宅地が多く、旭区に隣接しています。

 北側は緑産業道路である都市計画道路川崎町田線に沿って工業団地となっています。
JR横浜線や横浜市道都市計画道路山下長津田線に沿って住宅地や団地が広がるが、南側丘陵部は近年宅地化された新興分譲地も多いです。そのため近年の人口増加も年々増えてきています。

 鶴見川と恩田川合流地点から上流は横浜市内でも珍しい広大な農業用地となっており、稲作や梨生産が見られます。

会社所在地

外壁塗装センター

  • 電話 0120-948-349
  • E-Mail info@sharetech.co.jp
  • 株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033
神奈川県横浜市新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

神奈川県

東部

横浜地域
横浜市
川崎地域
川崎市
湘南地域
三浦半島地域

西部

相模原地域
相模原市
県央地域
足柄上地域
西湘地域

施工事例

外壁塗装をご検討されている方はこちら!

  • はじめての外壁塗装
  • 2回目以降の外壁塗装

お客様の安心第一!当社のルールとお約束

  • 当社の5つのルール
  • 施工中の7つのお約束

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の動画一覧
目指せ!新設No.1
求人情報
ページの先頭へ戻る