エラストコートの飾り画像

外壁塗装にあたって、シーリング材とはどのような役割があるのでしょう?

耐用年数が長い塗料が増えてきました。それを選ばれるお客様も多くなってきています。外壁塗装をするにあたって塗料にこだわられるお客様は多いのですが、シーリング(コーキング)材にこだわる方は少ないようです。「そもそもシーリング材って何?」というお客様も多いと思います。

エラストコートの飾り画像

外壁塗装にあたって、シーリング材とはどのような役割があるのでしょう?

外壁の継ぎ目や窓周りなどの隙間に充填されている弾性に富んだ建材のこと。建物内部への雨水の浸入を防ぐほか、地震時の揺れの際にサイディングボードの干渉を防ぎ、破損を防止したり、四季の寒暖にあわせて膨張と縮小を繰り返す外壁に追随する緩衝材の役割を果たしている。

外壁に占める面積は少ないですけど、お住まいを守るために重要なのがこのシーリング部分なのです。 緩衝材としてはたらくほか、防水性と気密性を保っているのです。

お住まいの様々なとことに、シーリング材は使用されています

貴方のお住まいのシーリング材こんな病状が出ていませんか?

表面の汚れ

染み出てきた可塑剤(シーリング材の弾性を保つ成分)に汚れが付着している状態です。劣化の第一歩です。

痩せ・硬化

可塑剤はシーリング材の弾性を保つ成分ですから、それが染み出た分、シーリング材は硬化しますし、痩せていきます。

ひび、亀裂

病状でいうと中度です。亀裂が表面だけならよいのですが、内部まで貫通していることも考えられます。内部まで貫通していると雨水が建物内部へ浸透していき、雨漏りへとつながります。

剥がれ・隙間

シーリング材が極端に痩せ、外壁から剥がれてしまい、隙間ができてしまっている状態です。雨が降るたびに建物内部へ雨水が入っていきます。

ひび、亀裂

完全に硬化してしまい、ボロボロと崩れ落ちている状態です。シーリング材の奥にあるバックアップ材が見えている状態です。早急に対処する必要があります。

エラストコートの飾り画像

シーリング材は紫外線、雨、温度差によって劣化していきます。

外壁や屋根と同じようにシーリング材も紫外線、雨、温度差によって劣化していきます。もちろん、劣化を防ぐ成分も配合されているのですが、これも無限ではありません。紫外線、雨、寒暖らされているうちにどんどにさん消費され、劣化がはじまるのです。 劣化の第一段階ではシーリング表面に可塑剤が染み出してきます。可塑剤は前述のとおり、シーリング材に弾性を持たせる成分でベタベタしています。非常に埃がつきやすく、黒ずんできますので、シーリングが汚れてきたら劣化がはじまったと思ってください。

可塑剤とは?

コーから分離していく。キング剤を柔らかくするために用いられる薬剤。紫外線、雨、温度変化、経年など様々な要因でコーキング剤

この分離現象を「ブリード」といい、表面に浮き上がってくるので、非常に汚れやすくなる。ブリードが起こると一気に硬化が進み、痩せや割れ、裂けが発生する。

高耐久の塗料を選ぶならシーリング材も高耐久のものに

一般的なシーリング材と比較したライフサイクルコスト

一般的なシーリング材のメンテナンスにかかる諸費用

塗料は高耐久性(耐用年数15年)のものを使用した場合の

一般的なシーリング材のメンテナンス周期年表

15年でかかるメンテナンス概算費用まとめ(30坪100㎡の場合)
お住まいの状態や立地条件などによって価格は変化します。価格は目安となりますのでご注意ください

工事内容 概算 施工回数 合計
外壁塗装 800,000円 2回 1,600,000円
シーリング打ち直し 90,000円 3回 270,000円
足場 200,000円 3回 600,000円
全体合計 2,470,000円

オートンイクシード+15のメンテナンスにかかる諸費用

塗料は高耐久性(耐用年数15年)のものを使用した場合の

オートンイクシード+15のメンテナンス周期年表

15年でかかるメンテナンス概算費用まとめ(30坪100㎡の場合)
お住まいの状態や立地条件などによって価格は変化します。価格は目安となりますのでご注意ください

工事内容 概算 施工回数 合計
外壁塗装 800,000円 2回 1,600,000円
シーリング打ち直し 90,000円 1.5回 135,000円
足場 200,000円 2回 400,000円
全体合計 2,135,000円

エラストコートの飾り画像

シーリング材は紫外線、雨、温度差によって劣化していきます。

可塑剤は無配合

経年で流出しない特殊高耐久LSポリマーを配合

オートンイクシード15+は経年で流出してしまう可塑剤を含んでいません。新開発された『LSポリマー』は流出しませんので弾性を超長時間維持します

外壁材への圧倒的な接着力とどこまでも動きに追随する耐ムーブメント力

経年で流出しない特殊高耐久LSポリマーを配合

オートンイクシード15+は経年で流出してしまう可塑剤を含んでいません。新開発された『LSポリマー』は流出しませんので弾性を超長時間維持します

抜群の耐候性

促進耐候試験4000時間、実時間20年相当を突破

多くのお客様に選ばれています
オートンイクシードを利用した施工事例一覧の飾りイメージ
オートンイクシードを利用した施工事例一覧
オートンイクシードを利用した施工事例一の飾りイメージ

その他の施工事例一覧

オートンイクシードで塗り替えたブログ一覧の飾りイメージ
オートンイクシードに関するブログ一覧
オートンイクシードで塗り替えたブログ一覧の飾りイメージ

袖ヶ浦市|家屋の気密性を保つシーリング材、オートンイクシード15+

さて今日も袖ヶ浦市の屋根塗装・外壁塗装現場の様子をお伝えしてみたいと思います。 前回は高圧洗浄、屋根塗装工事(下塗り)までUPしてみました。 今日はシーリング(コーキング)充填の様子を見てみましょう。 過去の点検時からのブログは下記一覧にございますのでご覧くださいませ。   シーリング(...続きを読む

足立区の外壁塗装工事、サイディングの浮き処理とオートンイクシード15+充填

晴天!とまではいかないもののぼちぼちの天候に恵まれて足立区のお客様の外壁塗装工事もなんとか起動に乗り出した感じです。洗浄の際は雨でよかったもののその後も安定しない天候のせいで工程表より若干遅れが出ています。台風は本州方面には来なさそうですので今後の天候に期待をしつつ遅れを取り戻して生きたいと思います...続きを読む

八千代市|UVプロテクトクリアーによる外壁塗装とオートンイクシード15+でシーリング打ち替え

一段と寒くなり霜が降りる季節になってきましたね。 朝露が多い時期は塗装作業が遅れがちになりますが、八千代市で行っている外壁塗装は現在順調に進んでおります。     サイディング外壁は日本ペイントのUVプロテクトクリアーで施工いたしました。 名前の通りクリアー、透明な塗料で本当に塗られているのかと不安...続きを読む

ずっと柔らかいシーリング材、オートンイクシード15+

年が明けてからもずっと暖かい毎日でしたが、都内では初雪が観測されたとか。 やっとこの時期らしい寒さを体感しております。周囲では体調を壊している方も多いですので、体調管理に努めていきたいところです。   さて、本日はシーリング材について簡単にご説明いたします。 最近、スタッフが撮影してきましたお客様宅...続きを読む

木更津市のT様邸は高耐候コーキングのオートンイクシードで施工

木更津市で行っているT様邸の外壁塗装工事のご報告です。 トヨタホームさんで建てたお住まい、外壁の目地は専用の定形シール(ガスケット)が入っています。 この部分は状況によってはその上からコーキング処理をします。 完全に塞ぐと危険な部位もあるので注意して施工をします。 今回は高耐候性のコーキング剤「オー...続きを読む

千葉市の外壁塗装工事で目地に使っているのはオートンイクシード15+です

外壁塗装工事で必ずといっていいほど行うものはサイディングの外壁なら目地のコーキングの打ち替えです。現在行っております千葉市の外壁塗装工事でももちろん目地の打ち替え工事をしておりますが、そこで使用している材料のご紹介をさせて頂きたいと思います。それはオート化学工業㈱のオートンイクシード15+という超高...続きを読む

エラストコートの飾り画像

外壁塗装にあたって、シーリング材とはどのような役割があるのでしょう?

これまで見てきたようにオートンイクシード15+は耐候性、耐久性、耐ムーブメント力(弾性と伸び率)において理想的なシーリング材です。この他に優れたシーリング材の条件として非破壊性が求められます。非破壊性とは文字通り、ものが壊れない・破壊されないという意味で接着破壊(凝集破壊)被害が起こらないようにバランスの良い高性能さが求められます。外壁の強度とシーリング剤の接着力と強度の釣り合いが取れないと以下のようなことが考えられます

外壁の強度とシーリング剤の接着力と強度の釣り合いが取れない場合の症状

■ 外壁の強度<シーリング材の接着力とシーリング材の強度と伸び率(張力)

外壁の強度よりもシーリング材の接着力が強く、シーリング材の伸び率が悪い場合、外壁が破壊される可能性がある。

■ 外壁の強度<シーリング材の接着力とシーリング材の強度と伸び率(張力)

外壁の強度とシーリング材の伸び率(張力)がシーリング材の接着力より勝っている場合、接着面から剥がれてしまう可能性がある。

■ 外壁の強度<シーリング材の接着力とシーリング材の強度と伸び率(張力)

外壁の強度よりもシーリング材の接着力が強く、シーリング材の伸び率が悪い場合、外壁が破壊される可能性がある。

普通の場合、シーリング材の劣化でサイディングボードとの接着面から剥がれてしまうことがほとんどです。剥がれた面からサイディングボードへ雨水が染み込み、乾燥や凍結を繰り返すとその部分が弱くなっていきます。すると、今度はサイディングボードの強度が低下しているので、ひびが入りやすくなます。オートンイクシード15+は接着力も高く、耐久性も高いのでこういった雨水の染み込みの心配もありません。

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の動画一覧
目指せ!新設No.1
求人情報

塗料の種類と特徴

傷付き、肉痩せしたスレートをよみがえらせます

ページの先頭へ戻る