現場ブログ

屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいております 屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいております

 大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

木更津市|玄関ポーチから雨漏れが生じ、確認補修工事

点検風景

木更津市のお客様は玄関に屋根付きのポーチが設置してありました、屋根にあたる部分はFRP工法にて施工してありましたが、点検にお伺えして見た所、FRP部分に破損して在る部分がありました、バルコニーとは違い人があるける場所でもないのですが、破損して剥がれています、雨水が直接当たる所ですので、下の天井部分に侵入していることは、間違えありません。

証拠に床部分のたわみがあり、ベニヤが腐食している模様です。

雨漏れの原因

お客様のお住みになっている、建物は大手のメーカー住宅にて2×4住宅でした。根太が大きく、桟に直接板状のものを貼り付けているため、一部分に開口しても広範囲の点検は出来ないため、ピンポイントにて開口いたします。丁度破損していた床面の真下に開口口を開けてみた所、いまだにベニヤには水滴が溜まっていました。上部ベニヤは真っ黒に変色してカビが発生していました。雨水の侵入口が解り状況が解りましたので、補修しなくてはいけない工事が確実になりました。2×4構造の建物は桟に対してブロックごとに遮断されているため、雨漏れなどが解らない場合は隣のブロックと開口をそのつど開け確認をする必要があります。

補修工事下地

今回の開口を開けて穴を開けてしまった部分を塞ぐために重ね張りにて、補修工事を致します。使用した資材はニチハ製のケイカル板5.5ミリにて補修いたしました。既存天井に直接ボンドと釘を併用し貼り付け致しました。ケイカル板は仕上げ材ではないため、取り付け後に表面上に塗料にて保護膜を付けます。元々水分には比較的に強い資材ですが、軽カルシウム材を圧縮したものですので、水分を吸い込んでしまう性質があり変色してしまう可能性を防ぐ効果が塗料塗装により期待できます。

肝心のFRPでしたが穴を塞ぐことは好ましくないため、下地を貼り付け上部に新規にFRP工法により仕上げます。一度設置してしまったFRPは外すことは困難なため、重ねて設置する必要がありますが、FRP同士直接重ねて設置してしまうと必ず剥がれてしまうため、下地を中間に設置いたします。今回はベニヤを設置し平らな面を作り表面に仕上げの新規FRPを設置し雨漏れを完全に塞ぎます。

ご相談はフリーダイヤル0120-948-349にてお待ちしています。

防水工事のブログ一覧

2018年7月27日  船橋市!アパートの屋根外壁塗装!藤色の優しい外壁色に!

    今日は船橋市にあるアパートの屋根外壁塗装工事が完工いたしましたので、屋根外壁塗装前、カラーシミュレーション、屋根外壁塗装後の比較をしてみたいと思います。外壁の色のご要望として「藤色」というキーワードをいただき、日塗工の色見本帳の中から選ばせて頂きました。 ...続きを読む

木更津市|玄関ポーチから雨漏れが生じ、確認補修工事

2017年11月17日  横浜市港北区|お客様のご要望に添ってカラーシミュレーション

    今日は横浜市港北区にお住いのお客様よりベランダの下部分にシミのようなものがあるので点検をお願いしたいとのご依頼をいただき、早速ご点検へお伺いしてまいりました。数あるサイトの中からお問い合わせをいただきまして誠に有難うございます。築15年という年数からメンテナンス時期ということがわかります。お家メンテナンス時期の目安として10年と言われておりますが、だいたい10年前後くらいになりましたら一度お家の点検を依頼し ...続きを読む

防水工事の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る