現場ブログ

千葉市若葉区千城台へ屋根塗り替え前の調査へ伺いました

千葉市若葉区千城台へ屋根塗り替え前の調査へ伺いました。築15年が経過しているとのことで屋根の状態を確認してもらいたいとのご依頼です。昨今は台風や地震の規模も以前に比べ大きくなってきている気がします。事前にメンテナンス・修復をすることで安心も得られるのではないでしょうか。

築15年の屋根、塗膜の劣化が進行しています

屋根 劣化 屋根塗装
屋根塗装前点検
屋根 塗膜の劣化

今はとても主流になっているスレート屋根。形あるものは時間の経過とともにどうしても劣化をしていきます。劣化の症状として、色褪せ・汚れ・苔や藻・カビの発生割れ・反り・腐食などの症状が起ります。
お客様宅の屋根も例外ではございません。降雨後、なかなか水捌けが悪いということは塗膜の効果が失われている証拠です。屋根面と屋根面のつなぎの「谷」部分などは雨水が流れる排水機能を持つため、劣化を放置しますと雨漏りに繋がる部位でもあるので要注意です。

降雨後、雨水が留まり続けてしまう苔や藻、カビの発生

屋根 苔や藻の発生v
屋根 カビ

続いて気になるのが苔・藻・カビの発生です。降雨後は水分を含んでいる状態なので、私たちスタッフも屋根の上を歩くときは細心の注意を払って点検を進めていきます。
屋根塗料には防水機能があります。その機能が失われてくると上記のように苔・藻・カビが発生してきます。もちろん美観を保つためでもあるのですが、建物というのは24時間365日外気に触れていますので、防水機能が失われている状態というのは劣化の速度を速めてしまうことにもなるのです。
バイオ洗浄をしたり、防藻・防カビ機能がプラスされた塗料を選ぶなど、10年に一度という塗装のタイミングなのですから、予防できる塗料を選ぶことも大切です。

街の外壁塗装やさんは、これまで多くの屋根に上り調査をしてまいりました。似たような事例はあっても状態は様々です。しっかりと屋根の状態を確認させていただき、必要な塗料のご提案をさせていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

屋根塗装のブログ一覧

富津市西大和田で外壁にコケが生えてしまうとの事で、調査致しました

2019年9月5日  四街道市鹿放ケ丘で乾式コンクリート瓦屋根の塗装色はシャインレッドで

    四街道市鹿放ケ丘で施工した屋根塗装の様子をご覧いただきます。お客様宅の屋根は乾式のセメント瓦で、メーカーによって呼び方が異なると思いますが、パラマウント瓦と呼ばれるものだと思います。 パラマウント瓦の劣化 ...続きを読む

屋根塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る