現場ブログ

木更津塩見で台風15号の影響で倉庫の明かり取り外壁が飛散してしまった

台風15号の影響

倉庫の被害
強風による被害

木更津市塩見で会社倉庫の外壁が飛散してしまいました。今回の台風15号の影響が多大な影響が出ている台風だったのですが、千葉県でも内房エリアに被害が集中しています。木更津も屋根や外壁に多くの被害が出ている中で、お客様が所有している倉庫も例外ではなかったのです。

外壁は金属の外壁で損害は少なかったのですが、倉庫の上部に設置して在った、明かりを取り入れるポリカカーボネイトが、数多く強風で飛散してしまいました。

飛散したポリカカーボネイト

飛散した明かり窓

上部に設置してあり、明かり窓として遮光を取り入れるポリカ製の物となっています。工場や倉庫と言った大きな施設でよく見かける物です。防犯上高い位置に設置して在るものと遮光を昼間の間取り入れる為に数多く設置して在ったのですが、強風に耐えきれず、飛散してしまいました。外壁同様ボルトなどでしっかりと止めてあり、耐候年数も比較的に高いものとなっていましたが、今回の台風の規模が大きすぎて飛散してしまいました。

金属外壁
損害拡張

台風が去ったあと、被害の大きさがどれ程かなど目視で解ることが出来ればよいのですが、、大きくて目視では確認しきれない場合もあるため、徐々に被害の全貌が出て来てしまいます。早い段階で施設の点検が必要ですので、専門業者に点検してもらう事が先決です。(点検などのことは、こちらまで)

その他のブログ一覧

2019年11月18日  木更津市請西にて軒ゼロ住宅で外壁からの雨漏り発生

    現在、築11年。築10年になる前からの外壁からの雨漏りがはじまったという木更津市請西のお客様です。雨漏りが起こるのは決まって南風の雨天の日で、1階と2階の窓枠から浸水してくるそうです。ハウ ...続きを読む

その他の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る