現場ブログ

袖ケ浦市のぞみ野で、台風の影響で戸袋が破壊しました

台風15号の影響

雨戸の破損
破損した残骸

袖ケ浦市のぞみ野で、台風15号の影響で南東側の雨戸が破損してしまったお客様が、雨戸を開ける事ができずお困りになっていました。雨樋は普段戸袋に収容するものですが、収容すると戸袋が破損してしまっているので落下の危険性があります。木製の戸袋は接ぎ木で編み込まれているものでしたが、古くなり劣化が進行してしまっている所に、台風の大風が非常に強く当たり、耐えられない状態になってしまいました。(災害などの点検はこちらまで)

雨戸戸袋の破損

戸袋破損により開けられない雨戸

木製の雨戸でしたが塗装もされておりメンテナンスをしていたのですが、台風15号の強風に耐えきれることが出来ず、倒壊してしまいました。当時は現在の様な雨戸一体型の冊子は少なく、木製の雨戸が多く使用されていましたが、雨戸は外部の物ですので、雨風が一番当たってしまう物です。特に雨が当たり濡れたまま雨戸をそのまま戸袋に収納することも数多くあり、元々劣化しやすい状況ではあります。長年使用していると木材は削れて傷んだりもしますので、アルミ製に交換することをお勧めいたします。

戸袋の表面板を鏡板と言いますが、基本的に鏡板を設置するときに雨戸を取り付け、鏡板で塞ぎます。破損していると内部の外壁は防水がされていない事が多くあります。雨戸をあけても閉めても、雨風が吹き込まない為、内部はしっそに作られている事がありまして、今回の様に破損すると雨漏れが生じる事が多くありますので、注意が必要になります。

強風の恐ろしさ

門柱の破損
破損寸前の戸袋

今回の台風15号は今までにない、強風でしたので住宅のあらゆる場所が破損してしまっています。例年の台風ではあまり修理依頼が少ない、門柱やフェンスなども倒れてしまったりすることが多く、いかに大きな風が生じたかが解ります。

その他のブログ一覧

その他の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る