現場ブログ

実はイマイチわからない単語「破風・鼻隠し」って?


知らない用語を学ぶ

屋根塗装の用語でよく目にする、“破風鼻隠し”って一体どこのことを指しているのでしょうか?こういったことを知っておくと、お見積を見比べる際にも役立ちますし、知らない部分の塗装をされてる不安がなくなりますよ。

破風・鼻隠しを学ぶ

図にしてみるとこんな感じです。破風(板)は屋根の妻側に山形に付いている先端の部材、鼻隠しは雨樋(あまどい)が取り付けられている軒先側の横板状の部材のことを指します。素材としては同じですが、用途によって呼び方が変わるのですね。ちなみに四方向に傾斜がある寄棟屋根には破風はなく、すべて鼻隠しで構成されています。

破風の役割

寺院や城などの伝統的な建物には、彫刻を施したものや風合いのある木目の板を使用し、装飾的な役割をも果たしていましたが、現在では外壁と同じ色を使用したシンプルなものが多く、「風を破る」と書く破風は、雨や風が屋根の中へ進入するのを防ぎます。また、火の手が屋根裏に入らないように防火としての役割をも果たしています。

鼻隠しの役割

鼻隠しは屋根の垂木を隠す役割を果たしています。垂木の先端は建築用語で”鼻先”と呼ばれ、そこを隠す部材として”鼻隠し”と呼ばれています。語源はここから来ているんですね。基本的な役割としては破風と大差はありませんが、鼻隠しの特徴としては、雨樋の下地としての役割もあることです。構造上、破風には雨樋は取り付けられませんからね。

破風・鼻隠しともに昔は木製や、外壁と併せてモルタル製が多かったのですが、今は外壁と同じガルバリウム鋼板や窯業系のものが多いです。いずれにしても外壁同様、年中外に晒されている部材ですので雨風等の影響を多く受けています。なので外壁塗装や屋根塗装を依頼した際、一緒にメンテナンスをお勧めすることが多いのです。

人気のブログ一覧

2018年4月23日  ご要望の多い色!色サンプルと完工写真の比較(ND-111)

    今日は外壁塗装の際にご要望の多い色のND-111をご紹介してみたいと思います。実際に弊社でもND-111を使って塗装をしたお客様がいらっしゃいますので、塗装事例を見ていただきたいと思います。 ...続きを読む

ご要望の多い色!色サンプルと完工写真の比較(ND-111)

2018年4月20日  カラーシミュレーションと完工写真の比較(外壁塗装の色・ND-372とND-375)

    今日は君津市のお住いのお客様宅の屋根外壁塗装が完工したということですので、カラーシミュレーションと完工写真の比較をしてみたいと思います。塗装前にいくつかカラーシミュレーションを作成し、塗装後のイメージを膨らませていただきました。どんな仕上がりになっているのか楽しみです!早速ご覧くださいませ。 屋根外 ...続きを読む

カラーシミュレーションと完工写真の比較(外壁塗装の色・ND-372とND-375)

2018年4月19日  屋根塗装の色はサーモアイ4Fのクールニューワインで

    今日は市原市にお住いのお客様宅の屋根塗装が完工いたしましたのでご覧いただきたいと思います。屋根材が破損していたり、劣化が進行していても見落としてしまいがちな屋根の状態。そして紫外線や太陽熱・雨風の影響を直接受ける場所が屋根でもあります。お客様の屋根の状態はいかがでしょう?ご覧くださいませ。 屋根塗装 ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る