ホーム

街の外壁塗装やさんとは

施工の流れ

施工事例

料金プラン

対応エリア

お問い合わせ

お客様の声 お客様の声

施工事例 施工事例

現場ブログ 現場ブログ

知って得する
塗装工事の豆知識
知って得する塗装工事の豆知識

塗装工事の知識

なぜ塗装工事が必要なのか

塗装工事のポイント

お住まいが教えてくれる
塗り替えのサイン

外壁塗装の全工程

お住まいの各部位の名前

外壁塗装に最適な季節は
いつ?

塗装で暑さ対策・虫対策
夏を快適に過ごす

外壁塗装の寿命を示す
「チョーキング」サイン

外壁クラックの原因と
メンテナンス方法

塗装の仕上がりをより美しく
長持ちさせるケレン作業

外壁塗装でできること
できないこと

屋根塗装と外壁塗装は別物
屋根塗装トラブル事例

外壁塗装で気を付けたい
ポイント

破風板・鼻隠し・ケラバの
解説と補修方法

軒天の重要な役割と
塗装・補修の方法

天窓・屋根
メンテナンスのご紹介

外壁の腐食を防ぐ
笠木の役割とメンテナンス方法

外壁塗装時に検討したい
雨樋の塗装・交換・補修

屋根塗装時に設置したい
雪止めの役割と効果・種類

雨樋の破損を防ぐ
落ち葉除けネット

スレート屋根の塗り替え
正しい塗装で寿命を延ばす

屋根塗装が原因の雨漏り
タスペーサーで防げます

狭小地や住宅密集地の
外壁塗装もお任せください!

トタン外壁や屋根の
メンテナンス

瓦屋根のメンテナンスと
塗装時の注意点

セメント瓦・モニエル瓦
最適なメンテナンス方法

鉄部への塗装で錆を抑え
お住まいを長く綺麗に

棟板金補修と屋根塗装で
雨漏りや飛散を防ぐ

ベランダ・バルコニー屋根
の種類やお役立ち情報

ベランダなどに最適!
FRP防水の特徴と施工方法

屋根裏換気に欠かせない
換気棟の役割と仕組み

塩害を受けやすい住宅と
錆防止の塗装メンテナンス

塗料は【半製品】
塗料の乾燥時間について

コーキングとシーリング
の違い

軽量で高断熱のALCへの
外壁塗装

外壁と屋根の面積の求め方

外壁断面図

外壁塗装で気を付けたい
外壁材と塗料の相性

インフォメーション

・会社概要

・スタッフ紹介

・プライバシーポリシー

・サイトマップ

外壁塗装はローラー塗りと吹き付け塗装、どれを選ぶのが正解なのか

メリットとデメリットを知った上で最適な工法を選びましょう!ローラー塗装と吹き付け塗装
 外壁塗装を行う上で、ローラーによる塗り替え、機械を使った吹き付け塗装、そして刷毛を使った塗装があるのは皆様、ご存知だと思います。これらのうち、「どれが最適な塗装方法なのか」、「一番、長持ちする塗り替えの工法はどれなのか」という疑問をお持ちの方も多いと思います。
 巷では『塗料を厚く塗れるローラー塗装で外壁塗装した方がそれだけ長持ちしますよ』という業者もいれば、『均一に塗れる吹付け塗装が安心ですよ』という業者もいます。両方とも最もらしい言い分なので、どちらが本当なのか判断がつきませんよね。
 実はそれぞれにメリットとデメリットがあり、正しい施工方法で行えば差はほとんどありません。ただ、それぞれ得意分野があり、外壁材やご自分が望む意匠性や模様などで最適な塗装方法は変わっていきます。


現在の外壁塗装はローラーを使った塗り替えがメイン

 これまで外壁塗装をしたことがなく、ただいま検討中という方も数度くらいは塗装工事の現場を見たことがあると思います。ご近所で戸建ての塗り替えを見たことがあるという方もいれば、街中で比較的大規模なビルなどの建物の工事を見たことがあるという方もいるでしょう。

 外壁塗装には主な工法としてローラーに塗料を含ませて塗るローラー塗り、機械を使って塗料を粒子状にして飛ばして外壁に吹き付ける吹き付け塗装、そして手の入りにくい細かい部分を塗る刷毛塗りがあります。
ローラー塗装の様子

 これらのうち、現在の外壁塗装では多くがローラー塗りで行われています。次に行われているのが吹き付け塗装です。刷毛塗りはローラーや吹き付けで塗ることが難しい部分を塗るために行われるもので、ローラーや吹き付けと併用されることがほとんどです。

現在の外壁塗装では多くがローラー塗り
次に多いのが吹き付け塗装
ローラーや吹き付けでは難しい部分を塗る刷毛塗り

 まずはローラーと吹き付けの塗装方法の違いとその特徴、メリット・デメリットなどを知っておきましょう。



外壁塗装は使う道具によって塗り替え方は3つに分けられる

 外壁塗装に限らず、塗装の方法はローラー、機械による吹き付け、刷毛と使う道具によって3つに分けられます。一概にどの塗装方法が優れているというわけではなく、外壁材や建物の立地や環境、塗る部位に応じて使う道具を選択し、適材適所で仕上げていきます。
「ローラー」「機械による吹き付け」「刷毛」

ローラーを使った塗装とその特徴

 毛やスポンジ状のローラーに塗料を含ませて、塗っていく方法です。吹き付け塗装とは違い、塗料の飛散がしにくいため、近隣との距離が近い現在の住宅事情とマッチしたので、普及したとも言われています。ローラー塗りと刷毛塗りは吹き付け塗装とは違い、道具を使って直接、塗っていくため、手塗りとも呼ばれています。ローラー塗りは面積が広い外壁や屋根を塗る場合でも比較的、スピーディに塗装できることも特徴です。
ローラーを使った塗装
ローラー塗りの特徴とメリット
1.風などの影響で
 塗料が飛散することが少ないので
 塗料を無駄にすることが少ない
2.ローラーなどの道具が扱いやすく
 塗りやすい
3.(他の塗装方法に較べると)
 厚く塗りやすい
ローラー塗りのデメリット
1.塗装する場所や部材によって
 さまざまなローラーが必要
2.吹き付け塗装よりも作業時間が多くなる
3.塗りやすいといっても
 ある程度の技術は必要

吹き付け(機械)による塗装とその特徴

 機械によって空気の力を利用したり、塗料を直接加圧して、粒子状にして塗る部分に吹き付ける方法です。現在のようにローラー塗りが主流になる一昔前は吹き付け塗装が一般的でした。最大のメリットは外壁にさまざまな模様がつけられることと、その作業スピードです。ローラー塗りの数倍早く塗装できると言われており、今でも大規模な建物の塗り替えでは吹き付け塗装が選ばれることもあります。
吹き付け(機械)による塗装
吹き付け塗装の特徴とメリット
1.外壁にさまざまな模様がつけられる
2.作業スピードが圧倒的に早い
吹き付け塗装のデメリット
1.塗料を粒子にして飛ばすため
 飛び散りやすく、それだけ無駄も多くなる
 20%程度の無駄が出るとも言われている
2.風に流されやすく
 天候によって作業できる日が限られる
 建物が密集している地域では使いずらい
 養生の手間もそれだけ多くなる
3.塗装時に機械の騒音が問題となることも
 ある

刷毛塗りによる塗装とその特徴

 小さな刷毛を使って塗装していく方法です。ローラーや吹き付けに較べて小回りが効きますので、狭い場所の塗装に向いてします。逆に広い場所の塗装には向いていません。また、ローラーや吹き付けよりも経験と技量に左右される工法なので、仕上がりに差が出やすいと言えるでしょう。それこそ昔は刷毛だけで建物を塗っていたのですから、その頃を知る方々には本当に頭が下がります。
刷毛塗りによる塗装
刷毛塗りの特徴とメリット
1.狭い場所の塗装に最適
2.タッチアップなどの部分的な補修にも
 向いている
刷毛塗りのデメリット
1.面積の広い部分の塗装には
 向いていないし、時間もかかる
2.仕上がりが職人の技量に
 大きく左右される
ローラー塗装と吹き付け塗装、どちらが優秀なのか
 同じ外壁塗装をするなら、仕上がりが綺麗で、なおかつ長持ちする方法で塗ってもらいたいですよね。世の中にはさまざまな業者がおり、「ローラー塗りの厚い塗膜で耐久性に富んだ外壁塗装を実現」というところもあれば、「吹き付け塗装で均一の塗膜による綺麗な仕上がりで次の塗り替えまでの期間を長く」というところもあります。実はどちらの説明も理にかなっているのです。

 結論を言いますと、施工手順をしっかりと守って塗装するならば、ローラーによる塗装でも、吹き付けによる塗装でも差はほぼありません。
仕上がりや耐用年数などほぼ差はありません
 それよりも、塗料の希釈率を守る、乾燥時間を厳守するなどの施工に関しての品質が高い業者選びに注力すべきなのです。それではその理由を順番に見ていきましょう。
塗料の希釈率や乾燥時間を守るなど施工品質が高い業者選びが大切です!


塗膜が厚過ぎると逆に不具合が発生する可能性もある

 外壁塗装でも、屋根塗装でも、その他の部分の塗装でも、そもそも塗料というのは単位面積当たりの塗布量が決められています。それより少ないのはもちろんのこと、多くても問題が発生する可能性があるのです。
塗料の塗布量が規定量より少ないのはもちろんのこと、多くても不具合が発生してしまう可能性があります
塗料は本来の力を発揮できず剥がれなどの問題が発生することもありえます
 塗料を多く塗った場合、その乾燥に不安が残ります。表面は完全に乾いているように見えても、その中は生渇きになっている状態です。また、重力に耐え切れず垂れたり、流れ出すこともあるでしょう。このような施工をされますと、後に塗膜が剥がれてくることもありえます。
 ちなみにメーカーが推奨するパーフェクトトップの塗布量は1回あたり)0.11~0.17kg/㎡です。

ニッペ・パーフェクトトップの規定塗布量

ニッペ・パーフェクトトップに記載された規定塗布量

※ニッペ パーフェクトトップカタログ.pdfより引用



吹付け塗装で均一に塗れるかどうかは業者の技量次第

 DIYでテーブルや椅子などちょっとした家具を塗装した経験がある方もおられるのではないでしょうか。刷毛やローラーで塗ったという方もいれば、スプレーを使用したという方もおられるでしょうし、両方を経験したことがあるという方もおられると思います。

 スプレーで塗った方、どうしてスプレーを選んだのでしょうか。両方を経験した方、どちらが綺麗に塗れたでしょうか。
スプレー缶イラスト
 おそらく、スプレーを選んだ方はネットやお店の方から「スプレーの方が綺麗に仕上がりますよ」とアドバイスを受けたのだと思います。両方を経験した方もスプレーの方が綺麗に塗れたと思います。

 さまざまな点でスプレー塗料と吹き付け塗装は違いますが、塗料を粒子状にして飛ばすという原理は一緒なので、ここでは同一にお考えください。実は物を均一に塗るなら、その範囲内へほぼ均一に塗料を飛ばせるスプレー塗料や吹き付け塗装が圧倒的に有利なのです。
職人の高い技術力が必要です
 均一に塗料を飛ばせる範囲はスプレー塗料や吹き付け塗装でも限られます。テーブルや椅子などは外壁や屋根に較べると面積も少なく、均一に塗料を飛ばせる範囲よりも大きくても少しスプレー塗料を移動すれば、ほぼ均一に塗れます。
 しかし、外壁や屋根の場合、面積も大きく、移動量も大きくなります。一定のスピードで動かさないと塗料の濃淡や塗りムラができてしまい、均一の塗膜には仕上がらないのです。  ちなみにあるハウスメーカーでは新築時に仕上げ塗りの外壁塗装の1回だけ行うのですが、手元にはメトロノームがセットされ、刻むタイミング合わせて吹き付けガン(手で持つ塗料が噴射される装置)を往復させるよう訓練されています。

塗料は半製品なので信頼できる業者を選びましょう

 現在では立地や環境面から、ローラー塗装を選ぶことが多くなるでしょう。どのような塗装をするにしろ、まずは信頼できる業者を選ぶことです。
職人に塗装の完成度を依存している半製品の塗料
希釈率
規定回数の塗り
乾燥時間
希釈率・規定回数の塗り・乾燥時間を守ってはじめて完成品となります!
 外壁塗装や屋根塗装においてよく塗料は半製品と言われます。これは塗装されて乾燥するまでは防水性や美観といった塗料に求められる機能を発揮できないからです。外壁塗装や屋根塗装をするなら、半製品を完全な完成品にしてくれる業者を選びたいものです。


 「そういった業者はどうやって探したらいいの」とお思いの方もおられるでしょうが、そういった業者は点検の時から真剣さが違います。

 外壁塗装前の建物の点検にしても5分足らずで終えてしまう業者と30分以上かける業者もいます。外壁塗装するための建物の大きさを調べるだけなら5分程度で済むかもしれません。
 建物の細部に渡って調査し、その悪いところや問題ないところをデジカメで撮影するとなると、どうしても30分以上は必要になります。その後、撮影した画像を下に、メンテナンスが必要なところとそうでないところをしっかりと説明してくれる業者、どちらが信用できるでしょうか。

 また、こちらが疑問に思ったことに対してしっかりと返答してくれる業者と一方的にお勧めの工事しか言わない業者も存在します。
点検時の対応からも優良業者を判断することができます!
信頼できる優良業者
信頼できない業者
 今後のことを考えても、お家全体のことを把握しておいた方がいいのは間違いありません。大切なお家のことですから、緊急でない場合以外はじっくりと充分に時間をかけてご家族同士でお話し合いをする必要があります。

 まずは街の外壁塗装やさんの無料点検をお試しください。その上で、さまざまなことをご相談くだされば幸いです。
街の外壁塗装やさんの無料点検をお試しください!


実際に見てみましょう!
ローラー塗装や吹き付け塗装、こんな仕上げ方もできます

 ローラー塗装と吹き付け塗装の性能の違いはほぼありません。
 最大の違いは「ローラー塗装は毛が長いローラーと短いものを使い分けて、窯業系サイディングの意匠性を活かした塗り分けができる」、「吹き付け塗装はモルタル外壁に骨材(外壁の模様となる砂や細粒石)やタイル吹きでさまざまな模様を描ける」ということです。もちろん、吹き付け塗装で窯業系サイディングをモルタルのようにすることも可能です。
 まずはご自分が行いたいという外壁塗装をご相談ください。

レンガ調の窯業系サイディング、目地を残した多色塗装

意匠性が高い窯業系サイディングはデザインを活かしたクリア塗装が一般的ですが塗り替えで多色にすることも可能です!
 意匠性が高い窯業系サイディングというと新築後10年以内、外壁の傷みが少ないうちにクリア塗装をしてそのデザインを活かすのが一般的です。クリア塗装はシーラーなどの密着性を上げる下塗り材を使わないために環境や立地にもよりますが、10年以上の年月が経つと厳しくなります。

 しかし、クリア塗装でなくてもその意匠性を回復させることは可能です。意匠性があるサイディングで単色という場合にも、塗り替えで多色に塗ることが可能です。
意匠性が高いサイディング外壁
高圧洗浄の様子
 こちらのお家、凹凸のある意匠性が高いサイディングが使われていますが、単色です。養生と高圧洗浄を行ったうえで、多色の外壁にイメージチェンジを行います。
下塗りの様子
下塗りの様子
 まずは下塗りを進めていきます。中塗り、上塗りにナノコンポジットWを使用するので、その専用下塗り材、ナノコンポジットシーラーを塗布していきます。
 これで下塗りが完了しましたが、工事途中なので単にシーラーで外壁が白くなっただけに見えません。
中塗り、上塗り
中塗り、上塗り
 次に中塗り、上塗りと普通に外壁塗装を進めていきます。外壁がシックなダークブラウンとなりました。通常であれば、この工程で外壁塗装は完了です。レンガ調の意匠だった外壁、まだ目地も石材の部分も単色です。しかし、ここから多色にして意匠性を高めます。
 まず、目地の色となるのが現在の外壁の色、シックなダークブラウンです。
短毛ローラーで色をつける様子
 ここで短毛のローラーの出番です。こちらに石材の色となるホワイトをつけて塗っていくと… ローラーの毛が短いので凹んだ目地の部分までは届かず、色がつかないのです。
ホワイトを塗った様子
 もちろん、塗料をつけすぎると目地の部分にも届いてしまいますから、ローラーに塗料をつけて不要な塗料は塗料が入った容器に設置されたネットでしごいて落とします。慎重に塗りを2回重ねて、完成です。
完工後の写真
 どうです、塗り替え前と色が変わった上に意匠性が高く、おしゃれな外壁に仕上がりました。


クラック補修で消えてしまったモルタル外壁の
タイル仕上げ模様を吹き付け塗装で復活

 現在、吹き付け塗装というと主に新築時のモルタル外壁の塗装で、骨材と塗料を混ぜたものを吹いて外壁をリシンやスタッコといったざらざらな模様にします。
 ざらざらを好まないという人には吹き付けタイル仕上げ(ボンタイル仕上げ)というものもあり、こちらは一つ一つの凹凸が丸みを帯びているのが特徴です。
リシン
スタッコ
タイル仕上げ(ボンタイル仕上げ)
 タイル仕上げは何もタイルを使うのではなく、吹き付け用の機械がタイルガンと呼ばれることから、そう呼ばれるようになったそうです。このタイル仕上げには凸凹の粒を大きくする大粒や表面を押さえて平らにしたものが抑え仕上げなどがあります。
吹き付け用の機械で骨材を使用して模様を付ける塗装
 新築後の一般的な外壁塗装ではクラックなどの補修部分に模様付けのため、骨材を吹くことはありますが、そういったことをせず、そのまま塗装してしまうこともほとんどです。もちろん、ローラーで塗っても、骨材の質感は消えることがなく、モルタル外壁の特徴はそのままです。

 モルタル外壁はクラックが入りやすく、そのクラックが大きなものの場合、それを補修するとリシンやスタッコ、タイル仕上げの模様が消えてしまうこともあります。再び、吹き付け塗装することで部分的に補修することも可能です。


クラック補修で消えてしまったタイル仕上げ(押さえ仕上げ)を吹き付け塗装で復活
その後にローラーでお家全体を外壁塗装

外壁のクラックの様子
外壁のクラックの様子
 下屋(1階部分の屋根)の取り付け位置からクラックが発生しており、かなり広がっていました。長さはもちろんのこと、幅も0.3mm以上あり、雨水などが浸入してくる構造クラックです。過去、雨漏りに悩んでいたということもあり、その際にシーリングで全部を埋めたそうです。どうもシーリング材は表面をなぞるように塗布されただけで、しっかり充填されているようには見えず、雨漏りが再発する可能性も高そうです。
シーリング材をはがした様子
Vカットの様子
 外壁はモルタルでタイル吹きの押さえ仕上げのようです。今回の工事で最も重要であるクラック補修を行います。これまでのシーリング材をできるだけ剥がし、隙間に樹脂モルタルの奥までしっかりと充填できるようVカットしていきます。
清掃、プライマー塗布の様子
清掃、プライマー塗布の様子
 Vカット時に出た外壁の切粉を清掃して取り除いた後、次の工程で使う樹脂モルタルの密着力を上げるため、プライマーを塗布していきます。モルタル外壁の痛々しい姿にちょっと心が打たれます。
樹脂モルタルを埋め込む様子
樹脂モルタルを埋め込む様子
 処理をしたクラックの部分に樹脂モルタルを埋め込んでいきます。これで不安を感じるようなクラックはなくなりましたが、工事前よりずっと目立たなくなりました。以前よりは雨水などが入りにくくなったでしょうが、この部分にはまだ防水性がありません。
吹き付け塗装をして模様を再生
 そのまま外壁塗装をしてしまっても防水性という意味では問題ないのですが、模様がない部分はまるでみみず腫れのように見えてしまうので、美観的によろしくありません。そこで、吹き付け塗装をして模様を再生します。
ローラーで押さえて平らにする
 タイル吹きの押さえ仕上げ(ヘッドカット仕上げ)なので、ローラーで押さえて平らにします。
吹き付け塗装後
 段々と違和感がなくなってきたのが分かるのではないでしょうか。
ローラー塗装
 通常の工程の外壁塗装と同じようにここからは下塗り、中塗り、上塗りと仕上げていきます。ここからはローラー塗装です。
完工後の画像
 ちょうど、同じ角度から撮った画像があるので、較べてみてください。クラックを補修したとは思えない仕上がりにっています。

 まさに適材適所、街の外壁塗装やさんは吹き付け塗装とローラー塗装を組み合わせて仕上げるという方法も実施しています。
 モルタル外壁のクラックにお悩みの方、ご相談ください。


外壁塗装のローラー塗りと吹き付け塗装のまとめ
  • 外壁塗装の工法は
    ローラーを使った塗装、機械による吹き付け塗装、刷毛を使った塗装に割られます
  • 現在はローラー塗装が主流です
  • ローラー塗装と吹き付け塗装に性能差はありません
  • 塗膜が厚いことによる不具合もあります
  • 熟練の業者でない場合、
    吹き付け塗装で広い面積を塗ると塗膜が均一でないこともあります
  • 塗料は塗る工程によってその後の耐用年数が左右されますので、
    信頼できる業者を選びましょう
  • ローラー塗装で意匠性をあげたり、回復させる塗り替えも可能です
  • 吹き付け塗装ではかつての模様を回復した上で外壁塗装することも可能です

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
後悔しない!
塗装・カラーリングの
選び方
後悔しない!塗装・カラーリングの選び方
お住まい以外もお任せください!
外壁塗装はどこに依頼したらいい?
塗装工事をお考えの方が
知っておきたいこと
塗装工事をお考えの方が知っておきたいこと

3階建ての外壁塗装は高い?
知るべき3つの真実

外壁の塗り替えと張り替え、
カバー工法どれがお得?

外壁材の種類の確実な見分け方

2回目以降の外壁塗装の注意点

塗装箇所で違う?
塗料の特徴と耐用年数

塗装のキーポイント
下塗りの役割と種類

金属塗装の下塗り塗料
プライマーをご紹介

外壁塗装を長持ちさせたい!
耐用年数20年超の無機塗料

外壁塗装や屋根塗装に
メーカーの施工保証がない理由

不動産オーナー様必見!
塗装工事で節税できます

外壁塗装で仮設した足場
さまざまな工事に有効活用

外壁塗装業者の
こんな営業トークには要注意!

危険?住まいの外壁を悪くする
間違いだらけのDIY

塗装が難しい外壁や屋根が
あるってご存じですか?

窯業系サイディングの
ひび、割れの予防と補修

塗料は艶有り・艶なし
どちらを選ぶのが正解?

メンテナンスフリー?
外壁タイルお手入れ方法

和風住宅外壁塗装のポイント

ジョリパットを
外壁塗装で綺麗に保つコツ

ローラー・吹き付け
塗装はどれが正解?

外壁塗装の規定塗布量と
1缶で塗れる面積

事前の台風対策で
破損や雨漏りを防ぐ

雨養生による応急処置で
被害を最小限に

外壁塗装はローラー塗りと吹き付け塗装、どれを選ぶのが正解なのか

メリットとデメリットを知った上で最適な工法を選びましょう!ローラー塗装と吹き付け塗装
 外壁塗装を行う上で、ローラーによる塗り替え、機械を使った吹き付け塗装、そして刷毛を使った塗装があるのは皆様、ご存知だと思います。これらのうち、「どれが最適な塗装方法なのか」、「一番、長持ちする塗り替えの工法はどれなのか」という疑問をお持ちの方も多いと思います。
 巷では『塗料を厚く塗れるローラー塗装で外壁塗装した方がそれだけ長持ちしますよ』という業者もいれば、『均一に塗れる吹付け塗装が安心ですよ』という業者もいます。両方とも最もらしい言い分なので、どちらが本当なのか判断がつきませんよね。
 実はそれぞれにメリットとデメリットがあり、正しい施工方法で行えば差はほとんどありません。ただ、それぞれ得意分野があり、外壁材やご自分が望む意匠性や模様などで最適な塗装方法は変わっていきます。


現在の外壁塗装はローラーを使った塗り替えがメイン

 これまで外壁塗装をしたことがなく、ただいま検討中という方も数度くらいは塗装工事の現場を見たことがあると思います。ご近所で戸建ての塗り替えを見たことがあるという方もいれば、街中で比較的大規模なビルなどの建物の工事を見たことがあるという方もいるでしょう。

 外壁塗装には主な工法としてローラーに塗料を含ませて塗るローラー塗り、機械を使って塗料を粒子状にして飛ばして外壁に吹き付ける吹き付け塗装、そして手の入りにくい細かい部分を塗る刷毛塗りがあります。
ローラー塗装の様子

 これらのうち、現在の外壁塗装では多くがローラー塗りで行われています。次に行われているのが吹き付け塗装です。刷毛塗りはローラーや吹き付けで塗ることが難しい部分を塗るために行われるもので、ローラーや吹き付けと併用されることがほとんどです。

現在の外壁塗装では多くがローラー塗り
次に多いのが吹き付け塗装
ローラーや吹き付けでは難しい部分を塗る刷毛塗り

 まずはローラーと吹き付けの塗装方法の違いとその特徴、メリット・デメリットなどを知っておきましょう。



外壁塗装は使う道具によって塗り替え方は3つに分けられる

 外壁塗装に限らず、塗装の方法はローラー、機械による吹き付け、刷毛と使う道具によって3つに分けられます。一概にどの塗装方法が優れているというわけではなく、外壁材や建物の立地や環境、塗る部位に応じて使う道具を選択し、適材適所で仕上げていきます。
「ローラー」「機械による吹き付け」「刷毛」

ローラーを使った塗装とその特徴

 毛やスポンジ状のローラーに塗料を含ませて、塗っていく方法です。吹き付け塗装とは違い、塗料の飛散がしにくいため、近隣との距離が近い現在の住宅事情とマッチしたので、普及したとも言われています。ローラー塗りと刷毛塗りは吹き付け塗装とは違い、道具を使って直接、塗っていくため、手塗りとも呼ばれています。ローラー塗りは面積が広い外壁や屋根を塗る場合でも比較的、スピーディに塗装できることも特徴です。
ローラーを使った塗装
ローラー塗りの特徴とメリット
1.風などの影響で
 塗料が飛散することが少ないので
 塗料を無駄にすることが少ない
2.ローラーなどの道具が扱いやすく
 塗りやすい
3.(他の塗装方法に較べると)
 厚く塗りやすい
ローラー塗りのデメリット
1.塗装する場所や部材によって
 さまざまなローラーが必要
2.吹き付け塗装よりも作業時間が多くなる
3.塗りやすいといっても
 ある程度の技術は必要

吹き付け(機械)による塗装とその特徴

 機械によって空気の力を利用したり、塗料を直接加圧して、粒子状にして塗る部分に吹き付ける方法です。現在のようにローラー塗りが主流になる一昔前は吹き付け塗装が一般的でした。最大のメリットは外壁にさまざまな模様がつけられることと、その作業スピードです。ローラー塗りの数倍早く塗装できると言われており、今でも大規模な建物の塗り替えでは吹き付け塗装が選ばれることもあります。
吹き付け(機械)による塗装
吹き付け塗装の特徴とメリット
1.外壁にさまざまな模様がつけられる
2.作業スピードが圧倒的に早い
吹き付け塗装のデメリット
1.塗料を粒子にして飛ばすため
 飛び散りやすく、それだけ無駄も多くなる
 20%程度の無駄が出るとも言われている
2.風に流されやすく
 天候によって作業できる日が限られる
 建物が密集している地域では使いずらい
 養生の手間もそれだけ多くなる
3.塗装時に機械の騒音が問題となることも
 ある

刷毛塗りによる塗装とその特徴

 小さな刷毛を使って塗装していく方法です。ローラーや吹き付けに較べて小回りが効きますので、狭い場所の塗装に向いてします。逆に広い場所の塗装には向いていません。また、ローラーや吹き付けよりも経験と技量に左右される工法なので、仕上がりに差が出やすいと言えるでしょう。それこそ昔は刷毛だけで建物を塗っていたのですから、その頃を知る方々には本当に頭が下がります。
刷毛塗りによる塗装
刷毛塗りの特徴とメリット
1.狭い場所の塗装に最適
2.タッチアップなどの部分的な補修にも
 向いている
刷毛塗りのデメリット
1.面積の広い部分の塗装には
 向いていないし、時間もかかる
2.仕上がりが職人の技量に
 大きく左右される
ローラー塗装と吹き付け塗装、どちらが優秀なのか
 同じ外壁塗装をするなら、仕上がりが綺麗で、なおかつ長持ちする方法で塗ってもらいたいですよね。世の中にはさまざまな業者がおり、「ローラー塗りの厚い塗膜で耐久性に富んだ外壁塗装を実現」というところもあれば、「吹き付け塗装で均一の塗膜による綺麗な仕上がりで次の塗り替えまでの期間を長く」というところもあります。実はどちらの説明も理にかなっているのです。

 結論を言いますと、施工手順をしっかりと守って塗装するならば、ローラーによる塗装でも、吹き付けによる塗装でも差はほぼありません。
仕上がりや耐用年数などほぼ差はありません
 それよりも、塗料の希釈率を守る、乾燥時間を厳守するなどの施工に関しての品質が高い業者選びに注力すべきなのです。それではその理由を順番に見ていきましょう。
塗料の希釈率や乾燥時間を守るなど施工品質が高い業者選びが大切です!


塗膜が厚過ぎると逆に不具合が発生する可能性もある

 外壁塗装でも、屋根塗装でも、その他の部分の塗装でも、そもそも塗料というのは単位面積当たりの塗布量が決められています。それより少ないのはもちろんのこと、多くても問題が発生する可能性があるのです。
塗料の塗布量が規定量より少ないのはもちろんのこと、多くても不具合が発生してしまう可能性があります
塗料は本来の力を発揮できず剥がれなどの問題が発生することもありえます
 塗料を多く塗った場合、その乾燥に不安が残ります。表面は完全に乾いているように見えても、その中は生渇きになっている状態です。また、重力に耐え切れず垂れたり、流れ出すこともあるでしょう。このような施工をされますと、後に塗膜が剥がれてくることもありえます。
 ちなみにメーカーが推奨するパーフェクトトップの塗布量は1回あたり)0.11~0.17kg/㎡です。

ニッペ・パーフェクトトップの規定塗布量

ニッペ・パーフェクトトップに記載された規定塗布量

※ニッペ パーフェクトトップカタログ.pdfより引用



吹付け塗装で均一に塗れるかどうかは業者の技量次第

 DIYでテーブルや椅子などちょっとした家具を塗装した経験がある方もおられるのではないでしょうか。刷毛やローラーで塗ったという方もいれば、スプレーを使用したという方もおられるでしょうし、両方を経験したことがあるという方もおられると思います。

 スプレーで塗った方、どうしてスプレーを選んだのでしょうか。両方を経験した方、どちらが綺麗に塗れたでしょうか。
スプレー缶イラスト
 おそらく、スプレーを選んだ方はネットやお店の方から「スプレーの方が綺麗に仕上がりますよ」とアドバイスを受けたのだと思います。両方を経験した方もスプレーの方が綺麗に塗れたと思います。

 さまざまな点でスプレー塗料と吹き付け塗装は違いますが、塗料を粒子状にして飛ばすという原理は一緒なので、ここでは同一にお考えください。実は物を均一に塗るなら、その範囲内へほぼ均一に塗料を飛ばせるスプレー塗料や吹き付け塗装が圧倒的に有利なのです。
職人の高い技術力が必要です
 均一に塗料を飛ばせる範囲はスプレー塗料や吹き付け塗装でも限られます。テーブルや椅子などは外壁や屋根に較べると面積も少なく、均一に塗料を飛ばせる範囲よりも大きくても少しスプレー塗料を移動すれば、ほぼ均一に塗れます。
 しかし、外壁や屋根の場合、面積も大きく、移動量も大きくなります。一定のスピードで動かさないと塗料の濃淡や塗りムラができてしまい、均一の塗膜には仕上がらないのです。  ちなみにあるハウスメーカーでは新築時に仕上げ塗りの外壁塗装の1回だけ行うのですが、手元にはメトロノームがセットされ、刻むタイミング合わせて吹き付けガン(手で持つ塗料が噴射される装置)を往復させるよう訓練されています。

塗料は半製品なので信頼できる業者を選びましょう

 現在では立地や環境面から、ローラー塗装を選ぶことが多くなるでしょう。どのような塗装をするにしろ、まずは信頼できる業者を選ぶことです。
職人に塗装の完成度を依存している半製品の塗料
希釈率
規定回数の塗り
乾燥時間
希釈率・規定回数の塗り・乾燥時間を守ってはじめて完成品となります!
 外壁塗装や屋根塗装においてよく塗料は半製品と言われます。これは塗装されて乾燥するまでは防水性や美観といった塗料に求められる機能を発揮できないからです。外壁塗装や屋根塗装をするなら、半製品を完全な完成品にしてくれる業者を選びたいものです。


 「そういった業者はどうやって探したらいいの」とお思いの方もおられるでしょうが、そういった業者は点検の時から真剣さが違います。

 外壁塗装前の建物の点検にしても5分足らずで終えてしまう業者と30分以上かける業者もいます。外壁塗装するための建物の大きさを調べるだけなら5分程度で済むかもしれません。
 建物の細部に渡って調査し、その悪いところや問題ないところをデジカメで撮影するとなると、どうしても30分以上は必要になります。その後、撮影した画像を下に、メンテナンスが必要なところとそうでないところをしっかりと説明してくれる業者、どちらが信用できるでしょうか。

 また、こちらが疑問に思ったことに対してしっかりと返答してくれる業者と一方的にお勧めの工事しか言わない業者も存在します。
点検時の対応からも優良業者を判断することができます!
信頼できる優良業者
信頼できない業者
 今後のことを考えても、お家全体のことを把握しておいた方がいいのは間違いありません。大切なお家のことですから、緊急でない場合以外はじっくりと充分に時間をかけてご家族同士でお話し合いをする必要があります。

 まずは街の外壁塗装やさんの無料点検をお試しください。その上で、さまざまなことをご相談くだされば幸いです。
街の外壁塗装やさんの無料点検をお試しください!


実際に見てみましょう!
ローラー塗装や吹き付け塗装、こんな仕上げ方もできます

 ローラー塗装と吹き付け塗装の性能の違いはほぼありません。
 最大の違いは「ローラー塗装は毛が長いローラーと短いものを使い分けて、窯業系サイディングの意匠性を活かした塗り分けができる」、「吹き付け塗装はモルタル外壁に骨材(外壁の模様となる砂や細粒石)やタイル吹きでさまざまな模様を描ける」ということです。もちろん、吹き付け塗装で窯業系サイディングをモルタルのようにすることも可能です。
 まずはご自分が行いたいという外壁塗装をご相談ください。

レンガ調の窯業系サイディング、目地を残した多色塗装

意匠性が高い窯業系サイディングはデザインを活かしたクリア塗装が一般的ですが塗り替えで多色にすることも可能です!
 意匠性が高い窯業系サイディングというと新築後10年以内、外壁の傷みが少ないうちにクリア塗装をしてそのデザインを活かすのが一般的です。クリア塗装はシーラーなどの密着性を上げる下塗り材を使わないために環境や立地にもよりますが、10年以上の年月が経つと厳しくなります。

 しかし、クリア塗装でなくてもその意匠性を回復させることは可能です。意匠性があるサイディングで単色という場合にも、塗り替えで多色に塗ることが可能です。
意匠性が高いサイディング外壁
高圧洗浄の様子
 こちらのお家、凹凸のある意匠性が高いサイディングが使われていますが、単色です。養生と高圧洗浄を行ったうえで、多色の外壁にイメージチェンジを行います。
下塗りの様子
下塗りの様子
 まずは下塗りを進めていきます。中塗り、上塗りにナノコンポジットWを使用するので、その専用下塗り材、ナノコンポジットシーラーを塗布していきます。
 これで下塗りが完了しましたが、工事途中なので単にシーラーで外壁が白くなっただけに見えません。
中塗り、上塗り
中塗り、上塗り
 次に中塗り、上塗りと普通に外壁塗装を進めていきます。外壁がシックなダークブラウンとなりました。通常であれば、この工程で外壁塗装は完了です。レンガ調の意匠だった外壁、まだ目地も石材の部分も単色です。しかし、ここから多色にして意匠性を高めます。
 まず、目地の色となるのが現在の外壁の色、シックなダークブラウンです。
短毛ローラーで色をつける様子
 ここで短毛のローラーの出番です。こちらに石材の色となるホワイトをつけて塗っていくと… ローラーの毛が短いので凹んだ目地の部分までは届かず、色がつかないのです。
ホワイトを塗った様子
 もちろん、塗料をつけすぎると目地の部分にも届いてしまいますから、ローラーに塗料をつけて不要な塗料は塗料が入った容器に設置されたネットでしごいて落とします。慎重に塗りを2回重ねて、完成です。
完工後の写真
 どうです、塗り替え前と色が変わった上に意匠性が高く、おしゃれな外壁に仕上がりました。


クラック補修で消えてしまったモルタル外壁の
タイル仕上げ模様を吹き付け塗装で復活

 現在、吹き付け塗装というと主に新築時のモルタル外壁の塗装で、骨材と塗料を混ぜたものを吹いて外壁をリシンやスタッコといったざらざらな模様にします。
 ざらざらを好まないという人には吹き付けタイル仕上げ(ボンタイル仕上げ)というものもあり、こちらは一つ一つの凹凸が丸みを帯びているのが特徴です。
リシン
スタッコ
タイル仕上げ(ボンタイル仕上げ)
 タイル仕上げは何もタイルを使うのではなく、吹き付け用の機械がタイルガンと呼ばれることから、そう呼ばれるようになったそうです。このタイル仕上げには凸凹の粒を大きくする大粒や表面を押さえて平らにしたものが抑え仕上げなどがあります。
吹き付け用の機械で骨材を使用して模様を付ける塗装
 新築後の一般的な外壁塗装ではクラックなどの補修部分に模様付けのため、骨材を吹くことはありますが、そういったことをせず、そのまま塗装してしまうこともほとんどです。もちろん、ローラーで塗っても、骨材の質感は消えることがなく、モルタル外壁の特徴はそのままです。

 モルタル外壁はクラックが入りやすく、そのクラックが大きなものの場合、それを補修するとリシンやスタッコ、タイル仕上げの模様が消えてしまうこともあります。再び、吹き付け塗装することで部分的に補修することも可能です。


クラック補修で消えてしまったタイル仕上げ(押さえ仕上げ)を吹き付け塗装で復活
その後にローラーでお家全体を外壁塗装

外壁のクラックの様子
外壁のクラックの様子
 下屋(1階部分の屋根)の取り付け位置からクラックが発生しており、かなり広がっていました。長さはもちろんのこと、幅も0.3mm以上あり、雨水などが浸入してくる構造クラックです。過去、雨漏りに悩んでいたということもあり、その際にシーリングで全部を埋めたそうです。どうもシーリング材は表面をなぞるように塗布されただけで、しっかり充填されているようには見えず、雨漏りが再発する可能性も高そうです。
シーリング材をはがした様子
Vカットの様子
 外壁はモルタルでタイル吹きの押さえ仕上げのようです。今回の工事で最も重要であるクラック補修を行います。これまでのシーリング材をできるだけ剥がし、隙間に樹脂モルタルの奥までしっかりと充填できるようVカットしていきます。
清掃、プライマー塗布の様子
清掃、プライマー塗布の様子
 Vカット時に出た外壁の切粉を清掃して取り除いた後、次の工程で使う樹脂モルタルの密着力を上げるため、プライマーを塗布していきます。モルタル外壁の痛々しい姿にちょっと心が打たれます。
樹脂モルタルを埋め込む様子
樹脂モルタルを埋め込む様子
 処理をしたクラックの部分に樹脂モルタルを埋め込んでいきます。これで不安を感じるようなクラックはなくなりましたが、工事前よりずっと目立たなくなりました。以前よりは雨水などが入りにくくなったでしょうが、この部分にはまだ防水性がありません。
吹き付け塗装をして模様を再生
 そのまま外壁塗装をしてしまっても防水性という意味では問題ないのですが、模様がない部分はまるでみみず腫れのように見えてしまうので、美観的によろしくありません。そこで、吹き付け塗装をして模様を再生します。
ローラーで押さえて平らにする
 タイル吹きの押さえ仕上げ(ヘッドカット仕上げ)なので、ローラーで押さえて平らにします。
吹き付け塗装後
 段々と違和感がなくなってきたのが分かるのではないでしょうか。
ローラー塗装
 通常の工程の外壁塗装と同じようにここからは下塗り、中塗り、上塗りと仕上げていきます。ここからはローラー塗装です。
完工後の画像
 ちょうど、同じ角度から撮った画像があるので、較べてみてください。クラックを補修したとは思えない仕上がりにっています。

 まさに適材適所、街の外壁塗装やさんは吹き付け塗装とローラー塗装を組み合わせて仕上げるという方法も実施しています。
 モルタル外壁のクラックにお悩みの方、ご相談ください。


外壁塗装のローラー塗りと吹き付け塗装のまとめ
  • 外壁塗装の工法は
    ローラーを使った塗装、機械による吹き付け塗装、刷毛を使った塗装に割られます
  • 現在はローラー塗装が主流です
  • ローラー塗装と吹き付け塗装に性能差はありません
  • 塗膜が厚いことによる不具合もあります
  • 熟練の業者でない場合、
    吹き付け塗装で広い面積を塗ると塗膜が均一でないこともあります
  • 塗料は塗る工程によってその後の耐用年数が左右されますので、
    信頼できる業者を選びましょう
  • ローラー塗装で意匠性をあげたり、回復させる塗り替えも可能です
  • 吹き付け塗装ではかつての模様を回復した上で外壁塗装することも可能です

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ページの先頭へ戻る


街の外壁塗装やさん全国版

〒292-0804

千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F

TEL:0120-948-349

FAX:0438-38-3310

Copy right c 2012-2020 街の外壁塗装やさん All Rights Reserved.