施工事例

綾瀬市深谷中で棟板金を補修して屋根塗装、スレート屋根をピカピカに

スレート屋根の塗装が落ち、黒い屋根が白くなってきたので、ご自分で塗装しようとしていた綾瀬市深谷中のお客様です。お家は築30年くらいで、これまでに屋根塗装を1回行ったということでした。連休を利用して塗ろうとし、屋根に転落防止用の命綱を結ぶフックを付けたのはよいものの、そこで危険を感じて思いとどまったそうです。屋根の上はとても危険です。ご自身でDIYするには無理があります。塗料も購入したそうで、私達業者が使うものと一緒のものでした。この購入した塗料で屋根塗装をしてほしいということです。屋根材と屋根の状態を確認したところ、塗装可能でしたので、お客様に代わって街の外壁塗装やさんが塗ることになりました。

ビフォーアフター

before
屋根塗装前の塗装が剥げかけたスレート屋根
arow
arow
after
屋根塗装でピカピカになったスレート屋根

工事基本情報

施工内容
屋根塗装 
使用材料
お客様がご購入なさった塗料
築年数
30年
ハウスメーカー
お近くの工務店 
施工期間
6日間
保証年数
お客様購入の塗料なのでお付けしておりません
建坪
約25坪(屋根の広さ)

点検の様子~塗膜が落ちて白くなったスレート屋根

アンテナの錆で汚れた屋根
塗膜が落ちて屋根がまだら模様に

アンテナの錆汁が目立っています。屋根はかなり色褪せているというより、塗膜が薄くなって下地が透けており、まだら模様なっていました。スレート自体に反りなどの変形はないので塗装は可能ですが、築30年ということなのでおそらく今回が最後の屋根塗装となるでしょう。ここまで何のトラブルもなく、よく持ったものです。

薄いグレーになってしまったスレート屋根
お客様の購入した塗料

棟板金の方は色褪せており、固定している釘が無くなっている部分もありました。屋根塗装する前にビスで固定してあげましょう。ここでお客様がご購入された塗料の確認です。下塗りのシーラー、中塗りと上塗り用の塗料と私達が使うものと遜色がないものをご購入されていました。しっかりとタスペーサーもご購入済みです。しっかりと勉強されており、知識も豊富なお客様です。

施工の様子~棟板金の補修とスレート屋根塗装

足場の仮設
棟板金をビスで再固定

高所作業となる屋根塗装をしますので、足場を仮設します。足場にメッシュシートを張って水飛沫や塗料が周辺への飛散と汚れを防止します。足場を仮設が終わりましたところで、まずは棟板金をビスで固定してしまいましょう。数ヵ所、ビス止めするだけでさほど手間ではありませんので、無料サービスで行います。

シーリングで釘穴を処理し、雨水の染み込み防止
タスペーサーで縁切り

新しくビスを打った部分とこれまでの釘の部分にシーリングをした棟板金の内部に雨水が入らないようにします。棟板金の内部には貫板と呼ばれる棟板金の内部にがあり、ここに棟板金が固定されています。木材ですから、雨水を吸収すると腐食します。こうなると固定力が弱くなって棟板金が飛んでしまうのです。

高圧洗浄で落ちた敷地に落ちた汚れを高圧洗浄
濡れた屋根

屋根塗装でも、外壁塗装でも、高圧洗浄を行い、これまでに蓄積された汚れと剥がれやすくなった塗膜を落とします。高圧洗浄を行うと敷地に汚れた水が落ちてきますので、こちらも高圧洗浄で洗い流します。高圧洗浄後は屋根がしっかりと乾燥するまで時間を取ります。しっかり乾燥させることが屋根塗装や外壁塗装を成功させる秘訣でもあるのです。

シーラー下塗り
屋根が塗れ色に

下塗りではシーラーを塗布していきます。シーラーは塗料を密着させるはたらきを持ったもので、こちらも乾燥時間をたっぷりと取る必要があります。下塗り材の中には古くなったスレートを強化するようなものもあります。私達に塗料の選定までご依頼いただければ、強化型の下塗り材をお薦めしていたでしょう。お客様の選んだものはプロ用ではありますが、平常時の塗り替えに使うものでした。

中塗り
中塗りした部分の下塗り部分の比較

シーラーがしっかりと乾燥したことを確認し、中塗りを行います。お客様がお選びになった色はチョコレートブラウンでした。黒と並んで人気のある色です。ドーマーがある屋根は洋風の屋根になりますから、こういった明るい色や遊び心のある色が似あいます。

屋根の反面を中塗りした状態です。中塗りを終えた部分と終えていない部分を較べてみてください。やはり屋根は定期的に塗装しておくものだと感じるはずです。

上塗り
上塗りそろそろ完了

続いては上塗りに入ります。中塗りの乾燥時間は下塗りの乾燥時間と較べると短めになります。同じ塗料を2回塗りすることによって、塗膜に厚みを与え、耐久性を高めます。ただ塗膜は厚ければいいというものではなくて、適切な厚みがあります。ほとんどのメーカーが下塗りを含めて3回塗りを推奨しています。

破風の塗装
ドーマーの木部も塗装

塗膜が剥がれかかっていた破風とドーマーの木部も塗り直しました。こちらの建物の破風は木製ですので、雨から保護するために定期的な塗装が必要です。この仕上がりを見て、つい数日前では塗膜が剥がれて下地が見えていたと考える人はまずいないでしょう。

竣工、スレート屋根塗装

屋根塗装、竣工

スレート屋根の塗装が竣工しました。今回はお客様がご用意された塗料で塗装しましたが、本当は塗料の選定まで私達に任せてほしいところです。前述のように築30年のスレート屋根でしたら、スレートそのそものを頑健にする下塗り用の塗料もありましたし、ご希望であれば色もカタログに無いような色を発注することも可能です。保証もお付けすることもできました。お客様にいろいろとメリットが大きく、多いのです。

屋根塗装のブログ一覧

富津市西大和田で外壁にコケが生えてしまうとの事で、調査致しました

2019年9月5日  四街道市鹿放ケ丘で乾式コンクリート瓦屋根の塗装色はシャインレッドで

    四街道市鹿放ケ丘で施工した屋根塗装の様子をご覧いただきます。お客様宅の屋根は乾式のセメント瓦で、メーカーによって呼び方が異なると思いますが、パラマウント瓦と呼ばれるものだと思います。 パラマウント瓦の劣化 ...続きを読む

屋根塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る