施工事例

屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいております 屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいております

 大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

吹田市でRC造3階建て事務所の外壁塗装及びシーリング工事完了。

築30年になり雨漏りが数か所発生しています。雨漏りは数年前からしているとの事でした。内部のクロスが剥がれている所が数か所あり内装工事も同時に行いました。足場を架設後に雨漏りの原因を特定し、改修も含めて雨漏りを止める事ができました。

ビフォーアフター

before
RC3階建て外壁塗装

arow
arow
after
外壁塗装完了

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 屋根塗装 防水工事 シーリング打ち替え 部分塗装 

使用材料
AGCコーテックボンフロン アーキヤマデ塩ビシート

築年数
30年


施工期間
30日間

保証年数
10年

建坪
80坪

RC3階建て外壁塗装

築30年経過のRC 造3階建て事務所ですが、1度もメンテナンスをしていないので、外壁の劣化が激しい状態です。雨漏りが何か所かしていました。クラックも多く見られます。下地の処理に時間が掛かりそうです。長く放置しすぎの感はありますが建物がRC造なのでメンテナンスすれば大丈夫です。

倉庫トタン張り

裏に倉庫がありますが、トタン板の錆がひどい状態になっています。まだ穴は開いていないようですのでケレンに重点を置いてペンキ塗りしなくてはなりません。屋根はカラーベスト葺きになっているので、屋根塗装も必要です。

外壁裏面

建物の裏面になりますが、足場が倉庫の屋根の上から組むことになりそうですが、倉庫の骨組みを点検する必要があります。重量的に耐えるる構造になっているか確認する必要があります。屋根の上からの施工が不可能な場合はほかの方法を考えなくてはなりません。何事も安全第一で施工する事を優先しなければなりません。

窓サッシシール打ち

窓廻りシーリング打ち

外壁の改修工事ではサッシ廻りのシーリング打ち替えが必要です。シーリング材は約10年前後で劣化が進行しヒビ割れや剥離と言った症状があらわれてきます。

 

放置しておくと、そこからの雨水の浸入を許すことになり危険です。今回の現場も雨漏りの原因の1つとして考えられます。面格子が付いている場合は一時撤去の必要があります。

倉庫トタン板塗装

外壁塗装完了

あんなに錆ついていたトタン板がきれいによみがえりました。シャッターも腐蝕していましたので、追加工事でシャッターの取り替えもしました。門扉などの鉄部も錆止め+ウレタン塗装2回塗りで仕上げました。

 

外壁はAGCコーテックのフッソ塗料ボンフロンで施工しました。色は迷いながらホワイトに決定しました。やっぱり白は出来上がりがきれいですね。白は汚れの件もあり避ける傾向にありますが、ボンフロン塗料は低汚染、高耐候性の塗料ですので心配はありません。

カラーベスト屋根

換気ガラリ

倉庫のカラーベスト屋根の塗装も完了しました。カラーベストは約15年前後で塗装が取れてきます。全体的に白く退色してきますが、だからと言って雨漏りがする事はありません。屋根材としての性能はかわりませんが、ただ、見た目が悪いので美観のため塗り替えの必要があります。

 

外壁の塗り替えで注意しなくてはならないのが外壁貫通部の防水処理を確実にすることです。雨漏りの原因の一つに外壁貫通部からの事例が多く見られますので、シーリング打ちで確実に防水をすることが大事です。

外壁フッソ塗装

全体的に明るい感じに仕上がりました。施工前と施工後こんなに変わります。建物はメンテナンスをすると見違えるようになります。あまり長期間放置すると、いざ工事になると工事の工程が増えて大がかりになり、コストもかかるので、適切な期間でメンテナンスをすることが節約に繋がります。

人気のブログ一覧

2018年7月10日  外壁のクラック(ヒビ)は、幅や深さによって対処方法が変わります

    本日のブログは千葉市稲毛区にお住いのお客様宅へお伺いした時の様子をお伝えしてみたいと思います。築18年で、8年前に屋根外壁塗装をされたとのことです。他業者に指摘されたのでしょうか、お客様の気になる箇所は棟板金の浮きとのことです。他にも外壁塗装の見積をご希望とのことです。まずはお家の状態を見てみましょう! ...続きを読む

外壁のクラック(ヒビ)は、幅や深さによって対処方法が変わります

2018年7月9日  木更津市|外壁塗装前にシーリング補修をして防水性を高める

    木更津市のお客様宅、外壁塗装工事の進捗状況をお伝えしてみたいと思います。外壁塗装は、ただ単に塗料を塗っていくだけの作業ではなく、長い年月をかけ付着した汚れや、古い塗膜を一気に洗い流す高圧洗浄。ひび割れている部分の補修、腐食している木部の補修など、実際に塗料を塗る前には様々な補修を行い、下地が綺麗に整ってから塗料を塗っていくのです。他にもシーリング(コーキング)を打ち替えたりします。 ...続きを読む

木更津市|外壁塗装前にシーリング補修をして防水性を高める

2018年7月7日  屋根の色、赤さびで塗装されたお客様の家集めてみました!

    本日は、屋根塗装の色「赤さび」にて屋根塗装をされましたお宅の屋根塗装前、塗装後、色サンプルを並べ、比較してみたいと思います。どちらも同じ日本ペイントさんの塗料になりますが、色の見え方、発色具合などは同じものなのか?気になる所だと思います。早速ご覧くださいませ。 屋根塗装の色 サーモアイSi クール赤 ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る