施工事例

屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいております 屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいております

 大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

高槻市で既存カラーベストを撤去し、葺き替え完工しました。

築30年を迎えて屋根と壁のリフォームを検討されていましたが、既存のカラーベストの寿命も30年という事を知り合いから指摘され、壁は塗り替えを屋根は葺き替えをすることに決定されました。既存屋根材の撤去、処分が必要ないカバー工法を勧めましたが、家族会議の結果撤去することになりました。

 

ビフォーアフター

before
カラーベスト施工前

arow
arow
after
カラーベスト施工後

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 防水工事 シーリング打ち替え 部分塗装 その他 

使用材料
ケイミュカラーベスト

築年数
30年


施工期間
30日間

保証年数
10年間

建坪
100坪

カラーベスト葺き

カラーベスト補修跡

高槻市でカラーベストの葺き替え工事の様子をご紹介します。建物は築30年の鉄骨ALC3階建てです。屋根が急勾配のため足場が必要な現場です。

 

現状は30年前のクボタのアーバニーというカラーベストです。今回はカバー工法ではなく撤去して葺き替えの工事になります。

 

2004年以前のカラーベストはアスベストが含まれているので法規制されていますので、処分場も限られています。したがって、費用も高くつきます。

 

今まで、カラーベストの葺き替え工事はほとんどがカバー工法で施工しています。廃材を出すことも無く地球環境に良い工法です。屋根が2重構造になり断熱性も上がり、コストも抑えられお勧めの工法です。

 

古いカラーベストを撤去するには廻りへの飛散防止対策も考慮しながら作業を進める必要があり、大変コストが掛かりますので、その点もしっかりお客様に説明する必要があります。

スライダー設置

カラーベスト撤去風景

高槻市での屋根カラーベストの撤去作業風景です。勾配が急なため、足を踏ん張りながらの作業になります。明日は筋肉痛間違いなしですね。

 

3階の屋根まで電動式スライダーを設置し、撤去した瓦を降ろしていきます。工事の種類によって専用の便利な機械が有るので、効率よく安全に作業が進んでいきます。

専用袋に密封

鳩小屋

撤去もほとんど終了しました。30年経過している割には下地の古いルーフィングもしっかり機能を果たしている感じがします。

 

裏の面に、鳩小屋又はドーマーと呼ばれるものが1か所設置されています。これは鳩を飼うものではありません。鳩を飼う小屋に似ているという事でそう呼ばれています。

 

この小屋の目的は主に換気と採光の為のものです。発祥はヨーロッパと言われていますが、デザイン的に優れているという事で、日本にも広まっています。

 

撤去する場合工事日も天気予報を見ながら検討しなくてはなりません。撤去時に雨が降ると雨漏りに繋がるので、2~3日前から天気が気になります。

 

2004年以前のカラーベストにはアスベストが含まれているので、法規制がかかっています。撤去した瓦は専用の袋に密封して運搬します。

ルーフィング貼り

樋掃除

撤去作業が終わり、ルーフィング(防水紙)を貼った所です。ルーフィングの役目は2次防水の役目を負っています。1次防水は屋根瓦です。台風時などの強風で1次防水の瓦から漏れた水を2次防水のルーフィングでカバーする役目があります。

 

ルーフィング貼りが終わると雨が降っても漏れる事が無いのでホットします。撤去時には樋にごみがどうしても溜まりますので、樋掃除も忘れることなくやっている所です。

カラーベスト貼り

鳩小屋廻り

2次防水のルーフィング貼りが終了し、カラーベストを貼っていきます。木造住宅の場合は下地が木下地の為釘止めになりますが、こちらの現場は鉄骨造になり、下地が不燃ボードになっているのでメーカー仕様書通りビス止めになります。

 

構造体により施工方法も変わりますので、メーカーの仕様書をよく確認する事が大事です。今までいろんな建物で施工していますので、間違える事はありませんが参考の為記しておきます。

 

鳩小屋の周りは入隅や出隅があり、複雑な形になっているので施工に時間が掛かります。鳩小屋廻りは雨漏りのリスクが高いので確実な施工が求められます。

カラーベスト葺き完成

屋根葺き替え完成

高槻市の屋根葺き替え工事は天気にも恵まれ順調に進みました。鳩小屋廻りの雨仕舞いもしっかり施工されていますので、雨漏りの心配はないです。

 

カラーベストの寿命は約30年と言われています。これから30年間雨漏りもなく家を守ってくれます。今回も職人さんが、勾配が急で施工しにくい屋根を、よく頑張っていい仕事をしてくれました。事故もなく無事完了することが出来、有難うございます。

人気のブログ一覧

2018年10月17日  千葉市稲毛区で外壁塗装前に目地を補修、外壁からの雨水侵入を防ぐ

    今日のブログは千葉市稲毛区のお客様宅で行う外壁塗装前の目地補修にピックアップしてみたいと思います。サイディング外壁の面と面の間には溝があり、その溝部分を目地(めじ)と言いますが、その目地にゴム状の樹脂を充填しおります。それをシーリング(コーキング)材といいます。このシーリング材はモルタル外壁の目地やサッシ回りにも使用されております。下記画像は目地補修の手順になります。 ...続きを読む

千葉市稲毛区で外壁塗装前に目地を補修、外壁からの雨水侵入を防ぐ

2018年10月16日  袖ヶ浦市にてカンペ1液MシリコンHGを使用し外壁塗装、淡く優しいグリーンの外壁へ

    今日は袖ヶ浦市にお住いのお客様宅の外壁塗装が終わったということで見ていただきたいと思います。塗装前には何通りかカラーシミュレーションを作成しました。ご近所様との外壁色との兼ね合い、付帯部の色やサッシの色を考慮した結果、下記画像のような淡く優しい外壁色をお選びになられました。 淡く優しいグリーンの外壁はカンペ1液MシリコンHGのKP-3 ...続きを読む

袖ヶ浦市にてカンペ1液MシリコンHGを使用し外壁塗装、淡く優しいグリーンの外壁へ

2018年10月12日  我孫子市にて屋根カバー・外壁の塗替え前のカラーシミュレーションで仕上がりイメージを確認

    今日は昨日の点検ブログの続き、我孫子市にお住いのお客様宅、屋根カバー・外壁の塗り替え前のカラーシミュレーションのご紹介です。点検写真を使い、屋根や外壁の色を変えていきます。今回屋根はカバー工事ということで、使用する屋根材を貼り付けて作成しております。色をのせていく塗装の時とはまた少し違った印象の仕上がりになります。以下ご覧くださいませ。 ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る