施工事例

屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいております 屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいております

 大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

久喜市栗橋H様邸の屋根・外壁を遮熱塗料「スーパーシャネツサーモSi」と「超低汚染リファイン1000Si-IR」で施工しました

築10年が過ぎ、外壁の汚れ、目地の劣化が気になられていたようです。又、最近塗装の営業さんが、よく訪問されるようになって、よりご心配になったそうです。当店をインターネットで見つけて、お電話でご相談を頂きました。

ビフォーアフター

before
H邸塗装前

arow
arow
after
足場解体撤去2-2

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 屋根塗装 防水工事 シーリング打ち替え その他 

使用材料
アステック 超低汚染リファイン1000Si-IR,スーパーシャネツサーモSi 他


保証年数
外壁7年 屋根5年

現地調査状況

屋根の不具合

屋根の劣化天窓まわり

屋根の天窓廻りは、雨水・ほこりが溜まりやすく屋根の劣化も目立ちます。

 

屋根の劣化瓦破損

スレート瓦に、所々、亀裂が見られました

 

スレート瓦の劣化と汚れ

屋根の軒先(はじ)も、雨水やほこりが停滞しやすく、スレート瓦の劣化が、より激しくなります。

こちらの軒先のスレート瓦にもコケ・カビが多く見られました。

 

棟包み板劣化

棟板金の塗膜が劣化して、白っぽく変色しています。

触ると、塗膜が劣化して白い粉のようになって、手に付きます。これを、塗料塗膜の劣化サイン「チョーキング」と呼んでいます。

又、棟板金付近は、取り付けてある釘が、浮いてきている箇所が、多く見られました。

 

 

破風板の不具合

破風板劣化による破損部分

破風板劣化による破損が左右両側同じように見られました。

 

 

破風板矢切り部分の亀裂

破風板には、左右端だけでなく、中央の「矢切り」といわれる部分の合わせ目にも亀裂の不具合がありました。

これらの破損部分は、コーキング材で、補修した後、塗装を施します。

 

シーリングの劣化

お客様が気にされていた外壁のサイディングボード目地です。

 

サイディング外壁の継ぎ目には、シーリング材が充填されています。

しかし、このシーリング材は、外壁や屋根の塗膜耐久年数より、短いものが殆どで、言い換えると、通常、外壁の目地シーリングから劣化してくると言えます。

こちらの目地シーリング材も劣化が、かなり進んで、収縮し無くなっている部分もありました。

これでは、かなりの量の雨水が、建物内部に入り込んでいる危険な状態だと思われます。

外壁目地シーリングの劣化

外壁目地シーリングの劣化

外壁の不具合

外壁サイディングのヒビ

外壁のサッシ角から亀裂が入ってしまいました

これらの不具合は、外壁の下塗り前に、目地に使うシーリング材を使って補修しておきます。

 

仮設足場設置

足場設置準備

足場準備で、車庫屋根外し

足場を設置するために、建物正面にあるカーポートの屋根を建物側の2枚のみ一時的に取り外させて頂きました。

まず、取り外すボード廻りのビスを外します

 

車庫ポリカーボネートボード枠外し

枠を取り除き、ポリカーボネートボードを外します。

 

仮設足場設置1

足場は、楔緊結式(くさびきんけつしき)足場の「ビケ足場」と呼ばれるものです。

まず、ポールを下の段から組み立てていきます。隅には、梁を入れて補強、安定させます

 

仮設足場設置2

足場が組み終わったら、メッシュのシートをポールに結び付けて張っていきます。

このシートを張ることにより、近隣へ塗料が飛び散るのを防ぐと共に、作業員の落下も防いでいます。

しかし、強風が吹く恐れのある場合は、メッシュでも、抵抗が強くなり、危険なため、シートは、直ちに取り外し、風が去った後、再度、取り付けます。

 

高圧洗浄

高圧洗浄作業で、塗装を施すのに、邪魔な ごみ・ホコリ・カビ・コケ・塗料が劣化して剥がれてきた塗膜等を落とします。殆どが高圧洗浄の水圧によって、落とされます。

金属のさびなど、落ちない部分は、「ケレン作業」と呼ばれる作業をこの後行います。

 

屋根の高圧洗浄作業

コケカビが多くついている屋根の端は、より念入りに洗浄します。

 

before
高圧洗浄前の屋根
after

養生

高圧洗浄が終わったら、塗料の飛び散り防止と、作業をきれいに、手早く行うために、養生をします。

 

窓養生

小窓の養生。

サッシ廻りのテープは、シーリングを充填するための養生テープです

 

ベランダの窓の養生

2階ベランダの掃き出し窓の養生

 

足場のクッション

1階掃出し窓の養生

黄色い部分は、お住みの方、作業員が、ポールに接触した際の怪我防止の為のクッション材です

 

塗装前補修

塗装前屋根補修

屋根の棟包板を打ちつけてある釘の不具合を補修しました

 

サッシ角の亀裂補修

サッシ角の亀裂をこの後目地に使用するシーリング材で補修しました

 

 

破風板補修

破風板の破損部分をコーキング材で補修しました

 

シーリング打ち替え

こちらのお宅のサイディング目地には、通常多く使われているシーリング材の2,3倍耐久性があるオート化学工業の「オートンイクシード」を使用しました。このことにより、外壁塗装の寿命より、シーリングの劣化が極端に早く起きてしまう心配がなくなります。

 

超恒久シーリング材オートンイクシード

オート化学工業の超恒久・寿命が永いサイディング目地シーリング材「オートンイクシード

 

既存のシーリング材撤去

既存シーリング材の撤去作業

シーリング材充填

サイディング目地及びサッシ廻りのシーリング材充填完了

 

外壁塗装

外壁の下塗りには、日本ペイントの「水性カチオンシーラー」の透明色、

外壁ホワイト部分は「超低汚染リファイン1000Si-IR」の「ニュートラルホワイト」、

外壁こげ茶色部分は「超低汚染リファイン1000Si-IR」の「アイアンバーグ」

を使用しました

 

アステックペイント「超低汚染リファイン1000Si-IR」の特長は

美観が長続き

汚れにくく、付いた汚れも、親水性により落ちやすい

防カビ性・防藻性がある

長寿命

無機成分配合のためフッ素塗料同等の強い耐候性がある

しなやかで強い塗膜

ずっと、夏の過ごしやすさに貢献

遮熱顔料の使用により優れた遮熱性がある

劣化しにくいため、長期間にわたり遮熱効果を発揮し続ける

と、とても優秀な当社お勧め塗料です

 

ニッペ「水性カチオンシーラー」

外壁の下塗りに使用した、ニッペ「水性カチオンシーラー」

アステック「超低汚染リファイン1000Si-IR」

外壁の中塗り、上塗りに使用したアステック「超低汚染リファイン1000Si-IR」

外壁中塗り

外壁ホワイト部分を「超低汚染リファイン1000Si-IR」の「ニュートラルホワイト」中塗り

外壁上塗り

外壁ホワイト部分の上塗り

外壁こげ茶部分中塗り

今まで、青かった部分を「アイアンバーグ」色で、外壁中塗り作業

 

外壁こげ茶部分上塗り後

外壁こげ茶部分上塗り完了!

「超低汚染リファイン1000Si-IR」は、遮熱塗料でもあるので、太陽光を反射する艶がよく出ています。

 

屋根塗装

屋根の下塗り材には、アステック「サーモテックシーラー」、上塗り材には、遮熱塗料アステック「スーパーシャネツサーモSi」を使用しました。

 

遮熱塗料アステック「スーパーシャネツサーモSi」の特徴は、

チタン系の特殊無機顔料を使用した事により、

長持ち
光沢があり、従来のフッ素塗料を凌ぐ耐候性がある

熱を遮断
黒色系でも、近赤外線をよく反射し、屋根の温度上昇を防ぐことができる。

変色しにくい
紫外線の影響を受けにくく、屋根色の変化が起こりにくい

と、とても優れたや屋根用遮熱塗料です。

又今回こちらでは下塗り材も、遮熱塗料を使用しましたので、ダブルで、遮熱効果が発揮されることと思います。

 

屋根下塗り材アステック「サーモテックシーラー」

屋根下塗り材アステック「サーモテックシーラー」

色は、「グレー」を使用しました

 

 

屋根遮熱塗料アステック「スーパーシャネツサーモSi」

屋根の遮熱塗料アステック「スーパーシャネツサーモSi」

色は、「9113ラセットブラウン」です

 

大屋根下塗り完了

アステック「サーモテックシーラー」で大屋根の下塗り完了

 

小さな下屋根の下塗りも完了しました

 

アステックの「スーパーシャネツサーモSi ラサットブラウン」で中塗り作業

アステックの「スーパーシャネツサーモSi ラサットブラウン」で中塗り作業です

アステックの「スーパーシャネツサーモSi ラサットブラウン」で上塗り完了

上塗り完了です

遮熱塗料ですので、光沢がとてもあり、輝いています

 

付帯部塗装

塗装場所のうち、屋根や外壁以外の場所を付帯部分と言います

こちらでの付帯部のうち、

「軒天」を日本ペイントの「ケンエースⅡ」のホワイト

鼻隠し」「破風板」「雨どい」等を日本ペイントの「ファインSi」色を19-65Bで塗装しました

 

軒天を塗装した「ケンエースⅡ」

軒天を塗装した「ケンエースⅡ」

 

鼻隠し、破風板、雨どいに使用した「ファインSi」

鼻隠し、破風板、雨どいに使用した「ファインSi」

軒天の塗装

軒天の塗装

鼻隠しの塗装

鼻隠しの塗装

破風板の塗装

破風板の塗装

雨どいの塗装

雨どいの塗装

ベランダ防水

ベランダ防水は、当初入っていませんでしたが、高圧洗浄後塗膜の劣化が見られましたので、表面のトップコートのみ施工し、防水寿命を伸ばしました。

 

ベランダの防水

ベランダ防水施工

エアコン配管カバー交換

外壁が塗装され綺麗になるとエアコンのカバーの劣化が気になりますので、当社では交換をお勧めしています。

こちらのお宅も、交換のため、4ヶ所のエアコンカバーを取り外したところ、中の配管が、すべての場所で外れていました。

4ヶ所とも不具合を直し、ベランダ防水が終わった時点で、新しいカバーを取り付けました。

 

外れていたエアコンホース掃除

エアコン配管がはずれていた4ヶ所付近の汚れとカビを綺麗にして、配管を繋ぎ補強しておきました。

エアコン配管カバー取り付け4

外壁と同じく綺麗な配管カバー

お風呂シャワー部品交換

お風呂のシャワーポールが壊れているとのお話があり、急きょ拝見させて頂いたところ、壊れた部品交換で済みそうでした。

同じ部品は、廃盤でしたが、代用品を探し、部品を取り寄せた後、交換しました。

 

浴室シャワー部品交換

壊れたシャワーポール用部品(廃盤)

浴室シャワー部品交換

取り付け完了直前?

足場撤去

全ての塗装工程が済んだ後は、足場解体前に再度隈なく現場チェックをします。

気を付けていても塗料の小さな飛び散り等が出てしまいますので、それらをタッチアップ(=手直し)します。

 

足場解体日が数日先になってしまいましたので、お客様にご迷惑にならないよう、足場用メッシュシートを早めに取り外しました。

 

足場解体撤去

足場解体撤去2

車庫屋根取り付け

足場が撤去された日に、取り外していたカーポートの屋根を取り付けました。

 

お色直し後のお家、お目見えです!

施工後写真西

施工後写真北

塗装前は、ホワイトとブルー系の2トーンカラーのお宅でしたが、今回は、オフホワイトとこげ茶系の2トーンカラーに変身しました。

新築の際もそうですが、今までの色調と違うものにする決断は、難しいものです。

 

こちらのお客様も、悩まれていましたが塗装工事が済み、「満足です」とのお言葉をいただきました。

 

仕上がりも綺麗で感謝していただきました!

 

人気のブログ一覧

2018年7月10日  外壁のクラック(ヒビ)は、幅や深さによって対処方法が変わります

    本日のブログは千葉市稲毛区にお住いのお客様宅へお伺いした時の様子をお伝えしてみたいと思います。築18年で、8年前に屋根外壁塗装をされたとのことです。他業者に指摘されたのでしょうか、お客様の気になる箇所は棟板金の浮きとのことです。他にも外壁塗装の見積をご希望とのことです。まずはお家の状態を見てみましょう! ...続きを読む

外壁のクラック(ヒビ)は、幅や深さによって対処方法が変わります

2018年7月9日  木更津市|外壁塗装前にシーリング補修をして防水性を高める

    木更津市のお客様宅、外壁塗装工事の進捗状況をお伝えしてみたいと思います。外壁塗装は、ただ単に塗料を塗っていくだけの作業ではなく、長い年月をかけ付着した汚れや、古い塗膜を一気に洗い流す高圧洗浄。ひび割れている部分の補修、腐食している木部の補修など、実際に塗料を塗る前には様々な補修を行い、下地が綺麗に整ってから塗料を塗っていくのです。他にもシーリング(コーキング)を打ち替えたりします。 ...続きを読む

木更津市|外壁塗装前にシーリング補修をして防水性を高める

2018年7月7日  屋根の色、赤さびで塗装されたお客様の家集めてみました!

    本日は、屋根塗装の色「赤さび」にて屋根塗装をされましたお宅の屋根塗装前、塗装後、色サンプルを並べ、比較してみたいと思います。どちらも同じ日本ペイントさんの塗料になりますが、色の見え方、発色具合などは同じものなのか?気になる所だと思います。早速ご覧くださいませ。 屋根塗装の色 サーモアイSi クール赤 ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る