施工事例

岡山市中区山崎 屋根外壁無機塗料 外壁はWトーンでお洒落感

築20年が経過し、屋根は色褪せ、外壁も汚れ、目地のコーキングは切れていたので、そろそろ塗り替えしないとヤバイと感じていました。他社さんに聞くと、1階の外壁は塗り替えるとサイディングの凹凸部分は一色になると聞いていたのですが、塗夢さんは2色で出来ますと言って頂いたので施工をお願いしました(お客様 談)

ビフォーアフター

before
BEFORE

arow
arow
after
AFTER

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 防水工事 シーリング打ち替え その他 

使用材料
KFケミカル セミフロンスーパールーフⅡ

築年数
20年


施工期間
1ヵ月

保証年数
10年

建坪
35坪

屋根カラーベスト 苔や藻の付着

屋根劣化状況

新築から20年が経過してくると、屋根のカラーベストの上には苔や藻が多く発生してきます。苔や藻が付着するメカニズムは、屋根上に夜露が降り、乾きが悪い状態を作ります。また屋根の北面は特に紫外線が当たらないため、乾燥不十分な状態が続きます。そうなるとそこに苔や藻の胞子が飛んできて繁殖してしまいます。まれに苔や藻が生えていない家もありますが、90%程度生えています。一度生えるとそこに水分がよけい滞留しやすいため、基材が脆弱になります。カラーベストは脆弱になると割れたり、基材が歪んでしまうので注意が必要です。

外壁チョーキング(手で触ると白い粉が出る状態)と目地切れ

チョーキング

↑外壁チョーキング(手で触ると白い粉が出る状態)

外壁目地コーキング切れ

↑外壁目地のコーキング切れ

新築から20年以上放置していると、サイディングも傷みが進行してきます。チョーキング現象(手で触ると白い粉が出る状態)、著しい色の退色、艶とび、サイディングの場合は目地のコーキング切れ。これらは経年劣化として現れる現象です。外壁がチョーキングになると、基材が水分を吸いやすくなります。そうなると基材が割れたり、歪みが出たりします。

目地のコーキングが切れると、雨漏れの原因となります。雨漏れしてしまうと、室内の木材や壁紙にカビが発生します。また木材は腐食が進行すると交換を余儀なくされる場合もあります。さらに腐食に気付かない場合は、白蟻被害に遭う事もあります。

これらの事を回避するには、メンテナンスするしかありませんので、定期点検は必要です。

次は意匠性の問題についてですが、写真のように目地部分の色が異なり、2色になっているサイディングがあります。通常の場合塗り替えすると一色になるので、何だか安っぽく見えます。では同じように再現する事は不可能でしょうか?再現する事は可能ですが、コストがかかってしまいます。一度目地色を塗り、次に凸部分を毛足の短いローラーで塗れば2色になります。

無機質系樹脂 Wトーン工法

Wトーン施工

↑Wトーン、マスキング補修

Wトーン施工

↑Wトーン仕上がり状況

Wトーン工法は、見て頂いても解るように仕上がればめちゃくちゃ綺麗です。しかし手間のいる仕事となります。特に玄関先はお客様の目線も近く、少しの線の歪も気になります。マスキングテープを貼り、何度も修正します。

屋根は無機質系樹脂最高の仕上がり

屋根無機

屋根無機

屋根は建物の中で一番劣化が進行する部分です。紫外線や雨風を直接受けるので良い樹脂で塗る替えるに、越した事はありません。今回はKFケミカルのセミフロンスーパールーフⅡで塗装しました。この塗料は現在市販されている塗料の中では最高峰の位置づけとなります。

編集後記・・・!(^^)!

岡山市中区山崎のK様邸は、お客様の予算が取れたので、屋根と外壁をKFケミカルの無機質系樹脂で塗装させて頂きました。無機塗料は外壁だと20年以上の耐光性を誇り、屋根に使用した場合でも15年以上の耐用性能を誇ります。また外壁はWトーンをさせて頂き、オシャレ感を演出させて頂きました。

次の塗り替え時期は20後を想定しています。

これからも綺麗が続いてくれたらと思います!(^^)!

人気のブログ一覧

2020年7月4日  君津市久保で台風による強風でベランダが傾いてしまった

    現地調査  君津市久保にお住まいのお客様は、昨年の台風の影響が出てしまったそうです。お庭に設置して在った、わりと大きい物置きが倒れた影響でバルコニーの支柱にぶつかり支柱を破損させてしまってしまいました。バルコニーは後付けバルコニーでしたので、直接住宅自体には被害はほぼ無かったとの事でしたが、バルコニーには上がることが出来ずにお困りになってしまいました。(点検の事でしたらこちらまで) 台風の影響 ...続きを読む

君津市久保で台風による強風でベランダが傾いてしまった

2020年7月1日  勝浦市守谷「雨戸戸袋の破損」現地調査

    雨戸戸袋の破損  勝浦市守谷に別荘としての住宅が、台風の影響を受け雨戸の戸袋が破損してしまったとお客様から、私達街の外壁塗装やさんにお問い合わせを頂きました。外壁の一部分である戸袋ですので、破損の度合いでは内壁に影響が出てしまったりしてしまいます。余り認知されていない戸袋ですが破損してしまうと大変な事になってしまう事が多い、工事項目です。 木部の劣化 ...続きを読む

勝浦市守谷「雨戸戸袋の破損」現地調査

2020年5月31日  長生郡一宮「陸屋根防水」劣化が気になる

    陸屋根防水不具合  長生郡一ノ宮町にお住まいのお客様は屋根が陸屋根になっている、3階建ての店舗兼住宅にお住まいになっていました。一階に店舗を貸し付けている事から、雨漏れなどが絶対に発生させられないとの事で、幾度か色々な場所のメンテナンスをして来たそうですが、屋上の防水が風船のように膨れ上がってきたり、ひび割れなどが発生してしまう事で、今後どのようにして良い物か、お悩みになっていました。 現地調査 ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • 外壁塗装職人募集
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る