ホーム

街の外壁塗装やさんとは

施工の流れ

施工事例

料金プラン

対応エリア

お問い合わせ

お客様の声 お客様の声

施工事例 施工事例

現場ブログ 現場ブログ

知って得する
塗装工事の豆知識
知って得する塗装工事の豆知識

塗装工事の知識

なぜ塗装工事が必要なのか

塗装工事のポイント

お住まいが教えてくれる
塗り替えのサイン

外壁塗装の全工程

お住まいの各部位の名前

外壁塗装に最適な季節は
いつ?

塗装で暑さ対策・虫対策
夏を快適に過ごす

外壁塗装の寿命を示す
「チョーキング」サイン

外壁クラックの原因と
メンテナンス方法

塗装の仕上がりをより美しく
長持ちさせるケレン作業

外壁塗装でできること
できないこと

屋根塗装と外壁塗装は別物
屋根塗装トラブル事例

外壁塗装で気を付けたい
ポイント

破風板・鼻隠し・ケラバの
解説と補修方法

軒天の重要な役割と
塗装・補修の方法

天窓・屋根
メンテナンスのご紹介

外壁の腐食を防ぐ
笠木の役割とメンテナンス方法

外壁塗装時に検討したい
雨樋の塗装・交換・補修

屋根塗装時に設置したい
雪止めの役割と効果・種類

雨樋の破損を防ぐ
落ち葉除けネット

スレート屋根の塗り替え
正しい塗装で寿命を延ばす

屋根塗装が原因の雨漏り
タスペーサーで防げます

狭小地や住宅密集地の
外壁塗装もお任せください!

トタン外壁や屋根の
メンテナンス

瓦屋根のメンテナンスと
塗装時の注意点

セメント瓦・モニエル瓦
最適なメンテナンス方法

鉄部への塗装で錆を抑え
お住まいを長く綺麗に

棟板金補修と屋根塗装で
雨漏りや飛散を防ぐ

ベランダ・バルコニー屋根
の種類やお役立ち情報

ベランダなどに最適!
FRP防水の特徴と施工方法

屋根裏換気に欠かせない
換気棟の役割と仕組み

塩害を受けやすい住宅と
錆防止の塗装メンテナンス

塗料は【半製品】
塗料の乾燥時間について

コーキングとシーリング
の違い

軽量で高断熱のALCへの
外壁塗装

外壁と屋根の面積の求め方

外壁断面図

外壁塗装で気を付けたい
外壁材と塗料の相性

インフォメーション

・会社概要

・スタッフ紹介

・プライバシーポリシー

・サイトマップ

相模原市で外壁塗装をお考えの方へ!

神奈川県相模原市緑区橋本駅 ナノコンポジットWで外壁塗装

工事のきっかけ

  神奈川県相模原市緑区(最寄り駅は橋本駅)にお住まいの今泉様より、外壁塗装のお見積もり依頼をいただきました。

  点検にお伺いしたところ、外壁は全体的にくすみや汚れが目立つ他に、玄関の庇においても錆が確認されるなど、メンテナンスが必要な箇所が多数見つかりました。

  そこで今回は外壁塗装の他に、部分塗装をご提案させていただきました。

ビフォーアフター

before
after

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 
使用材料
外壁塗装:ナノコンポジットW

【点検の様子】
外壁塗装のご依頼でしたので、外壁を中心に家全体を点検します。

神奈川県相模原市緑区 外壁点検 神奈川県相模原市緑区 外壁点検
  まずは外壁を確認します。写真でもお分かりいただけるように、全体的に黒ずんでいます。
これは経年の汚れと劣化によるもので、外壁塗装を行う時期であることが分かりました。
 
神奈川県相模原市緑区 雨樋 仮補修箇所 神奈川県相模原市緑区 雨樋 仮補修箇所
  こちらは雨樋の仮補修箇所です。ご自分で補修されたのか、詳しい話はお伺いできませんでした。
テーピングによる補修はあくまで一時的なものなので、今回の工事に合わせて雨樋補修のご提案をいたしました。
 
神奈川県相模原市緑区 一階屋根点検 錆びている 神奈川県相模原市緑区 一階屋根点検 錆びている
  続いて一階の屋根部分を見ていきます。錆が流れた跡が確認されました。錆が発生してからかなり長い時間が経たないと、この様にはなりません。錆がこれ以上進行しないために、塗装を行う必要があります。
 
神奈川県相模原市緑区 軒天点検 神奈川県相模原市緑区 軒天 コーキング部劣化
  こちらは軒天の様子です。外壁同様に黒ずみが目立ちます。通気口周辺(右写真)のコーキングにおいては、経年によりボロボロになっています。
外壁塗装に合わせて、こちらの補修もご提案させていただきました。

【足場の架設】
高所作業を行うので、足場を架設します。

神奈川県相模原市緑区 足場の架設 神奈川県相模原市緑区 足場の架設 メッシュシート
  足場を架設した後、メッシュシートで建物をぐるっと囲みます。工事での汚れや塗料の飛散を防ぐ以外に、塗料を塗った後に砂埃などが付着しないという役割も果たします。
 

【高圧洗浄】
塗装を行う前に高圧ジェット水流で洗浄します。

神奈川県相模原市緑区 高圧洗浄 外壁 神奈川県相模原市緑区 高圧洗浄後 外壁
  汚れや古く浮いた塗料を150kgの高圧で洗い流します。右写真が洗浄後になります。高圧洗浄を行うことで、汚れで分からなかった不具合が発見されることも多いので、確認しながら作業を進めます。
 

【外壁塗装工事】
ナノコンポジットWを使用して外壁塗装を行います。

神奈川県相模原市緑区 外壁塗装 ナノコンポジット 神奈川県相模原市緑区 外壁塗装 ナノコンポジットW
  こちらが今回使用する塗料になります。写真左がナノコンポジットシーラーで、下塗りに使用します。
  写真右が中塗り、上塗りに使用する水系壁用塗料のナノコンポジットWになります。
 
神奈川県相模原市緑区 外壁塗装 下塗り 神奈川県相模原市緑区 外壁塗装 下塗り
  まずは下塗りを行い塗装の下地を作ります。下塗りはこの後に行う、中塗り、上塗りの密着性をあげる大事な工程になります。
 
神奈川県相模原市緑区 外壁塗装 中塗り 神奈川県相模原市緑区 外壁塗装 中塗り
  続いて中塗りを行います。ここからはご依頼いただいた色で塗り上げていきます。
外壁の色が変ると建物の印象は大きく変りますね。
 
神奈川県相模原市緑区 外壁塗装 上塗り 神奈川県相模原市緑区 外壁塗装 上塗り
  中塗り後、上塗りを行って仕上げます。この様に塗りの作業を3回行うことで、塗料本来の性能を発揮させることが出来ます。
強固で美しい塗膜を作るには一つ一つの工程がとても重要になります。
 

【部分塗装工事】
外壁塗装に合わせて部分塗装も行いました。

神奈川県相模原市緑区 出窓 部分塗装 下塗り 神奈川県相模原市緑区 出窓 部分塗装 下塗り
  こちらは出窓の塗装になります。塗膜が劣化してくすんでいますが、塗装を行うことで十分美しさを取り戻せるでしょう。
  まずはケレン(錆などを落として下地を整えること)を行った後、外壁同様に下塗りを行います。
 
神奈川県相模原市緑区 部分塗装 出窓 コーキング補修 神奈川県相模原市緑区 部分塗装 出窓 コーキング補修
  下塗り後、出窓と外壁の境界を補修します。まずは古くなったコーキングを剥がし、その周りをテープで養生します。
  その後コーキングガンで充填し、ヘラなどを使って形成していきます。
 
神奈川県相模原市緑区 部分塗装 出窓 コーキング補修 神奈川県相模原市緑区 部分塗装 出窓 コーキング補修
  養生テープを剥がし、コーキングが固まれば補修は完了となります。コーキングが劣化し、ヒビや隙間が出来ると内部に水分が浸入し、建物を傷めてしまいます。今回しっかり補修したことで、これからは安心してお過ごしいただけると思います。
 
神奈川県相模原市緑区 部分塗装 雨戸 吹き付け塗装 神奈川県相模原市緑区 部分塗装 雨戸 吹き付け塗装
  こちらは雨戸の塗装の様子です。くすんでいた雨戸も、塗装を行ったことで輝きが戻りました!
  金属性の雨戸などは塗装の劣化により腐食するので、定期的にメンテナンス行う必要があります。
 
神奈川県相模原市緑区 部分塗装 玄関天井 クリア塗装 神奈川県相模原市緑区 部分塗装 玄関天井 クリア塗装
  玄関の天井部分も今回塗装を行いました。こちらはクリア塗装で仕上げております。艶が出て木目の美しさがより引き立つようになりましたね!
 

【完工後】

  今回は外壁の色を赤みの入ったグレーにイメージチェンジしました。また、傷みが出ていた箇所の部分塗装を行ったことで、お住まい全体が輝きを取り戻しました。まるで新築の様に見えます。
  外壁塗装を行うことは見た目の変化だけではなく、紫外線や風雨からの保護にもなるため、結果として建物の長寿命化にも繋がります。外壁塗装センターではお住まいの長寿命化を考え、最適なご提案を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。

神奈川県相模原市緑区 外壁塗装 完工後

コーキング補修

サイディングなどの目地や、窓枠の周りにはコーキング処理を施してありますが、経年と共に劣化し、痩せて隙間ができてしまったり、ひび割れてしまったり、酷い時にはコーキングが剥がれてきてしまうことがあります。

コーキングが劣化してしまうと、その隙間から雨水が侵入し、雨漏りしてしまう可能性があります。
雨漏りと聞くと屋根のイメージが強いかもしれませんが、コーキングが原因の雨漏りの例もたくさんあります。

今回は外壁・屋根の塗装のご依頼を頂いたI様の工事の様子を例にご紹介していきます。


【点検時】

こちらは点検時に撮影した外壁の写真です。
汚れが少々目立ってきているように見えますが、細かいところまで点検していくと・・・

コーキングがひび割れてしまっています。
これでは雨水が建物内に侵入してしまう恐れがあります!

そのほかの部分もこのようにコーキングのひび割れがあちこちにあります!

【既存コーキング撤去】

まずは既存のコーキングを撤去します。
専用のカッターを使います。

撤去後がこちらの写真です。

撤去後すぐにコーキング材を充填はしません。
まずは写真のようにマスキングをし、バックアップ材を中に入れます。

バックアップ材の必要性

目地が深い場合は、コーキングを充填する前にバックアップ材を先に入れる必要があります。
もしバックアップ材を入れない場合、目地のすべて(目地両端と底)が接着されてしまいます。
お住まいは各部材の膨張や伸縮といったことが起こっており、3面が密着されていると、コーキングの特徴である伸縮性が活かせないのです。
そのため、目地が深い場合などばハックアップ材をコーキング充填の前に入れる必要があるのです。

【コーキング充填】

バックアップ材を入れた後、その上からコーキング材を充填していきます。

コーキング材充填後はヘラでなめしていきます。
この時、余分なコーキング材を落とし、表面を平らにしていきます。

こちらはなめし後の写真です。
この後マスキングを剥がせばコーキング補修完了です!

きちんと縁切り工事を行わないとせっかく屋根をきれいに塗装しても雨漏りしてしまいます。
屋根の寿命を長くし、いつまでも快適にお過ごしいただくために、塗装の際は必ず縁切り工事を行ってください!
街の外壁塗装やさんでは経験豊富な専門スタッフがきちんとご説明致しますので、なんなりとご質問ください!

雨戸の塗装もお任せください! 吹付塗装で新品同様に!

私たち街の外壁塗装やさんに塗装をご依頼してくださるお客様の中には、外壁や屋根以外も合わせてご依頼してくださる方もたくさんいらっしゃいます!
雨戸もそのうちの一つで、「せっかく外壁をきれいにするから、雨戸も一緒に・・・」という方がいらっしゃいます。
今回はそんな雨戸の塗装の流れを簡単にご説明致します!

【雨戸塗装工事】

屋根高圧洗浄

まずは塗装をするために雨戸を取り外し、養生をしてケレンを行います。

屋根下塗り

続いて塗装を行っていきます!

タスペーサー挿入

雨戸の塗装は外壁や屋根と違い、吹付塗装で仕上げていきます!

雨戸の塗装の注意点

今回のように、雨戸が金属の場合、特に下地処理には十分に注意を払って行います。
今回はケレンをかけましたが、ケレンで旧塗料を落とすことと錆びがある場合はそちらも入念に落とします。
そうすることで、次に塗装する新しい塗料の定着が良くなります。
逆に、この下地処理をきちんと行わないと、せっかく塗装してもすぐ剥がれてしまうのです!

これは雨戸に限ったことではなく、塗装する際には下地処理はとても重要な工程となってきます。

相模原市と近隣区域の新着事例

その他の施工事例一覧

相模原市と近隣地区の現場ブログをご紹介します!

膜が劣化して色褪せた化粧スレートをサーモアイSiで屋根塗装工事

2017年4月3日  相模原市|築20年で屋根外壁塗装前に塗装色のイメージ

   さて本日のブログは相模原市にお住いのお客様宅の屋根・外壁塗装のカラーシミュレーションになります。 築20年で、ALC外壁となります。さてここで、ALCとは? 高温高圧蒸気養生(Autoclaved)・軽量気泡(Light weight aerated)・コンクリート(Concrete)の頭文字をとってALCと言います。 こ ...続きを読む

相模原市|築20年で屋根外壁塗装前に塗装色のイメージ

2017年6月16日  厚木市の屋根外壁塗装工事完工いたしました!

   厚木市にお住いのお客様宅の屋根外壁塗装工事が完工いたしましたのでBefore・After形式でご紹介してみたいと思います。 下記一覧にカラーシミュレーションのブログがございますので、よろしかったらご覧くださいませ。   今回、お客様ご自身がご希望の外壁色があるということで見本の画像をご提出いただきました。 下記 ...続きを読む

厚木市の屋根外壁塗装工事完工いたしました!

2017年6月12日  厚木市|ネットで見つけた好みの外壁色でカラーシミュレーション

   今日は厚木市にお住いのお客様宅の屋根外壁塗装前のカラーシミュレーションのご紹介です。 築17年ということで、そろそろ塗装のメンテナンスをとお考えのようです。 現場調査後、担当スタッフからカラーシミュレーションの依頼が入りました。 今回は、お客様ご自身でネットの画像検索で見つけたお家の外壁塗装の色と、外壁塗装センターの施工事 ...続きを読む

その他のブログ一覧

お住まいの地域情報

相模原市は、神奈川県内では横浜市、川崎市についで第3位の人口規模を擁する市です。
2007年3月11日の2町の編入合併により人口は70万人を超え、全国の市で第18位です。
相模原市が市制施行されたのは1954年(昭和29年)ですが、戦後に純粋に市制施行された都市の中では最も人口が多いです(さいたま市、北九州市が誕生したのは戦後ですが、これら2市は複数の自治体の新設合併により誕生した都市であり、合併時に戦前に市制施行された都市が含まれます)。
2010年3月末までの政令指定都市移行と、首都圏サミットへの参加を目指していましたが、2009年10月2日に原口一博総務大臣が必要な作業に入るよう指示し、その後、10月23日の閣議で相模原市を2010年4月1日を以て政令指定都市に昇格させることが決定されました。
非道府県庁所在地では5番目で、戦後に市制施行された都市では初の政令指定都市の誕生となり、2009年4月1日に移行した岡山市に次ぐ19番目の政令指定都市(緑区・中央区・南区の3区制)へ移行しました。
これにより、神奈川県は全国で唯一の3つの政令指定都市を持つ都道府県となりました。
経済面や鉄道・道路などの地理上、県内他市よりも東京都、特に多摩地域とのつながりが強く、また、首都圏南西部の核として国から位置づけられています(首都圏業務核都市指定都市)。
しかし、東京都心まで電車で約30分程度(相模大野より小田急小田原線の快速急行の場合)であり、産業構造の転換により大型工場の撤退が相次いだことで、ベッドタウンとしての面が一層強まっており、業務機能の集中は弱いのが現状です。
そのため、全国で唯一、中心市街地法で都市核が複数(橋本・相模大野)認められている都市です。

会社所在地

街の外壁塗装やさん

  • 電話 0120-948-349
  • E-Mail info@sharetech.co.jp
  • 株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033
神奈川県横浜市新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

神奈川県

東部

横浜地域
横浜市
川崎地域
川崎市
湘南地域
三浦半島地域

西部

相模原地域
相模原市
県央地域
足柄上地域
西湘地域

施工事例

外壁塗装をご検討されている方はこちら!

  • はじめての外壁塗装
  • 2回目以降の外壁塗装

お客様の安心第一!当社のルールとお約束

  • 当社の5つのルール
  • 施工中の7つのお約束

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ページの先頭に
戻る
後悔しない!
塗装・カラーリングの
選び方
後悔しない!塗装・カラーリングの選び方
お住まい以外もお任せください!
外壁塗装はどこに依頼したらいい?
塗装工事をお考えの方が
知っておきたいこと
塗装工事をお考えの方が知っておきたいこと

3階建ての外壁塗装は高い?
知るべき3つの真実

外壁の塗り替えと張り替え、
カバー工法どれがお得?

外壁材の種類の確実な見分け方

2回目以降の外壁塗装の注意点

塗装箇所で違う?
塗料の特徴と耐用年数

塗装のキーポイント
下塗りの役割と種類

金属塗装の下塗り塗料
プライマーをご紹介

外壁塗装を長持ちさせたい!
耐用年数20年超の無機塗料

外壁塗装や屋根塗装に
メーカーの施工保証がない理由

不動産オーナー様必見!
塗装工事で節税できます

外壁塗装で仮設した足場
さまざまな工事に有効活用

外壁塗装業者の
こんな営業トークには要注意!

危険?住まいの外壁を悪くする
間違いだらけのDIY

塗装が難しい外壁や屋根が
あるってご存じですか?

窯業系サイディングの
ひび、割れの予防と補修

塗料は艶有り・艶なし
どちらを選ぶのが正解?

メンテナンスフリー?
外壁タイルお手入れ方法

和風住宅外壁塗装のポイント

ジョリパットを
外壁塗装で綺麗に保つコツ

ローラー・吹き付け
塗装はどれが正解?

外壁塗装の規定塗布量と
1缶で塗れる面積

事前の台風対策で
破損や雨漏りを防ぐ

雨養生による応急処置で
被害を最小限に



街の外壁塗装やさん全国版

〒292-0804

千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE

TEL:0120-948-349

FAX:0438-38-3310

Copyright(c) 2012 街の外壁塗装やさん All Rights Reserved.

S

街の外壁塗装やさん全国版

〒292-0804

千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE

TEL:0120-948-349

FAX:0438-38-3310

Copyright(c) 2012 街の外壁塗装やさん All Rights Reserved.