外壁塗装の彩りコラム

梅雨時期の無料点検QUOカードプレゼントキャンペーン

傷んだ外壁にはクリア塗装ができない理由

現在のお住まいの外壁の8割を占めると言われる窯業系のサイディング、「デザインが素敵」、「色合いが気に入った」、「模様(テクスチャー)が格好いい」といった理由で選択した方も多いでしょう。そういつた方が外壁塗装のする際の選択肢の1つとなるのがクリア塗装です。無色透明の塗料を塗ることによって、外壁を紫外線などから保護するわけです。

 

外壁をクリア塗装 クリア塗装は刷毛跡が残らない吹き付けがおすすめ

このクリア塗装、傷みが出てきてしまった外壁には不向きだと言われています。かなり大まかに説明すると、色の有無は配合される顔料によって決定されます。普通の色付きの塗料でも、無色透明のクリア塗料でも塗膜となる樹脂成分に大きな違いはありません(本当に大まかに説明しています)。それなのに不向きだとされる理由はなぜなのでしょうか。

 

クリア塗装ではフィラーやシーラーを使わない

弊社でもよく使用している日本ペイントの「ピュアライドUVプロテクトクリヤー」シリーズで説明いたします。普通は外壁塗装でも、屋根塗装でも、下塗りに仕上げ用の塗料を密着させる効果があるフィラーやシーラーを使用し、それから仕上げ用の塗料を使って、中塗り・上塗りと工程を進めていきます。「UVプロテクトクリヤー」シリーズの工程を見てみますと、下塗りと上塗りしかなく、しかもどちらの工程もUVプロテクトクリヤーで塗るのです。つまり、塗料を密着させる効果があるフィラーやシーラーを使う下塗りの工程がないのです。傷んだ外壁に下塗りを行わないと、塗料が密着してくれません。フィラーやシーラーには色付けの目的ではなく、傷んだ外壁を甦らせるための体質顔料が含まれていますので、ほとんどが白っぽい色をしています(白には仕上げ塗りの発色をよくするという理由もあります)。必然的に傷む前でないと塗れないわけです。

 

現在のデザインが気に入っており、クリア塗装を考えている方は早めの外壁塗装をお勧めします。



外壁塗装の色選びで失敗したくない方への各コラムは下の一覧からご覧いただけます。

コメントは停止中です。

外壁塗装の色選びで失敗したくない方への一覧

塗り替えの比率

外壁塗装でオシャレにしたい人に必要なのは色調のリズム感?

   最近、よく思うのですが、人工的なもの、自然なものに関わらず美しいものはすべてリズム感を持っているのではないでしょうか。たとえば、外壁塗装をする時などの基本的な配色技法にベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーに分けて考えるというものがあります。大きい面積、そこそこの面積、小さな面積に分けて塗る...続きを読む

チョーキングの可視化画像

外壁の劣化度合いを可視化してみました

   本日は先日のブログ記事、「サイディングにクリア塗装ができるかどうかの判断基準」を実験しました。クリア塗装にはシーラーやプライマーなどの下塗りを使えないので、仕上げ用の塗料の2階塗りで完成させます。傷んでいる外壁の場合、塗料が密着しませんのでシーラーやプライマーは必須。必然的にクリア塗装はできないこと...続きを読む

色褪せた屋根

外壁塗装の色褪せは何故起こる?

   大抵の場合、非常にゆっくりと進行していく外壁の色褪せ。大雨の後など、ちょうどお庭も乾いた頃にお住まいの外周りを点検してみると、不意に気付かされてびっくりすることがあります。新しいうちや塗り替え直後はあれほどピカピカだった外壁や屋根は何故、色褪せてしまうのでしょうか。そして何故、これまで気付かなかった...続きを読む

セロハンテープでチョーキングの度合いを判別

サイディングにクリア塗装ができるかどうかの判断基準

   デザインが素敵な窯業系のサイディング、模様やパターン、テクスチャーを活かすためにクリア塗装をしたいという方も多いのですが、傷んだ外壁にクリア塗装はできないということを前回のブログで掲載しました。では、どこまでだったらクリア塗料で塗装できるのでしょうか。そのことを検証してみたいと思います。 &n...続きを読む

クリア塗装は刷毛跡が残らない吹き付けがおすすめ

傷んだ外壁にはクリア塗装ができない理由【現在閲覧中!】

   現在のお住まいの外壁の8割を占めると言われる窯業系のサイディング、「デザインが素敵」、「色合いが気に入った」、「模様(テクスチャー)が格好いい」といった理由で選択した方も多いでしょう。そういつた方が外壁塗装のする際の選択肢の1つとなるのがクリア塗装です。無色透明の塗料を塗ることによって、外壁を紫外線...続きを読む

京都の街並み

外壁塗装が原因?日本にお洒落な街並みの住宅地が少ない理由

   「和を以て貴しとなす」は聖徳太子が制定した十七条憲法の第一条に出てくる言葉だそうです。この精神が息づいているため、日本人は和を重んじる人が多いようですが、街並みに関してはどうでしょうか。景観条例が厳しいところはともかく、皆様、かなり自由にお住まいや建物を建てていたり、外壁塗装をしているような気がしま...続きを読む

菜の花 黄色

外壁塗装に多数の色を使わない方が良い理由

   「外壁をカラフルに塗り替えたい」というご希望は以外と多いのですが、ちょっと気をつけてほしいことがございます。お住まいの塗り替えで多数の色を使うのは非常に難しいのです。その理由はまとまりがなくなるからです。貴方のお住まいの周りでおしゃれだなと思う建物を眺めてみましょう。商業施設でなければ、ほとんどが数...続きを読む

ローマ サンタ・マリア

お住まいのイメージを決定する「ファサード」とは?

   建築に関する本などを読んでいると「この建築物のファサードは周囲との調和を意識したものである…」なんてことがよく書いてあります。ファサード、聞きなれない言葉ですが、建築デザインの世界では普通に使われているそうです。     建築物の正面のことで、デザインに関して説明するとき...続きを読む

縦ツートン

外壁をツートンカラーにする際のお洒落な塗り分け方

   付帯部を除いた場合、外壁の色はほとんどの場合、1色か2色です。そして、これまで1色だったお住まいを塗り替えで2色、ツートンカラーにイメージチェンジする時はかなりの勇気が必要ではないでしょうか。お住まいをツートンカラーにする場合、どこで色を分けるか区切るかというのも迷いが生じるものだと思います。これま...続きを読む

色見本長

外壁塗装の色見本は塗料メーカーのものが優れています

   お住まいを塗り替えしようと思ったら、業者選びや費用の他に色選びも重要ですよね。頭の中ではどんな色にするか、だいたいのイメージができているにしても、それを確認するためにほとんどの方が色見本やカラーサンプルを確認すると思います。塗装業者のほとんどは日本塗料工業会(日塗工)の色見本を持っており、こちらで色...続きを読む

建ち並ぶ新築のお住まい

塗り替えで新築時に戻したい方へ、当時の外壁の色を確認する方法

   外壁塗装にお住まいのイメージチェンジを求める方も居れば、できるだけ新築時に戻したいという方もいます。しかし、人間の記憶とは曖昧なものです。細かいところまで覚えていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。お写真が残してあっても、それが撮られた時間帯によって実際の色とは違って見えてしまうこともし...続きを読む

グロス仕上げの外壁

艶あり・艶なし、外壁塗装のグロス仕上げとマット仕上げ

   人それぞれで好きな色が違うように外壁塗装でも好みが分かれますよね。ピカピカの艶ありがいいという人もいれば、控えめがいいという人もおり、艶なしが最高という人もいます。外壁塗装では艶あり・艶なし・半艶などで通用しますが、外壁材やフェンス、お住まいの外周りの建材は仕上げ方によってさまざまな呼ばれ方をします...続きを読む

ユーロ圏

欧州大陸から北米大陸まで、洋風住宅は実に多彩

   お洒落な洋風住宅、誰しも一回は憧れたことがあると思います。洋風住宅と言いますと欧米で一般的な住宅のことです。欧米、一言で表してしまっていますが、改めて考えて見ますと凄まじく広いことが分かります。     イギリスの離脱で揉めているユーロ圏内から大西洋を隔てた合衆国、そして...続きを読む

床の間

和風のお住まいの塗り替え前に代表的な和風建築を知っておこう

   現在では大分少なくなりましたが、純和風のお住まいって素敵ですよね。神社・仏閣以外の建物では見かけることは少なく、街中の住宅と一線を画しています。その存在感は歴史の重みのなせる業でしょう。その和風建築ですが、歴史的に見ていくと3つ造りに大別されます。歴史の教科書などにも出てきますので、ご存知の方も多い...続きを読む

アメリカの軽食店の色彩

外壁塗装の色選び、和風と洋風では似合う色が違います

   「お住まいの外壁塗装、何色にしたらよいかしら?」、一回塗り替えたら次の塗装は10年以上未来のことです。大袈裟な言い方をしますと10年間毎日続けて同じ服を着続けるのと同じですから慎重に選ばなければなりません。ここで多くの人がやってしまう間違いがあります。いきなり「ベージュがいいかな?、それともブラウン...続きを読む

青いイルミネーション

外壁塗装でイメージしてた色と違うのはメタメリズムが原因です

   外壁塗装で一番恐い失敗は塗り替えが終わって白日の下で見たら、イメージしてた色と違ったというものではないでしょうか。こういった現象はメタメリズムと呼ばれ、光源と物体の色と人間の知覚(色覚)によって生じることが分かっています。     例えば同じ色であっても日中に見るのと夕焼...続きを読む

雨の日と傘

雨に似合う外壁の色はどんな色?

   関東地方が梅雨入りしてほぼ1週間が経ちました。本格的な雨に見舞われてないのは外壁塗装業の我々にとって嬉しい限りですが、雨が降らないと水不足になってしまうので困りものです。   平均すると日本では3日に1回、雨が降っていることになります。雨の日に映える色で外壁塗装するのも趣がある...続きを読む

雨戸と戸袋は同じ色で塗装

外壁塗装の色選び、付帯部分の色を考える「庇・雨戸」編

   お住まいの外壁塗装を考えた場合、「屋根塗装をするのか」、「付帯部分はどうするのか」など、「どこまで塗るのか」問題がありますよね。どうせ塗装するなら、塗れるところは全て塗ることをお勧めします。各部分ごとに分けて塗ると、その度に足場を仮設しなければなりません。足場の仮設費用は結構なお値段ですので、工事の...続きを読む

クリスマスローズ

外壁塗装でグレイッシュな色が選ばれやすい理由

   これから外壁塗装を考えている方は他の方のお住まいの色がやたらと気にかかると思います。「やっぱり白は清潔感があっていい」、「ブラウンは落ちついた感じが素敵」等々、外壁塗装で色を選び出すと近所だけでなく出先でもついつい外壁の色を観察してしまうでしょう。ようく観察して見ると、ほとんどのお住まいの外壁に共通...続きを読む

ソメイヨシノ

春には桜がよく似合う理由から学ぶ外壁塗装の色選び

   南関東では桜(ソメイヨシノ)も満開の時期を過ぎ、4月7日の春の嵐で大分、散ってしまいました。さて、春の花といえば、桜の他、梅、桃、菜の花など様々なものがありますが、なぜソメイヨシノが尊ばれるのでしょうか。奈良時代、貴族の行事であった花見はその頃、中国から伝わったという梅を見て行われたと言われています...続きを読む

ソメイヨシノ

外壁塗装の色選び、春の花から学んでみよう

   枯れた色から一気にカラフルな世界になる季節が春です。様々な色の花が咲き、目を楽しませてくれます。そんな花の中に外壁塗装の参考になる彩りのものもあるのではないでしょうか。今回は春の花から外壁塗装の色選びに参考になりそうなものを探してみたいと思います。     ●日本人なら絶...続きを読む

ススキ

草花に学ぶ外壁塗装の色選び

   以前、ご紹介しましたように外壁塗装でおしゃれなお住まいにするためには色彩感覚を高めることが必要です。今回はその具体例を示してみたいと思います。秋に見頃な草花で外壁塗装の見本になりそうなものはあるでしょうか。     ●花は鮮やかな色や原色に近いものが多いので厳しいかも ...続きを読む

紅葉狩り

外壁塗装でおしゃれなお住まいにする為に紅葉を見に行こう

   10月になり、秋も深まってきましたね。これからの秋の連休に紅葉を見に行くという方も多いのではないでしょうか。   外壁塗装でおしゃれなお住まいにしようと思った時、求められるのは色彩感覚です。色に関する知識に関しては学習で習得することができますが、色彩感覚は感性によるところが大き...続きを読む

お散歩

外壁塗装の色選びで迷ったら散歩してみよう

   「現代は情報が洪水のように溢れている」、こんなことが言われるようになったのは1980年代のことです。それから30年以上が経過した今、情報の流通量は1980年代とは比べ物にならないくらい増加しました。現在、外壁塗装をご検討しており、色選びに迷っているという方は情報や選択肢の多さに振り回されているのでは...続きを読む

バルコニーの花

外壁塗装の色選び、外壁ではなくお庭の色を考えてみる

   外壁塗装というと「お住まいを何色に塗るか」ということだけに目を向けがちですが、おしゃれなお住まいというのは外壁だけでなく、お庭や塀といった部分にも気を配られてます。ファッションと同じようにトータルコーディネートが重要なのです。今回は外壁の色選びではなく、お庭の色選びについて考えてみましょう。 ...続きを読む

PCモニター

外壁塗装の色選びはモニターよりも色見本が正確です

   世の中に「テレビは見ない」という人はいても、PCやスマートフォン、何らかのモニターを見ないという人はごく少数ではないでしょうか。お住まいの外壁塗装を考えている方で、PCやスマホの画面を見て色選びをしようとしている方、ちょっとお待ちください。参考程度に留めておいた方が無難です。   ...続きを読む

ベニスの街並み

外壁塗装の色選びで後悔しないためのヒント集、ブルー・グリーン編

   「これと決めた色だったのに塗り替えてみたら、違う色に見えた…」、せっかくお住まいの外周りを一新できる外壁塗装なのに、こんな結果になったらがっかりですよね。素敵なお住まいに塗り替えられるよう、今回は人気の色別に注意したいポイントをご紹介します。     ●ブルー 薄い...続きを読む

ベージュで外壁塗装

外壁塗装の色選びで失敗しないためのヒント集、ベージュ・グレー編

   外壁塗装は一度、塗り替えてしまえばその後10年以上は塗装しません。10年間はそのままですから、色選びにはどうしても慎重になってしまいます。今回は人気の色別に注意したいポイントをご紹介します。     ●ベージュ 明るめを選ぶと白に見える 想像していたより黄色く...続きを読む

蚊取り線香のブタの器

外壁塗装の色選び、虫の侵入を防ぐ色はあるのか

   夏になると盛んに活動する虫。地球上にいなくてはならないものですが、できればお住まいへの侵入されるのは裂けたいものです。少し前には蚊を媒介とする伝染病のデング熱も話題になりましたし、蜂などに刺されるのは命の危険を伴います。虫が寄ってこないような色があれば、その色で外壁塗装したいものです。 &nb...続きを読む

赤い部分が退色した道路標識

色褪せしない色で外壁塗装したい人、必見の内容です

   外壁の経年劣化で目立ってくるのが色褪せ(退色)です。外壁塗装するのなら、色褪せしにくい色で塗りたいですよね。原色に近いハッキリした色は色褪せが目立ちます。中間色は退色が目立ちません。今回は色褪せと色についてご紹介したいと思います。     ●驚愕の真実 色褪せしやすい色と...続きを読む

グレーで塗り替えられたお住まい

汚れが目立たない色で外壁塗装したい人、必見の内容です

   外壁塗装するのなら、いつまでも綺麗が長続きする色で塗りたいですよね。「外壁を真っ白で塗りたい」というお客様は以外に多いのですが、やはり汚れが目立つことからクリームを選択されることがほとんどです。今回は汚れと色についてご紹介したいと思います。     ●汚れが目立たない色の...続きを読む

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の動画一覧
目指せ!新設No.1
求人情報

塗料の種類と特徴

傷付き、肉痩せしたスレートをよみがえらせます

ページの先頭へ戻る