外壁塗装コラム

外壁をツートンカラーにする際のお洒落な塗り分け方

付帯部を除いた場合、外壁の色はほとんどの場合、1色か2色です。そして、これまで1色だったお住まいを塗り替えで2色、ツートンカラーにイメージチェンジする時はかなりの勇気が必要ではないでしょうか。お住まいをツートンカラーにする場合、どこで色を分けるか区切るかというのも迷いが生じるものだと思います。これまで弊社が施工した例を見てみましょう。

 

●外壁の上下で塗り分ける

上下ツートンカラーシミュレーション 上下ツートンの塗り替え

1階部分と2階部分で色を変えるというオーソドックスなやり方です。このようなパターンのツートンは街中でもよく見かけますし、かなり自然です。

 

●出っ張りと凹みで塗り分ける

ベランダのみ色違い ベランダが広いお住まい

ベランダやバルコニーが大きなお住まいですと、インパクトのあるイメージチェンジになります。ベランダやバルコニーに植物などがありますと、そこでの生活を楽しんでいるという感じがして良いアクセントになると思います。

 

●窓などを利用して縦方向に塗り分ける

縦ツートン 縦ツートン面積広め

1階部分と2階部分の窓が同じ大きさの場合で、なおかつデザインが似ている場合、お住まいをスタイリッシュに引き立てる外壁塗装になります。

 

●統一感やまとまりが足りないと感じたら、さらにプラス1色、セパレートカラーを追加

幕板の設置されたお住まい 幕板焦げ茶

「今まで1色だったせいか、どうもツートンだとまとまりを感じられない」という方は色を減らすのではなく、増やす方向で考えてください。塗り分けをする境界の部分に幕板などを設置してセパレートカラーを追加します。このセパレートカラー、お住まいだけでなくさまざまものの配色技法として使われている方法です。幕板は設置されていないお住まいでも後付けできますので、ご安心ください。また、セパレートカラーは無彩色と呼ばれる黒や白が使われおり、これが色と色がぶつかる部分の不自然さを消してくれるのです。ほんどとの幕板は無彩色かそれに近い色が使われていますので、ご安心ください。

 

 

 

 

人気のブログ一覧

2018年2月23日  屋根塗装はブラウン!軒天塗装の色は外壁色に合わせて水性ケンエースで塗装

    本日は富里市にお住いのお客様宅の屋根塗装と軒天塗装が完工いたしましたのでbefore・after形式でご覧いただきたいと思います。当初お問い合わせを頂いた際、軒天と破風板補修をご希望とのことでした。お家の調査をさせていただいた結果、屋根塗装も行うことになりました。 屋根塗装前 ...続きを読む

屋根塗装はブラウン!軒天塗装の色は外壁色に合わせて水性ケンエースで塗装

2018年2月21日  横浜市神奈川区|屋根塗装前にサーモアイSiでカラーシミュレーション

    今日は横浜市神奈川区のお客様より、屋根塗装の見積依頼をいただきました。屋根塗装の前にご希望のカラーをお教えいただき、カラーシミュレーションを作成いたしましたのでまずはご覧くださいませ。 サーモアイで屋根のカラーシミュレーション ...続きを読む

2018年2月21日  葛飾区|錆が発生しているアパートの外階段の塗装

    塗膜が剥がれると水分の影響で錆が発生する 本日ご紹介いたしますのは葛飾区で行ったアパートの塗装の様子です。 長年メンテナンスをしていないことで錆の発生が目立っている状態です。今のところ強度的には大丈夫ですが、この状態が長く続けば腐食が進んでしまうでしょう。 そもそも錆が発生するのは鉄部が空気にさらされていることと、水分の影響によるものです。塗装をすることでそれらの問題 ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る