外壁塗装コラム

外壁塗装でオシャレにしたい人に必要なのは色調のリズム感?

最近、よく思うのですが、人工的なもの、自然なものに関わらず美しいものはすべてリズム感を持っているのではないでしょうか。たとえば、外壁塗装をする時などの基本的な配色技法にベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーに分けて考えるというものがあります。大きい面積、そこそこの面積、小さな面積に分けて塗る色を考えましょうというものですが、それぞれの面積比は均等に小さくなっていくわけではありません。

 

塗り替えの比率 屋根塗装 外壁塗装 アパート

例えば、上記のような比率の場合、ベースカラーは全体の50~60%、アソートカラーは30~40%、アクセントカラーは5~10%となるわけです。しかし、これがキッチリと3対2対1に塗り分けられていたりすると、規則性を強く意識しまい、遊び心が全く感じられないため、あまりオシャレとは感じられないようです。難しいですね。

 

幕板のあるお住まい

例えば、配色技法の一つとしてよく使われるセパレートカラーですが、これは色と色がぶつかる部分の不自然さを消すために用いられます。この「色と色がぶつかる部分の不自然さ」という意味は『系統が違う色が隣接しているのでうるさく感じられる』、『似たような色が隣同士なので緊張感が足りない』という2つのニュアンスのどちらかで使われます。セパレートカラーは白か黒の無彩色かそれに近い色が用いられます。色味がないものを用いてそこでリセットしてしまうのです。音楽で例えると休符のようなものですよね。

 

ある一定の規則の中にも変化をつけてリズム感を持たせる、外壁塗装の配色にはこういったことを意識することも必要なのです。

人気のブログ一覧

2017年11月15日  タイル面を美しく仕上げるクリアー塗料のファイングラシィSi

    元々のタイル外壁の素材を活かすことのできるクリヤー塗料のファイングラシィSiのご紹介です。機能としては、防藻防カビ、高耐候性、超低汚染性、陶磁器タイル面・タイル目地の保護をしてくれるというものです。 外壁 タイル塗装前 ...続きを読む

タイル面を美しく仕上げるクリアー塗料のファイングラシィSi

2017年11月14日  原因不明のバルコニーの床のひびの恐怖|千葉市緑区

    「いつの間にかバルコニーの床を横切るようなひびが入っていた。とにかく不安なので一度、見に来てほしい」というご相談を千葉市緑区のお客様から受けました。詳しいお話をお聞きしましたところ、「家の壁からベランダの壁までほぼ直線にひびができている」ということなので、ただならぬ感じがします。現在は雨漏りなどは発生していないそうですが、お客様はかなり不安を感じているようです。 ...続きを読む

原因不明のバルコニーの床のひびの恐怖|千葉市緑区

2017年11月14日  ブラウン・茶色の外壁!パーフェクトトップのブラウン色違い外壁を見てみましょう

    外壁塗装の際に人気のあるカラー、ブラウンで外壁塗装をされましたお家を例にブラウンの比較をしてみたいと思います。カラーシミュレーション作成依頼の多い色でもあります。今日は外壁塗料のパーフェクトトップでブラウンの色違いを見ていただきたいと思います。 ブラウン・茶色の外壁 パーフェクトトップ ND-375 ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
目指せ!新設No.1
求人情報

塗料の種類と特徴

傷付き、肉痩せしたスレートをよみがえらせます

ページの先頭へ戻る