外壁塗装コラム

外壁塗装でオシャレにしたい人に必要なのは色調のリズム感?

最近、よく思うのですが、人工的なもの、自然なものに関わらず美しいものはすべてリズム感を持っているのではないでしょうか。たとえば、外壁塗装をする時などの基本的な配色技法にベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーに分けて考えるというものがあります。大きい面積、そこそこの面積、小さな面積に分けて塗る色を考えましょうというものですが、それぞれの面積比は均等に小さくなっていくわけではありません。

 

塗り替えの比率 屋根塗装 外壁塗装 アパート

例えば、上記のような比率の場合、ベースカラーは全体の50~60%、アソートカラーは30~40%、アクセントカラーは5~10%となるわけです。しかし、これがキッチリと3対2対1に塗り分けられていたりすると、規則性を強く意識しまい、遊び心が全く感じられないため、あまりオシャレとは感じられないようです。難しいですね。

 

幕板のあるお住まい

例えば、配色技法の一つとしてよく使われるセパレートカラーですが、これは色と色がぶつかる部分の不自然さを消すために用いられます。この「色と色がぶつかる部分の不自然さ」という意味は『系統が違う色が隣接しているのでうるさく感じられる』、『似たような色が隣同士なので緊張感が足りない』という2つのニュアンスのどちらかで使われます。セパレートカラーは白か黒の無彩色かそれに近い色が用いられます。色味がないものを用いてそこでリセットしてしまうのです。音楽で例えると休符のようなものですよね。

 

ある一定の規則の中にも変化をつけてリズム感を持たせる、外壁塗装の配色にはこういったことを意識することも必要なのです。

人気のブログ一覧

2017年9月20日  木更津市|外壁の張替えと防蟻塗料で白蟻による被害を復旧

    木更津市にお住まいのお客様は、アパートの持ち主の方でした。住居人様から部屋に蟻が発生しているとのことで、オーナー様に苦情が出ているとのお問い合わせをいただきました。オーナー様は初めはシロア ...続きを読む

木更津市|外壁の張替えと防蟻塗料で白蟻による被害を復旧

2017年9月20日  文京区|中古で購入した家を高耐候性塗料のパーフェクトトップを使用しネイビーの外壁へ

    本日のブログは文京区のお客様宅の屋根・外壁塗装が完工したので見てみたいと思います。お問い合わせのきっかけは、中古で購入した家の内装をリノベーションしたそうなのですが、外装のリフォームがまだなので見積をお願いしますとお問い合わせをいただいたことがきっかけでした。リノベーションとは「手を加えてよくすること。修復。再生。」の意味があります。家の中が綺麗になったのですから、外装も綺麗にしたい!と思うのは自然なことで ...続きを読む

文京区|中古で購入した家を高耐候性塗料のパーフェクトトップを使用しネイビーの外壁へ

2017年9月19日  木更津市|サッシ開口が小さくなったので、サイディングを貼りました

    木更津市のお客様からご依頼を受け、ユニットバスの交換をいたしました。これまでのサッシは大きく、開口もありました。今回のサッシはそれよりも小さく、開口でH900×W900のものに変更になり、隙間ができてしまったので、そこを塞ぐ必要があります。下地を作って隙間を塞ぎ、窯業系サイデ ...続きを読む

人気の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
目指せ!新設No.1
求人情報

塗料の種類と特徴

傷付き、肉痩せしたスレートをよみがえらせます

ページの先頭へ戻る