外壁塗装の彩りコラム

海沿いが寒いのは風が強い以外の理由があった

長いこと生きていますと経験から物事を判断することもありますよね。この経験則は正しいことも多く、それこそ昔などは村に長老などがいて、その方の意見が尊ばれたものでした。実はこの経験則、歴史などからも証明されているように間違っている・誤っていることも多数、あります。本日、知って驚いたのはタイトルにもあるように、海沿いが寒いのは風が強い以外の理由があったということでした。

 

ふきのとう 防寒対策

春一番も吹き、気温もだんだんと高くなり、春の近付きを感じますよね。それでも海の近くに行くと、かなり寒く感じられます。その時、ほとんどの方はこう思うでしょう。「やっぱり、海の近くは風が強いから寒いなあ」と。『風が強いと寒い』… 科学的根拠もあり、なおかつこれまでの経験に基づいた知識です。間違いではありません。しかし、海沿いが寒いのには寒流や暖流以外のもっと大きな科学的根拠が存在していたのです。

 

冬の大原海岸(千葉県) 荒れ狂う冬の海

一番日の長い夏至、一番日の短い冬至、本格的な暑さや寒さはこの1ヵ月後くらいに訪れます。これは地面や空気が温まりきったり、冷え切ったりするのにそれから約1ヶ月前後、かかるためです。海上は地面よりも温まったり、冷え切ったりするのに時間がかかります。温まりきったり、冷え切ったりするのに何と約2ヶ月を要するというのです。つまり、現在、この時期が一番寒いということになります。海沿いは風が強いだけでなく、冷え切った空気が近くにあることも理由の一つなのです。海沿いの方は風など引かぬよう、ご自愛ください。

コメントは停止中です。

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の動画一覧
目指せ!新設No.1
求人情報

塗料の種類と特徴

傷付き、肉痩せしたスレートをよみがえらせます

ページの先頭へ戻る