施工事例

東京都文京区|外壁塗装と屋根塗装に加え陸屋根の防水工事 

 文京区の手代木様より、屋上の防水工事のお問い合わせをいただきました。屋上の増築用基礎を撤去し、天窓跡を塞ぎたいというご要望です。また、近接しているお隣が新築前で更地となっています。工事が始まる前に、隣地に面した外壁を塗装しておきたいというご要望があり、外壁とスレート屋根部分を併せて無料点検させていただきました。

点検したところ、屋上の基礎の状態は問題ありませんでした。ただし、土台部分撤去後の状況によって基礎部分の補修が必要となる可能性があります。外壁は笠木板金部からのヘアクラックが目立ちました。外壁目地、サッシ枠廻りのコーキングの硬化も始まっており、スレート屋根は目立つ破損はないものの、コケが発生しております。全体的にダメージが大きくなる前の最適なメンテナンスのタイミングと言えます。

手代木様は当初より近隣との調整を気にされておられました。それに対する適切な提案と、丁寧な工事内容の説明が決め手で弊社を選んだ、と施工後に教えていただきました!

では各部位ごとに施工のご紹介をいたします。

ビフォーアフター

before
arow
arow
after

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 屋根塗装 
使用材料
■防水工事 カチオン系コーキング剤、カチオンタイトT、フローンプライマーF、フローン11カラーウレタン塗膜防水塗料、ウレタントップコート塗料 ■外壁塗装:北・東面:シリコンセラUV、南・西面:ファイン4Fセラミック
施工期間
19日
建坪
床防水工事:55㎡、外壁塗装:245㎡、屋根塗装:29㎡

お住まいの無料診断

屋上の点検

天窓はべニアで簡易施工されており、排水ドレン廻りは問題ありません。塔屋に亀裂や剥がれはありませんが防水再施工の時期にきています。

増築計画時の基礎が残っている状態(防水処理済み)
天窓跡部分はべニアで簡易施工済み (べニアの上に防水シートにて養生中)
 
屋上の排水ドレン廻り問題なし
塔屋部分は大きな亀裂や剥がれはありませんが、防防水再施工の時期になっています。
 
塔屋部分の排水ドレンの詰りはありません。
スレート面は目立った割れや欠けはありませんが、コケが発生しております。
 

外壁の点検

笠木板金部分からのクラックが目立ちます。
外壁目地部分のコーキングの硬化が始まっています。
 
サッシ枠廻りのコーキングの硬化が始まっています。
各ダクトの外壁ジョイント部のコーキングの劣化が出ています。(ご主人様にて過去修復歴あり)
 
エアコンダクトの劣化が出ています。(南・西側)
配管固定金具(鉄製)の錆が発生しています。
 

提案調査結果とともに、下記提案させていただきました。

  • 天窓部分は土台撤去後にベニヤを新しく張り、モルタル下地を施工した上で、ウレタン防水施工を行います。
  • 土台部分は撤去後の状況を確認し、基礎部分の補修が必要な場合があります。(モルタル補修)
  • 基礎部分からアンカーボルトが立ち上っていると思われますので、アンカーボルトはカットし、ウレタン防水施工を行います。

  屋上 (塔屋部分)

  • 既存の防水シートの上に、下地プライマー塗布後にウレタン防水施工を行います。
  • スレート部は下塗り後にシリコン塗料塗装を行います。

  外壁 (南面・西面外壁はフッ素塗装)

  • クラックは表面のクラックのみですので、塗装前の下地処理時にコーキングを補修を行い、モルタル壁専用フィラーで補強をする事でクラックの拡大防ぎます。その後に中塗り、上塗りと着色を行っていきます。
  • 縦方向のコーキングについては、塗装による保護で対応可能です。(シリコン塗装面・フッ素塗装面共)
  • 横方向のコーキングについては増し打ち施工を行います。
  • ダクト廻りのコーキングは打ち替えを行い、新規に内部への浸水を防ぎます。
  • エアコンダクト及び配管固定金具はステンレス製の吊金具へ交換します。

  工程票

施工開始

屋根防水工事

鉄筋差し込み用に穴を開けます
モルタルを充填します。
 
モルタルの表面を左官仕上げします。
左官仕上げできあがりです。
 
他の箇所もきれいに仕上げていきます。カチオン系コーキング剤でコーキングし、モルタルを補修します。
 
高圧洗浄で汚れを徹底的に洗い流します。


手洗い洗浄でも丁寧に洗浄していきます。
 
カチオンタイトTでしっかりと下地に接着させます。
 
カラーウレタン塗膜防水塗料で中塗していきます。
 
上塗りはウレタントップコート塗料を塗ります。
 
きれいに仕上がりました!
 

塔屋防水工事

 

塔屋へは防水シートに、下地プライマー塗布、ウレタン防水施工をしました。

配管固定金具をステンレス製の吊金具へ交換しました。
エアコンダクトも補修しています。
 

屋根塗装

 

スレート屋根は下塗りはベストシーラー、 中塗り、上塗りはシリコンベスト で仕上げました。

外壁目地補修 外壁塗装

外壁目地部分のコーキングはきれいに増し打ちしています。
サッシ枠廻りのコーキングもしっかり補修しました。
 

完工

【Before】

 
【After】
 
 
最後に、外壁の塗装をご紹介します。苔むしていた外壁もきれいに生まれ変わりました!クラックは表面のみでしたので、塗装の下地処理時にコーキング補修、モルタル壁専用フィラーで補強しています。外壁塗装(北・東面)シリコン塗装 下塗り:ソフトサーフ 中・上塗り:シリコンセラUV外壁塗装南・西面) フッ素塗装 下塗り:シルクシーラー 中・上塗り:ファイン4Fセラミック
 

外壁塗装のブログ一覧

2018年5月22日  木更津市|外壁塗装前に行う処理の一つ、目地補修!

    外壁塗装工事前に行う処理の一つとして目地補修になります。サイディングの外壁の場合、一番最初に傷みだすのがコーキング部分だったりします。早いケースで5年目くらいから、遅くても10年を経過すれば傷みだします。 目地の劣化(ひび割れ・亀裂) ...続きを読む

2018年5月18日  江戸川区|屋根外壁塗装前に2パターンのカラーシミュレーション作成

    江戸川区にお住いのお客様より屋根外壁塗装のご依頼をいただきました。数あるサイトの中から街の外壁塗装やさんをお選びいただき誠に有難うございます。早速こちらではカラーシミュレーションを作成いたしましたのでご覧いただきたいと思います。外壁の色はお客様のご指定がございました。他にもこの色も合いそうだな・・という色を作成しご覧いただきました。下記がカラーシミュレーション画像になります。 ...続きを読む

江戸川区|屋根外壁塗装前に2パターンのカラーシミュレーション作成

2018年5月17日  屋根・外壁塗装の必要性と工事資金の問題

    屋根・外壁塗装は費用がかかるというイメージがあると思います。屋根・外壁塗装は、ある程度の築年数を経たら絶対にやらなくてはならない工事になります。質の良い塗料を使ってキレイを維持し、メンテナンスサイクルを先に延ばしたい!と思っても手元に資金がなければ直したくても直せないということになってしまいます。ですが、お家の不具合に待った!はききません。 ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
  • お値段について
  • リフォームローン
  • 選んだ理由
  • 7つのポイント
  • 雨漏り
  • コラム
  • 依頼どこ
ページの先頭へ戻る