施工事例

千葉県習志野市 ナノコンポジットWとサーモアイSi 高性能塗料による塗装で快適ライフ

  千葉県習志野市にお住まいのY様より「外壁と屋根の点検をお願いしたい」とご依頼をいただきました。点検にお伺いしたところ、外壁はチョーキングやクラックが見られたので、そろそろ塗装を行う時期が来ているようです。屋根に関しては苔の発生や色褪せが確認されましたので、外壁同様に塗装が必要であると判断できました。他にも部分的に手入れが必要な箇所がありましたので、外壁と屋根に加えて部分塗装を行い、お住まいの外観を一新いたします。

ビフォーアフター

before
arow
arow
after

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 屋根塗装 
使用材料
外壁:ナノコンポジットW 屋根:サーモアイSi

【点検時の様子】 お住まい全体の点検を行います。

千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 外壁点検 千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 外壁点検 チョーキング
  まずは外壁から点検を行います。左写真はお住まいを正面から見たものです。比較的汚れなどは目立っていませんが、経年によってくすんで見えます。外壁を手袋で擦ると白い粉が付着しました(右写真)。これはチョーキングという現象です。塗料は古くなると、このように粉状になります。ですのでチョーキングが見られた場合は外壁塗装を行う時期であると言えるでしょう。
 
千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 外壁点検 錆 千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 外壁点検 苔
  お住まいの北側に行くと小型の物置が設置してありました(左写真)。その表面は塗膜が剥がれ、錆があちこちに見られます。右写真はその付近の外壁です。外壁に緑っぽい物が付着しているのがお分かりいただけるでしょうか? これは苔です。苔が生えると、その部分の水捌けが悪くなるので外壁にあまり良くありません。
 
千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 外壁点検 目地のひび割れ 千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 外壁点検 目地のひび割れ
  サッシ付近の目地にひび割れが確認されました(左写真)。他にも目地のひび割れは随所に見られます(右写真)。目地から雨水が浸入して雨漏りを起こすことがありますので、このまま放置はできません。外壁塗装に合わせて目地の補修も行う必要があります。
 
千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 外壁点検 クラック 千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 外壁点検 クラック
  サッシ付近の外壁にクラックが確認されました(左写真)。サッシの周辺はクラックが発生しやすい箇所ですので、注意が必要です。右写真は釘打ち箇所からのクラックです。クラックから雨水が入り込み雨漏りに発展することもありますので、こちらもしっかり補修しなければなりません。
 
千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 外壁点検 塗膜が剥がれている 千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 外壁点検 ボイラーの錆
  塗膜の剥がれが見られます(左写真)。塗膜は経年によってびび割れを起こしたり剥がれたりします。それによって保護機能を失った外壁材はどんどん劣化してしまいます。傷みを進行させないためには、早めに外壁塗装を行う必要があります。ボイラーの表面に錆が発生しています(右写真)。こちらも塗装で綺麗にしたいと思います。
 
千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 外壁点検 配管の保護材剥がれ 千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 外壁点検 配管の保護材剥がれ
  配管の断熱材が剥がれています。経年によって傷んでしまったようです。剥がれた箇所は断熱効果がなくなるので、冬場に凍結を起こす可能性があります。また、温水が通る配管であれば火傷などの危険があります。ですので今回の工事に合わせて断熱材も一新したいと思います。
 
千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 屋根点検 苔の発生 千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 屋根点検 苔の発生
  続いて屋根の点検を行います。日当たりの悪い北側には苔が生えていました。北側の屋根は傾斜が急になっている上、苔が生えた屋根は滑りやすいのでこれ以上近づけませんが、目視だけでも屋根があまり良い状態でないことが伺えます。
 
千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 屋根点検 色褪せ 千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 屋根点検 色褪せ
  南側の屋根です。北側のように苔が大量に生えているわけではありませんが、こちらは色褪せが目立っております。色褪せしているのは塗料が古くなっている証拠です。よって、屋根の方も塗装を行う時期が来ていると判断できます。
 
千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 屋根点検 スレートの欠け 千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 屋根点検 破風板の塗膜が剥がれている
  スレートの欠けがあちこちに発生していました(左写真)。スレートは重ねて設置していますので、多少の欠けでしたら雨水が内部まで入り込む可能性は低いです。しかし、欠けが随所で見られる場合は屋根材が全体的に傷んできていると判断できます。破風板の塗膜が剥がれています(右写真)。剥がれた箇所は水分や紫外線の影響を受けやすくなります。それによって下地に傷みが出る前に塗装を行わなければなりません。
 
千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 屋根点検 棟板金の隙間 千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 屋根点検 棟板金の釘が浮いている
  棟板金に浮きが見られます(左写真)。その付近の棟板金を固定している釘が浮いていました(右写真)。どうやら釘が浮いたことで棟板金を固定する力が緩くなっているようです。それによって棟板金が浮いてしまっていると考察できます。小さな隙間でも、強風の煽りを受けて飛散する可能性があります。そうなる前にしっかり補修しておく必要があります。
 
千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 屋根点検 雨樋に植物が生えている 千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 屋根点検 一階の屋根の色褪せ
  雨樋に植物が生えています(左写真)。雨樋を定期的に清掃しないと落ち葉や土が堆積して植物が生えることがあります。こうなると、雨水の流れも悪くなる上に、異物が余計に溜まりやすくなります。右写真は一階の屋根です。大屋根と同様に色褪せしていますので、こちらの塗装もご提案させていただきました。
 

【足場架設】 足場を架設し、その廻りをメッシュシートで囲みます。

千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 足場架設 千葉県 習志野市 屋根塗装 外壁塗装 足場架設 メッシュシート
  屋根や外壁を塗装するので、足場を架設します(左写真)。今回は立地的に足場が敷地内に収まりませんでした。そのような場合は、その土地の所有者に許可を取り、了承を得た上で架設します。足場の設置後、メッシュシートでお住まいをぐるっと囲みます。メッシュシートは工事による汚れや塗料の飛散を防ぐために設置します。
 

【高圧洗浄】 塗装を行う前に高圧洗浄を実施します。

千葉県 習志野市 屋根の高圧洗浄 千葉県 習志野市 屋根の高圧洗浄機
  屋根の高圧洗浄の様子です。大量に生えた苔でも150kgの高圧水流によって綺麗に取り除くことができます。苔や汚れだけでなく、古くなって浮いた塗膜も洗い流します。
 
千葉県 習志野市 外壁の高圧洗浄 千葉県 習志野市 外壁の高圧洗浄機
  こちらは外壁の高圧洗浄です。右写真のようなサッシ付近を行う場合は、圧を下げて洗浄します。また、傷みが見られる箇所の洗浄も、同様に圧を下げます。このように調整しながら行うので、洗浄ノズルを操作する人と圧を調整する人の二人で作業を進めます。
 

【カラーシミュレーション】 カラーシミュレーションを使って色選びを行いました。

千葉県 習志野市 カラーシミュレーション ライトピンク 千葉県 習志野市 カラーシミュレーション ホワイト
  「外壁塗装をするならイメージを変えてみたい。」とのお施主様のご要望により数種類のカラーシミュレーションを作成いたしました。左写真はライトピンクのパターンです。右写真は現在のお住まいに近いアッシュグレーのパターンです。
 
千葉県 習志野市 カラーシミュレーション ブラウン 千葉県 習志野市 カラーシミュレーション ライトブラウン
  左写真はダーキッシュカフェのパターンです。右写真はスモーキーベージュです。今回はこのパターンに近い色での外壁塗装をご依頼いただきました。
 

【外壁塗装】 ナノコンポジットWで外壁塗装を行います。

千葉県 習志野市 外壁塗装 目地補修 プライマー塗布 千葉県 習志野市 外壁塗装 目地補修 コーキング注入
  外壁塗装を行う前に目地のひび割れやクラックの補修を行います。ご紹介するのはコーキングの増し打ちです。まずは補修箇所の両側を養生(補修しない箇所を汚さないようにテープなどで保護すること)します。プライマーを塗布(左写真)した後、新しいコーキングを乗せていきます(右写真)。コーキングを綺麗に整形し養生を剥がします。コーキングが固まれば増し打ちは完了です。
 
千葉県 習志野市 外壁塗装 下塗り用 マイルドシーラー 千葉県 習志野市 外壁塗装 下塗り
  外壁の補修が終わりましたら、いよいよ塗装に入ります。塗装は一回塗って終わりではありません。数回の重ね塗りを経て完了となります。その最初の工程となるのが下塗りです。写真のようにフィラーを使って下塗りを行います。
 
千葉県 習志野市 外壁塗装 ナノコンポジットW 千葉県 習志野市 外壁塗装 中塗り
  左写真はナノコンポジットWです。下塗り後はこちらを使って中塗りを行います。この工程からお施主様にご依頼いただいた色で塗装を行います。見慣れたのお住まいの色が、塗装によって変っていく様子は何度見てもワクワクしますね!
 
千葉県 習志野市 外壁塗装 上塗り 千葉県 習志野市 外壁塗装 完了
  中塗り後、上塗りを行って仕上げます(左写真)。右写真が上塗り後になります。色褪せしていた外壁でしたが、塗装を行ったことで見事に美しさが蘇りました! お住まいの色も変ったので、新鮮な気持ちでお過ごしいただけるのではないでしょうか。
 

【屋根塗装】 遮熱塗料のサーモアイSiで屋根塗装を行います。

千葉県 習志野市 屋根塗装 タスペーサーを使った縁切 千葉県 習志野市 屋根塗装 タスペーサーを使った縁切
  屋根の塗装に入る前に縁切りを行います。縁切りとは屋根材同士に適度な隙間を作ってやることです。その隙間がないと、屋内の空気の逃げ場がなくなり湿気などが篭ってしまいます。また、毛細管現象によって水分を引き入れてしまい雨漏りになるケースもあります。外壁塗装センターでは写真のようにタスペーサーを使って縁切りを行います。
 
千葉県 習志野市 屋根塗装 スレートのクラック補修 千葉県 習志野市 屋根塗装 スレートのクラック補修 補修後
  続いて屋根材のクラックを補修します。右写真のように補修材を使って修復します。屋根材の色とマッチしていませんが、この上から塗装を行っていけば見えなくなりますので問題ありません。
 
千葉県 習志野市 屋根塗装 サーモアイシーラー 千葉県 習志野市 屋根塗装 下塗り
  屋根塗装に入ります。今回は遮熱塗料のサーモアイSiを使用するので、専用のサーモアイ・シーラーを使って下塗りを行います。サーモアイ・シーラーにも遮熱効果があるので、合わせて使うことで高い遮熱効果を発揮します。
 
千葉県 習志野市 屋根塗装 サーモアイSi 千葉県 習志野市 屋根塗装 中塗り
  続いて中塗りを行います。ここからはサーモアイSiを使って塗装を行います。2液型の塗料ですので、塗料液と硬化剤を混合して使用します。一般的に1液型の塗料は塗装後、自然乾燥によって硬化しますが、2液型は化学反応によって硬化します。2液型は混合させて使うので手間がかかりますが、1液型よりも乾きが早く高性能です。
 
千葉県 習志野市 屋根塗装 上塗り 千葉県 習志野市 屋根塗装 完了
  中塗り後、上塗りを行います(左写真)。上塗りが終われば屋根塗装は完了です。右写真が塗装後の屋根です。色褪せや苔が目立っていた屋根ですが、塗装をすれば新築のように綺麗になります。遮熱塗料を使っているので、夏の暑さ対策にもなりますね!
 

【部分塗装】 部分塗装を行って隅々まで綺麗にします。

千葉県 習志野市 破風板の塗装 下塗り 千葉県 習志野市 破風板の塗装 中塗り
  こちらは破風板の塗装です。まずはケレンを行って下地を整えます。ケレンとは今回の場合、塗装を行う箇所の旧塗膜を除去し清掃を行って塗装面を整えることです。鉄部のケレンは錆落としなども行います。ケレン後、下塗り材を塗布します。下塗り後はファインSiを使って中塗りを行います(右写真)。
 
千葉県 習志野市 破風板の塗装 上塗り 千葉県 習志野市 破風板の塗装 上塗り
  更に重ね塗りを行って仕上げます。塗膜が剥がれて木部が露出していると、水分の影響で腐食していてる場合があります。そうすると交換しなければなりませんが、今回は幸いにも腐食しておりませんでした。このように塗装を行っておけば、次の塗装の時期までは問題ありません。
 
千葉県 習志野市 軒天の塗装 千葉県 習志野市 軒天の塗装 完了
  こちらは軒天の塗装です(左写真)。ビルディックで重ね塗りを行って仕上げます。軒天などの高所は足場を架設するような工事でなければ手入れができません。ですので、この機会にしっかり綺麗にしておきます。
 
千葉県 習志野市 雨戸の塗装 下塗り 千葉県 習志野市 雨戸の塗装 中塗り
  雨戸の塗装の様子です。まずは塗装しやすいように雨戸を外し、塗らない箇所に養生を施します。その後、下塗り材を塗布します(左写真)。下塗りが乾きましたら、ファインSiを使って更に2回の重ね塗りを行います(右写真)。
 
千葉県 習志野市 雨戸の塗装 上塗り後 千葉県 習志野市 雨戸の塗装 完了
  ファインSiを塗り終わったところです(左写真)。しっかりと塗料を乾かしてから元の位置に戻します(右写真)。雨戸の色もホワイトからチョコに変り、とても締まった印象になりましたね!
 
千葉県 習志野市 一階の床塗装 千葉県 習志野市 一階の床塗装 完了
  霧除け庇の塗装の様子です。まずは錆止めを塗布します(左写真)。続いてファインSiを使って中塗りを行います(右写真)。霧除け庇も破風板や雨戸と同じチョコで塗装を行います。
 
千葉県 習志野市 霧除け庇塗装 千葉県 習志野市 霧除け庇塗装 完了
  仕上げの上塗りを行います。このように複数回の重ね塗りを行うことで、強い塗膜が出来上がります。右写真が塗装後です。艶のある美しい仕上がりになりましたね!
 
千葉県 習志野市 換気扇フードの塗装 千葉県 習志野市 換気扇フードの塗装 完了
  換気扇のフードの塗装です(左写真)。油などの汚れをしっかり清掃し、ケレンを行ってからファインSiで塗装を行います。右写真が塗装後です。汚れが目立っておりましたが、塗装を行ったことで綺麗になりました。
 
千葉県 習志野市 雨樋の塗装 千葉県 習志野市 雨樋の塗装 完了
  こちらは雨樋の塗装です(左写真)。同じくファインSiを使っています。こちらもチョコの塗料を使います。右写真が塗装後です。日焼けによってくすんでいたのが嘘のように艶やかな輝きを放っていますね!
 
千葉県 習志野市 玄関手摺の塗装 千葉県 習志野市 玄関手摺の塗装 完了
  玄関の手摺も塗装します(左写真)。錆止めを塗布した後(左写真)、ファインSiで数回重ね塗りを行います。このように常に風雨に晒される箇所は塗料の劣化が早いので、高耐候性のファインSiは最適な塗料といえるでしょう。
 

【カーポート補修】 カーポートの屋根を補修します。

千葉県 習志野市 カーポート補修 前 千葉県 習志野市 カーポート補修 後
  カーポートの屋根はポリカーボネート製です。破損して大きな穴が空いています。破損していない箇所は問題なく使用できますので、穴が空いた部分のみ新品と交換しました。
 

【完工後】

  今回は外壁塗装にナノコンポジットWを使用しました。この塗料はセルフクリーニングといって付着した汚れを降雨で洗い流す機能を有しています。空気中の排気ガスに含まれる油分は外壁に付着するとなかなか取れません。しかしナノコンポジットWなら、このような頑固な汚れでも雨で落としてくれるので、常に綺麗な外見を保つことができます。大きな通り沿いの立地で排気ガスによる汚れが気になる方は、検討してみてはいかがでしょうか? 千葉県 習志野市 外壁塗装 屋根塗装 完工後
 
千葉県 習志野市 外壁塗装 屋根塗装 完工後   ここ数年、遮熱塗料の人気が高まっています。TVなどのメディアに取り上げられていることも理由の一つですが、何よりもその効果を実感した方による口コミによって認知されているようです。実際に遮熱塗料とそうでない塗料を比較すると、遮熱塗料の方がお値段は割高になりますが、夏場の光熱費を節約できるのでトータルコストはお安くなります。ですので、これから屋根塗装をお考えであれば、遮熱塗料がお奨めです。外壁塗装センターでは遮熱塗料を扱った施工を多く手がけておりますので、質問などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
 

カラーシミュレーションでさらにわかりやすく!カラーシミュレーション 詳細はこちら

外壁塗装のブログ一覧

2017年11月15日  タイル面を美しく仕上げるクリアー塗料のファイングラシィSi

    元々のタイル外壁の素材を活かすことのできるクリヤー塗料のファイングラシィSiのご紹介です。機能としては、防藻防カビ、高耐候性、超低汚染性、陶磁器タイル面・タイル目地の保護をしてくれるというものです。 外壁 タイル塗装前 ...続きを読む

タイル面を美しく仕上げるクリアー塗料のファイングラシィSi

2017年11月14日  ブラウン・茶色の外壁!パーフェクトトップのブラウン色違い外壁を見てみましょう

    外壁塗装の際に人気のあるカラー、ブラウンで外壁塗装をされましたお家を例にブラウンの比較をしてみたいと思います。カラーシミュレーション作成依頼の多い色でもあります。今日は外壁塗料のパーフェクトトップでブラウンの色違いを見ていただきたいと思います。 ブラウン・茶色の外壁 パーフェクトトップ ND-375 ...続きを読む

ブラウン・茶色の外壁!パーフェクトトップのブラウン色違い外壁を見てみましょう

2017年11月13日  江戸川区|低汚染塗料のナノコンポジットWで外壁塗装

    江戸川区で行った外壁塗装をご紹介いたします。お施主様のお悩みとして、外壁の汚れが目立ってきたのをなんとかしたいということです。また、モルタルの外壁で、クラックなども出てきていることから、地震に対する建物の耐久性なども心配しておりましたので合わせて補修を行うこととなりました。 ...続きを読む

外壁塗装の施工事例一覧

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
目指せ!新設No.1
求人情報

塗料の種類と特徴

傷付き、肉痩せしたスレートをよみがえらせます

ページの先頭へ戻る