施工事例詳細

佐倉市の屋根外壁塗装|サーモアイ4Fとエラストコートで超高耐久メンテナンス

【工事のきっかけ】
佐倉市のN様邸になります。前回工事をさせて頂きましたお客様からのご紹介でご連絡を頂きました。屋根外壁塗装工事をご検討中とのことで、早速無料点検にお伺いいたしました。シリコン系塗料は通常10~13年とアクリルよりも高耐久ですが、せっかくの塗装をもっときれいに長く維持させたいというご希望に添って、屋根はフッ素のサーモアイ、外壁は高弾性のエラストコートを使用しました。目地の補修には30年相当耐久と言われるオートンイクシードを使用し、防水機能としても安全な外装に仕上げました。
【Before】
【After】
はじめての外壁塗装、外壁リフォーム

【施工内容】 外壁塗装 屋根塗装
【使用した塗料】日本ペイント サーモアイ4F:クールディープグレー ブライトン エラストコート:KM5750-3

工事の流れ

 

【点検の様子】

屋根外壁塗装 屋根外壁

佐倉市の2階建て、2段長さ違いのスレート屋根、サイディング外壁の住宅です。幕板等もなく1色でスタイリッシュに仕上がっている住宅ですね。特殊な形状の屋根ですので、外壁に陰影が出来、奥行きが長い印象を持ちます。

屋根塗装 外壁塗装

早速無料点検を行います。点検では補修箇所はもちろん、お客様が気づかないような細かな場所も確認していきます。たとえば塗装だけで充分とお客様が思っていても雨樋が撓んでいたり、詰まっているといずれ破損に繋がってしまいますので、補修をしておいた方が良いと判断するケースもあります。その場合は雨樋の塗装が必要なくなりますので、見積もりの作成方法も変わります。

 

外壁は経年劣化か、白く色褪せてしまっているのではないでしょうか?表面の塗膜は雨の日も夏の暑い日差しの日でも構わずダメージを受け続けています。紫外線により劣化した塗膜が雨によって流れれば色褪せ・退色し、苔の発生や汚れの付着を起こします。

チョーキング 目地塗装

このように外壁に触って白い粉が手や服に付く場合、チョーキング現象が起こっています。塗膜が劣化したサインなのですが、摩耗し塗膜としての役割が果たせない状態です。お客様自身でもお気軽に点検出来る方法ですので、チョーキング現象が起きている場合は早急に塗装メンテナンスを行いましょう。

塗膜の劣化は外壁材の劣化を引き起こします。また:、サイディング外壁の場合は外壁材の継ぎ目に目地と呼ばれる隙間があります。シーリング材を充填して隙間を塞いでいますが、経年劣化で肉痩せや亀裂が入ることがあります。通常のシーリングはおよそ5年でひび割れを起こし、雨水を侵入させる状態に進行していきますので、合わせて補修を行いましょう。

モルタルの場合は継ぎ目の目地はありませんが、クラックが発生します。同じように補修が必要な箇所になりますので、一概にどちらの外壁材が良いという事もありません。定期的に手をかけてあげることによって綺麗な状態がキープできるのです。

外壁 外壁

特に破損もない住宅ですので、補修にはそれほど費用をかける必要はなさそうですね。塗装の際には軒天(屋根の裏)や雨樋も塗装し、綺麗にしていきます。軒天は普段見ることが少ないとは思いますが、住宅を囲うような形で取り付けられている事が多く、住宅を大きく、明るく見せている所でもあります。湿気や風に雄よって汚れが付いて黒ずんでいる住宅も多くありますので、この際、綺麗に蘇らせましょう。

住んでいるうちに住宅は日々変化をしていきます。エアコンの場所が変わった、や給湯器を買い換えました、など、新築時から少しずつ変更を重ねて来たのではないでしょうか?塗装をすることで、塗り残しや補修も兼ねて全て綺麗になりますね!

スレート スレート

屋根の点検に入りましょう。スレート屋根はおよそ10年サイクルを目処に塗装をし、30年程度で寿命を迎えます。メンテナンスを怠ることで、15~20年程度でカバー工法もしくは屋根葺き替え工事を余儀なくされる場合があります。屋根は住宅を雨水から守る大きな仕事をしています。普段は見えない場所だとは思いますが、そろそろかな?と思った時には点検・必要な補修工事を行っていきましょう!

N様邸は苔も発生していなくとても良好な状態です。密集住宅ですと、隣の住宅の状況によっては陽当たりが悪く、北面に関わらず苔やカビが発生してしまいます。苔は水分を滞留させ繁殖し、屋根材の浮きや反りの原因にもなります。屋根が赤くなってきたな、汚くなったなと感じた場合には洗浄や塗装メンテナンスをしていきましょう。

ベランダ ベランダ

未塗装部分ももちろん見ていきます。デッキ材は防水層とは違い水捌けが良いのですが、このようにかみ合わせが悪いとガタガタしてしまいます。生活の上で事故が起きたら大変ですので、こまめに見て都度直していきましょう。

縁側 木目床

サッシと隣り合わせのフローリングは色褪せと表面の剥がれが見えます。家具を移動してでも傷はついてしまいますので仕方がないのですが、こちらは雨が吹き込んだような印象もあります。窓を開けっぱなしで雨水が吹き込むような事が続くと色も変色し、床材が傷みやすくなってしまいます。フカフカしているようでしたら、腐食の為に張り替えが必要ですが、今の所は問題ありません。ささくれには十分注意しましょう。

 

屋根外壁共に補修が不必要な綺麗な状態です。予定通り塗装工事で表面保護とイメージチェンジを行っていきます。弊社ではカラーシミュレーションを承っております。どのような色にどのような塗り分けにしたいか等、お客様のご希望を聞かせてください。

 

【カラーシミュレーション】

カラーシミュレーション,A-963 カラーシミュレーション,KM4875-3

まずはイエロー系ですね。縦のラインに合わせて塗り分けも出来ますが、ごちゃごちゃするのはちょっと…という事で1色塗りです。屋根はグレー系、付帯部は白系で統一しています。

続いてはグレー系です。落ち着いた印象のモノトーン系は近年の住宅に多く見られますね。薄い色ではそれ程聞きませんが、濃い色の場合色褪せが目立ちやすく、色落ちも早いと感じる事がありますので先にご説明させて頂きます。

色選びの際には塗料の選択も重要になります。ブライトンのエラストコートは淡色が特異な為、黒に近い色や紺系の濃色が作れません。その為、もともと濃い色をご希望の場合はエラストコートではない塗料を使用することになりますのでご了承ください。

屋根塗料にも12色の中で、と言った事があるかと思いますが、サーモアイは全40色ございます。どのような外壁にし、屋根にするかをイメージしている方はお気軽にお申し付けください。

 

【施工の様子】
高圧洗浄 足場

近隣の方へご挨拶に伺い工事を開始します。まずは足場仮設工事を行い塗装工事が出来るように準備をします。塗装前に行う高圧洗浄は表面に付着した汚れをしっかり落とす為のものですので、塗装では必ず必要です。洗浄は必要ありませんと言われた場合は一度業者の変更を検討する事も必要です。また、洗浄時には大量の水を使い汚れを洗い流します。近隣住宅が近い場合は、メッシュシートを取付け、飛散防止対策を致します。
高圧洗浄 高圧洗浄

スレート屋根の洗浄前にあらかじめヒビを確認し、作業中に割らないように注意します。高圧洗浄は棟から軒に向かって洗い流し、汚れを落としていきます。しっかり付着物を落とすことで、塗料と下地の密着性が高まり剥がれにくい塗装が出来ます。
タスペーサー タスペーサー

薄いスレート屋根材は塗料によって屋根材同士が密着してしまいます。隙間を塞いでしまうと、内部に入り込んだ雨水の抜け道が無くなり、毛細管現象で雨漏りを起こします。その為、必ず屋根材間に隙間を作るように縁切り作業を行います。昔はヘラやカッターで塗装後の屋根材間を切っていたようですが、それだと塗装後の屋根に足跡が残る、小口が汚くなる、再度密着する恐れがあるという問題があり、それを一挙に解決するためにタスペーサーを差し込んでいきます。

タスペーサーは意図的に屋根材間に隙間を設け、工事終了後に外す必要もない為1回の作業で充分です。屋根材1枚に対して1枚のシングル工法と、2枚のダブル工法がありますが、より確実に隙間を開ける為に弊社ではダブル工法を採用しています。
サーモアイ4F 屋根塗装下塗り

タスペーサー設置後、下塗りから仕上げまで計3回塗りを行います。使用する塗料は遮熱塗料サーモアイ4F(フッ素)です。下塗りと仕上げ材どちらにも遮熱効果が入っている為、2階の部屋が暑いと仰っていたお客様より、快適になったと嬉しい感想も頂いております。フッ素はシリコン系よりもグレードが上がり、耐用年数は15年以上とも言われます。ガラスのような仕上がりは汚れも付きにくく、表面が汚れて効果が落ちてしまう遮熱塗料には嬉しい事だらけですね。
屋根塗装下塗り 棟板金シーリング

下塗り後の状況です。一度ここで、下地の調整を行います。棟板金は継ぎ目から雨水が入ると内部の貫板が腐食してしまいます。その為、継ぎ目にシーリング施工をして雨水の侵入を防ぎます。下がり棟は差棟です。1枚1枚が単独になっている為、飛散することが無く頑丈な棟と言われています。

サーモアイ4F サーモアイ4f

サーモアイ クールディープグレーを2回重ね塗りし、屋根塗装は完了です。細かな部分に関してはハケで修正し綺麗に仕上げていきます。

下屋塗装

下屋も同じようにサーモアイ4Fで仕上げました。屋根が下から見える住宅は屋根が綺麗になるだけで全く印象が変わります。赤っぽく変色してしまった住宅、塗膜が劣化しすっかり元の色が無くなってしまった屋根の住宅は一度表面保護をご検討ください。

目地撤去 オート化学工業,オートンイクシード

外壁塗装工事に移ります。目地の打替えは塗装の後の場合もありますが、先に施工する事によって目地の色違いが無くなります。使用するのは30年耐久と言われるオート化学工業のオートンイクシードです。高耐候・高耐久によって、通常5年程でヒビが発生するシーリングに比べ長期的に綺麗な目地が維持できるオートンイクシードです。

目地の打替はまず既存のシーリングをカッターで取っていきます。この際に外壁材に付着している少しのものでもしっかりと落とすことで、オートンイクシードの密着性が良くなり、絶大な効果を発揮します。

目地打設 目地打設

プライマーを塗った後にシーリングの充填、打設を行い、マスキングテープを剥がし、打替えは完了です。シーリングは硬化するまでに時間がかかりますので、すぐの塗装は不可能です。他の作業に移ります。

軒天塗装 軒天塗装

軒天は明るい色での塗り替えをお勧め致します。住宅全体を覆う軒天は、暗い色を使用することで重厚感のある家になりますが、重い印象になりがちです。その為明るめの色を使用し、濃色の外壁に仕上げたとしてもフレッシュな印象を保ちましょう。

ワイドシーラー ワイドシーラー

外壁の下地にはワイドシーラー ホワイトです。既存の色が濃い目な為、一度白を乗せ、新たな塗料の色が綺麗に出るように一度下地を整えます。エラストコートはシーラーレス(下塗り不要)の塗料ですが、密着性を高めるためにも、下地の透けを防ぐためにも下塗りの有無は判断させて頂きます。

エラストコート 中塗り

続いて中塗り・上塗りです。KM5750-3で塗っていきます。この末尾3番の塗料はエラストコートで出せる色の中で一番濃い色になります。これ以上濃い色に仕上げたいとなると、塗料自体を変更する必要がありますのでご相談ください。エラストコートは艶無しの塗料で風合いを変える事なく塗り替えをすることが可能です。高弾性塗料ですが、通気性に優れている為、塗料の膨れが起きません。また、撥水効果がある為、手軽に水洗いをして綺麗を維持することが出来ます。

上塗り 塗装確認

モルタルの場合、白華現象も抑えることが出来ますので、これ以上綺麗にならないかも…とお悩みの方も是非一度ご相談ください。細かいクラックは下地処理の必要もなく、エラストコートで埋められますのでトータルコストも抑えることが出来ます。360%弾性性能を持っている為、塗膜の割れ等は発生せずに外壁材を長期間守ってくれます。

ハイポンデクロ ホワイト,錆止め

付帯部塗装です。鉄部には先にペーパー掛けで目粗しをしてから錆止め塗料を塗り、錆の発生と錆の進行を抑えます。昔は赤茶系の塗料=錆止めだったと思いますが、今では錆止め塗料の色も豊富にあります。表面塗膜によって雨水からのダメージは防ぐことが出来ますが、すでに発生した錆を抑える効果はありません。内部から錆が侵蝕しかねませんので、早い段階で補修をしていきましょう。

ファインパーフェクトトップ 雨樋塗装

錆止め後は通常通り仕上げ2回塗りで完了です。雨樋・雨戸はファインパーフェクトトップのN-90で塗っていきます。雨樋は塩ビでツルツルした表面に塗ってもぺリぺリ剥がれる心配があります。その為、下地はきちんとペーパー掛けをして傷を付けて塗膜との密着する表面積を広げます。そうすることで塗膜がくっつき剥がれにくくなります。

ケレン 吹付

雨戸もペーパーで表面を掃除&目粗ししてからの塗装です。表面がデコボコしていますので、ハケ塗りよりもスプレーガンで満遍なく塗装していきます。これで全体的な塗装工事は完了となります。

タッチアップ タッチアップ

最後にタッチアップでムラや塗り残しのチェックをし、細かな作業を終えたら足場を解体し工事は完了です。塗れない笠木等は全て白でした。雨戸や雨樋を白系に統一させることによって住宅全体が2色にまとまりました。

住宅に使用できる色は最高で3色とも言われます。それ以上使うとごちゃごちゃしてまとまりのない印象を与えてしまいます。また1色ですとまさにシンプルに簡素なイメージになります。トーンを決めて2色にまとめることで最も爽やかに整った住宅の完成です。

 

 

 

 

外壁塗装について

メールでのお問い合わせはこちら!

メールでのお問い合わせはこちら!
ナノコンポジットW
  • 塗り替え診断
  • 外壁塗装Q&A
  • 現場ブログ
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の彩りコラム
  • 外壁塗装の動画一覧
目指せ!新設No.1
求人情報

塗料の種類と特徴

傷付き、肉痩せしたスレートをよみがえらせます

ページの先頭へ戻る